木下延由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
木下延由
時代 江戸時代前期
生誕 慶長19年11月9日1614年11月29日)?
死没 万治元年7月6日1658年7月25日
別名 八蔵、縫殿助(通称)、延次、豊臣国松(国松丸、秀勝)?
戒名 江岸殿月渕良照居士
墓所 泉岳寺
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家光家綱
豊後立石領
氏族 木下氏
父母 木下延俊、恵照院
兄弟 俊治松平忠重正室、木下利当正室、
延由吉田元智室、堀吉庵室、俊之
俊重
先室:大久保忠常養女
後室:小浜嘉隆
延知江坂延明
特記
事項
豊臣国松と同一人物であるという異説あり。この場合、実父は豊臣秀頼、実母は秀頼の側室である渡辺五兵衛の娘・伊茶となる。生年についても、国松と同一人物という説では慶長13年(1608年)となる。また、慶長15年(1610年)生まれとの説もある。
テンプレートを表示

木下 延由(きのした のぶよし)は、江戸時代前期の旗本交代寄合通称は八蔵、縫殿助。江戸幕府にはなぜか延次と届けられている。


略歴[編集]

日出藩初代藩主木下延俊の四男として誕生した。実母は恵照院(賀井の方)。異母兄に日出藩2代藩主木下俊治。同母弟に木下俊之

寛永19年(1642年)5月9日、父の遺領のうち速見郡立石5000石を分知された(実際に許可されたのは寛文4年(1664年))。また、この分封により兄との兄弟仲は悪くなり、本藩と立石領は藩士も含め一切交流をしなかった[1]

徳川家光に拝謁し旗本交代寄合となり、正保3年(1646年)に初めて領地に入った。

万治元年(1658年)、参勤交代の途中、45歳(異説あり。後述)で急逝した。法名、江岸殿月渕良照居士。泉岳寺に葬られる。家は子の延知が継いだ。

延由の謎[編集]

延由の正体は豊臣国松だった、とする説がある。

木下家18代にあたる木下俊𠘑は同家に伝わる一子相伝の口伝をもとに、昭和43年に豊臣家九州逃亡譚を集めた『秀頼は薩摩で生きていた』を刊行した。相伝によれば、国松は四国経由で薩摩国に逃亡し伊集院兼貞に匿われたが、徳川の治世が確固となった後は、噂の漏洩を恐れて親族の日出藩に身を寄せた。高台院の甥である初代藩主延俊は、国松を二代弟として迎え入れた、とされる[2]。延俊は寛永19年(1642年)1月に、縫殿助を延由と改名させ1万石を分知せよと遺言したが、家老の長澤市之亟は承諾せず分知は5千石とされた[2]。伝承に拠れば、後に延由の正体を知った市之亟は「亡き主君の意志を理解し得ず君命に背いてしまった」と遺言し、延宝元年(1673年)に切腹したという。

また前述の通り、幕府にはなぜか延由の名前が延次と届けられている。日出藩側が意図的に違う名前で申告していた。

立石郷の木下家菩提寺である長流寺には、延由のものとされる位牌が納められている。位牌には菱に十文字の家紋が印され、俗名には「木下縫殿助豊臣延由」とある。豊臣姓を名乗ることは本藩木下家にも許されていなかった[2][3]。幕府も隠密の調べによって、延由が実は国松であると知っていながら、わざと素知らぬ振りをしていたのではないか、とも言われている。

立石領5千石を受け継いだ延由は、他の兄弟たちからは疎遠にされたとの話を伝わっている。

正史によれば、延由に対して国松は6歳ほど年長であるはずである[2]。『寛政重修諸家譜』によると、延由は実際の年齢と異なり、なぜか4歳年上に記載されている。この場合は慶長15年(1610年)生まれで、享年49。国松と同一人物であれば、慶長13年(1608年)生まれとなり、享年51。

国松説が事実である場合、記録上1923年まで存続が確認できる延由の家系(立石領の家系。他家からの養子も複数含んでいる)は、日出藩木下氏(元は杉原氏)と直接の血縁は無いことになる。国松の父・豊臣秀頼は、祖父・豊臣秀吉とその正室で延俊のおば(木下家定の姉妹)高台院の子では無く、秀吉とその側室・淀殿(茶々)の子であり、日出藩木下氏とは血が繋がらない為である。

これらの謎・俗説の真偽については現在のところ史料上確定・解明されたとは言い難い。もし延由が豊臣本家の出自であるなら、大幅な分知1万石も延俊の気持ちを考慮すれば当然とも考えられる上、家老の自害も説明がつく。

系譜[編集]

  • 父:木下延俊(1577-1642)
  • (※延由=国松とした場合)父:豊臣秀頼(1593-1615)
  • 母:恵照院 - 賀井の方
  • (※延由=国松とした場合)母:渡辺五兵衛の娘・伊茶
  • 正室:大久保忠常養女(?-1652) - 里見忠義の娘
  • 継室:小浜嘉隆
  • 生母不明の子女
    • 男子:木下延知(新太郎、内匠)-立石領主を継承。記録では家系は1923年まで存続が確認できる。妻は坂部広利の娘
    • 男子:江坂延明(宗四郎、紀四郎)-内藤紀伊守家臣・江坂正由の養子。
    • 女子
    • 女子

子孫[編集]

息子・延知以降、血統上では雲孫の子である俊清の代(この代で明治維新を迎える)まで、家統上では1923年、俊清の養子の娘・ちか姫の代まで存続している。

脚注[編集]

  1. ^ 数代後に姻戚関係となる。
  2. ^ a b c d 高橋敏『大阪落城異聞:正史と稗史の間から』 岩波書店 2016年 ISBN 978-4-00-061092-6 pp.51-55,71-74,93.
  3. ^ しかし、『寛政重修諸家譜』には、本藩木下家や同族の足守藩木下家も「豊臣氏」として記載されており、幕府が豊臣姓を禁じたとするのはこうした歴史的事実と矛盾する。
  4. ^ 小浜景隆子孫
  5. ^ 坪内利定子孫
  6. ^ 前田玄以子孫。
  7. ^ 1815年 - 1865年。1858年安政5年)、44歳の時日米修好通商条約締結の勅許打診を巡って発生した、公家による抗議行動事件である廷臣八十八卿列参事件に関与した