成羽藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
成羽陣屋跡

成羽藩(なりわはん)は、備中国成羽郷(現在の岡山県高梁市成羽町)周辺を領有した。江戸時代の大半は交代寄合旗本)領であった。藩庁は成羽城(後期は成羽陣屋と呼ばれる)に置かれた。

藩史[編集]

元和3年(1617年因幡若桜藩より山崎家治が3万石で成羽城に入り立藩。寛永15年(1638年)家治は肥後富岡藩に1万石加増の上、転封となった。

代わって寛永16年(1639年)常陸下館藩より水谷勝隆が5万石で入部。寛永19年(1642年)勝隆は備中松山藩に移り、成羽藩は廃藩となった。

万治元年(1658年)初代藩主・山崎家治の次男で分家の山崎豊治交代寄合として5000石で入部し、明治4年(1871年)の廃藩置県までこの地を治めた。幕末慶応4年(1868年)、義厚(大名となり治正と改名)の代に1万2746石に高直しがあり諸侯に列して立藩した。

廃藩置県で成羽県となり、後、深津県小田県を経て岡山県に編入された。山崎家は明治17年(1884年)の華族令男爵に叙されている。

歴代藩主[編集]

山崎家[編集]

外様 3万石 (1617年 - 1638年)

  1. 家治

水谷家[編集]

外様 5万石 (1639年 - 1642年)

  1. 勝隆

交代寄合時代[編集]

山崎家 5千石 (1658年 - 1868年)

  1. 豊治
  2. 義方
  3. 尭治
  4. 信盛
  5. 義俊
  6. 義苗
  7. 義徳
  8. 義高
  9. 義柄
  10. 義厚(治正)

山崎家[編集]

外様 1万2千石 (1868年 - 1871年)

  1. 治正
  2. 治祇
  3. 治敏

幕末の領地[編集]

参考文献[編集]

先代:
備中国
行政区の変遷
1868年 - 1871年 (成羽藩→成羽県)
次代:
深津県