大垣新田藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大垣新田藩(おおがきしんでんはん)は、美濃国三河国両国に所領を持つ大垣藩の支藩で、別名は畑村藩。藩庁は三河国渥美郡畑村(現在の愛知県田原市福江町)にあったが、明治2年(1869年)に美濃国大野郡野村に移された。

藩史[編集]

藩は戸田氏鉄の次男・戸田氏経が旗本として取り立てられたことに始まる。氏経は当初三河国渥美郡内に1,500石を領していたが、次いで同国額田郡内で700石を加増され、明暦元年(1655年)、兄の戸田氏信から美濃国大野郡内の新田4,000石を加増されて6,200石の知行を得た。その後、戸田氏利が後を継ぎ、元禄元年(1688年)7月、氏利の後を継いだ戸田氏成のとき、兄の戸田氏定から美濃国内の新田3,000石を分与され、さらに養父の氏利の所領と渥美郡内の新田分を合わせて1万石となったため、ここに大垣新田藩は立藩し、居所を三河国渥美郡畑村に置いた。藩領は三河国内に3,000石、美濃国内に7,000石あった(のちに三河国内に6,000石、美濃国内に4,000石)。その後氏成は、元禄14年(1701年)に有名な浅野長矩の事件に連座して、出仕を止められている。

氏成の後を継いだ戸田氏房は大番頭・奏者番・西丸若年寄を歴任し、戸田氏之(大番頭)、戸田氏養と代が続いた。明治2年(1869年)、最後の藩主・戸田氏良版籍奉還した後の同年5月、藩庁を美濃国大野郡野村に移したため、ここに大垣新田藩は野村藩と改名した。近くの民家に総門と役所門がそれぞれ移築されている。

歴代藩主[編集]

戸田家[編集]

1万石 譜代

  1. 戸田氏成(うじしげ) 従五位下 淡路守
  2. 戸田氏房(うじふさ) 従五位下 淡路守
  3. 戸田氏之(うじゆき) 従五位下 淡路守
  4. 戸田氏養(うじきよ) 従五位下 淡路守
  5. 戸田氏興(うじおき) 従五位下 左近将監
  6. 戸田氏宥(うじのり) 従五位下 淡路守
  7. 戸田氏綏(うじやす) 従五位下 淡路守
  8. 戸田氏良(うじよし) 従五位下 淡路守

幕末の領地[編集]

野村藩#幕末の領地を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
美濃国
行政区の変遷
1688年 - 1869年
次代:
野村藩