日出藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日出城跡(本丸石垣)

日出藩(ひじはん)は、豊後国速見郡に存在した。拠点は速見郡日出。居城は日出城。藩主は木下氏であった。

藩歴[編集]

藩祖は豊臣秀吉の正室・高台院(於禰)の兄・木下家定の三男である木下延俊である。延俊は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いのとき、東軍で終始活躍した功績により戦後、徳川家康から5千石加増の豊後国速見郡日出3万石に封じられた。なお、父の家定も延俊とは別に所領を与えられ、備中国賀陽郡足守賀陽郡上房郡2万5千石)に足守藩を立てている。

延俊の子で、第2代藩主となった木下俊治の時代、弟の木下延由に5000石(速見郡立石)の所領を分与したため、日出藩の所領は2万5000石となる。江戸時代を通じて移封も減封もされることなく、16代にわたって木下氏は日出を支配し、明治時代を迎えた。

明治4年(1871年)、廃藩置県により日出県となり、のち、大分県に編入された。

歴代藩主[編集]

木下氏(杉原氏流木下氏、のち豊臣氏流)

Kinoshita Omodaka (No background and Black color drawing).svg 外様 3万石(速見郡) 1600年(慶長5年)入封(1642年〈寛永19年〉以降、2万5000石)

  1. 延俊
  2. 俊治
  3. 俊長
  4. 俊量
  5. 俊在
  6. 俊保
  7. 俊監
  8. 俊能
  9. 俊泰
  10. 俊胤
  11. 俊懋
  12. 俊良
  13. 俊敦
  14. 俊方
  15. 俊程
  16. 俊愿

幕末の領地[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 城下町日出 - 日出町観光情報サイト「ひじウォッチ!」
先代:
豊後国
行政区の変遷
1600年 - 1871年
(日出藩→日出県)
次代:
大分県