木下公定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「木下㒶定」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
 
木下㒶定
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 承応2年6月7日1653年7月1日
死没 享保15年12月24日1731年1月31日
改名 熊之助、㒶定
戒名 敬文院殿観翁慧定大居士
墓所 京都市東山区高台寺圓徳院
岡山市北区足守の大光寺
官位 従五位下肥後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉家宣家継吉宗
備中足守藩
氏族 木下氏
父母 木下利貞金森重頼
兄弟 㒶定藤栄利安平野長政継室、
遠山友貞継室ら
木下俊長
㒶福利潔浅野長恒正室
テンプレートを表示

木下 㒶定[1](きのした きんさだ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名備中国足守藩5代藩主。官位従五位下肥後守。足守藩木下家6代。

略歴[編集]

4代藩主・木下利貞の長男として誕生。幼名は熊之助。

延宝7年(1679年)8月14日、父の死去により跡を継ぐ。元禄14年(1701年)3月、赤穂事件で有名な浅野長矩改易の際、龍野藩脇坂安照と共に赤穂城の受け取り役を務めた。宝永5年(1708年)5月には仙洞御所と中宮御所の普請で功を挙げた。

藩政においては「桑華蒙求」を著して家臣教育に務めると共に、果樹栽培を奨励し、領民を豊かにしたと言われている。また、祖父の利当が開いた淡路流槍術の達人でもあった。

初め、弟の利安を養嫡子とするが、不行状を理由に廃嫡した。代わって同族の豊後国日出藩木下家から木下㒶福(㒶定正室の兄弟)を養子に迎えたが先立たれた。享保14年(1729年)5月2日、最終的に弟の藤栄(内記)の子の利潔に家督を譲って隠居し、享保15年(1730年)12月24日に78歳で死去した。

法号は敬文院殿観翁慧定大居士。墓所は京都市東山区高台寺圓徳院岡山市北区足守の大光寺。

系譜[編集]

補注[編集]

  1. ^ 「㒶」は「八」の下に「白」。一般には「公」が代用されることが多い。