小島藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陣屋跡石垣

小島藩(おじまはん)は、駿河国庵原郡有渡郡安倍郡に所領があった[1]。石高1万石の小藩で、元禄年間の立藩から幕末まで滝脇松平家が11代にわたって治めた。藩庁は庵原郡小島村(現在の静岡県静岡市清水区小島本町)の小島陣屋

第2代藩主によって小島陣屋が築かれる以前は、阿部入(安倍谷、あべのや)藩とも称される[2][注釈 1]

藩史[編集]

立藩以前[編集]

小島藩主家の祖は、徳川家康に仕えて大坂の陣で戦死した松平正勝である。正勝は滝脇松平家始祖・松平乗清の子孫とされているが系譜関係について不明瞭な点があるとされ、『寛政重修諸家譜』では他1家(正勝の兄弟の家)とともに考証を付して判断を保留している[3](このため「松平 滝脇」の見出しの下には置かれていない。なお、武鑑の中には「世良田松平氏」と扱うものがある)。

正勝には男子がなく、台命によって松平家信形原松平家)の次男松平重信が正勝の娘の婿となり、家を継いだ。重信は駿府城代などを務め、駿河国庵原・有渡・安倍3郡の内で5000石の知行を得た[4]。当時の領地は安倍郡9か村・庵原郡2か村・有渡郡1か村と、駿府近郊の安倍郡が大部分であり、小島村を含む興津川流域の土地は含まれなかった[5]

重信の養子・松平信孝のぶなり篠山藩松平典信の庶長子。重信の大甥にあたる)は、徳川綱吉に側近として仕え、天和2年(1682年)に1000石(上野国勢多山田郡の内)を加増された[6]

立藩以後[編集]

元禄2年(1689年)5月11日、松平信孝が若年寄に昇進した際、知行も4000石(武蔵国埼玉、上野国邑楽・勢多・山田4郡のうち[6])を加増されて1万石となり、大名に取り立てられた[2][6]。しかし、信孝は藩主となった翌年の元禄3年(1690年)に36歳で没した[6]

母方で信孝の甥にあたる松平信治末期養子となって家を継ぎ[6]、2代藩主となった。元禄11年(1698年)に武蔵・上野にあった所領が駿河3郡内に移されてまとめられ[6]、翌元禄12年(1699年)に領知朱印状が与えられた[6]。宝永元年(1704年)に小島陣屋を築き[6]、同年はじめて領国入り(参勤交代)した[6]

財政は初期より厳しかった。第4代藩主・松平昌信の時代、年貢増徴、賦役強化とともに支出の削減を中心とした藩政改革が行われた。寛延3年(1750年)から宝暦4年(1754年)にかけて、年貢の先取りといった名目で領民から借金を行い、「御在所御借金」は利息を含め7000両以上にのぼった[7]明和2年(1765年)6月、年貢増徴に反対する惣百姓一揆が発生して年貢軽減要求を認めざるを得なくなり、改革の試みは失敗した。

第5代藩主・松平信義の時代に年寄の倉橋格は、恋川春町の名で黄表紙の執筆に当たったことで知られている。

第7代藩主・松平信友は「君臣百姓和同一致」という直印書を発行し、領民に財政窮乏化からの年貢増徴のやむなきを説明している。第9代藩主・松平信進は領内産物の紙の専売制を実施して、ある程度の財政改革成功を収めた。

幕末は、最後の藩主・松平信敏慶応3年(1867年)に新政府側に与する。慶応4年/明治元年(1868年)後、徳川宗家が駿河・遠江など70万石の領主(駿府藩)として認められると、上総国に替地を与えられて移封され、はじめ金ヶ崎藩、次いで陣屋を移して桜井藩を称した(桜井藩参照)。

歴代藩主[編集]

「丸に桔梗」紋。『寛政譜』では、小島藩主家は家紋を「丸に桔梗」「九曜」「蔦葉」としている[8]静岡市立清水小島小学校の校章は桔梗をかたどっている[9]
松平(滝脇)家

1万石。譜代

  1. 松平信孝
  2. 松平信治
  3. 松平信嵩
  4. 松平昌信
  5. 松平信義
  6. 松平信圭
  7. 松平信友
  8. 松平信賢
  9. 松平信進
  10. 松平信書
  11. 松平信敏

小島陣屋跡[編集]

文化財資料館

陣屋は宝永元年(1704年)に2代藩主の信治により築城され、廃藩されるまでの藩政の中心地であった。移封後に駿府藩に引き渡され、駿府藩(静岡藩)主小島役所、私塾包蒙舎教場、小学校校舎として利用されたが、昭和3年(1928年)に建物は解体され、土地は民間に払い下げられた。一般の陣屋と異なり、表門が枡形の構えであり、城郭を思わせる石垣や建物遺構等が良好に残されていることから、平成18年(2006年)に国の史跡に指定される。

解体時に御殿の書院は地元に払い下げられ、国道52号沿いの現在の場所に移築された。小島町公会堂として利用され、現在は文化財資料館になっている。

江戸藩邸[編集]

上屋敷は7代の信孝が旗本だった頃(天和3年(1683年))の武鑑によれば「飯田町の上」であったが、その後、元禄4年(1691年)の松會版武鑑では「大名かうし」、元禄8年(1695年)の松會版本朝武系当鑑では「ときははし内」、宝永2年(1705年)版では「すきやはし内」とあり、転々としていたことが確認できる。宝永7年(1710年)版武鑑では「小石川」となっており、以降は小石川で定着する。また、享保3年(1718年)の須原屋版武鑑では「小石川」となっていた表記が享保17年(1732年)の武鑑では「小石川富坂」と表記されるようになり、以降は「小石川富坂」に固定される。

下屋敷は元禄8年版には表記がないが、宝永2年版に「高田ばば」とあり、後に「本所四つ目」や「目白だい」に移転している。

中屋敷は当初は所有していなかったが、幕末に「本所南わり下水に1屋敷所有」と記載されている。

江戸での菩提寺[編集]

江戸で藩主や家臣が死去した際に埋葬される菩提寺は、文政年間の須原屋版武鑑では2箇所記載され、浄土宗西福寺浅草)と英信寺下谷坂本)とされる。ただし、江戸時代中期の戯作者、浮世絵師として「恋川春町[10]」の名で著名であり、滝脇松平家小島藩の年寄本役(家老)を務めた倉橋格の親子が内藤新宿浄土宗成覚寺に埋葬されているので、少なくとも家臣については厳密に定められていたわけではなかったことが確認できる[11]

幕末の領地[編集]

所領は、小島村を含む興津川流域の「山方」、駿府周辺の「府辺」、安倍川河口部の「浜方」に大きく三分されていた。天保3年(1832年)時点では30か村で、幕末期まで知行地は変わらなかった[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、松會版や山泉堂、須原屋版の武鑑での在所(陣屋所在地)の記載は、立藩以降から少なくとも享保3年(1718年)までは「駿州阿部入」であったが、享保17年(1732年)の武鑑で「駿州小島」となり、以降は「駿州小島」「駿州庵原郡小島」といった表記で定着する。

出典[編集]

  1. ^ 二木謙一監修・工藤寛正編「国別 藩と城下町の事典」(東京堂出版、2004年9月20日発行)320ページ
  2. ^ a b 小島藩”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2021年1月28日閲覧。
  3. ^ 『寛政重修諸家譜』巻二十。国民文庫版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.105
  4. ^ 『寛政重修諸家譜』巻二十。国民文庫版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.109
  5. ^ 小島藩② 滝脇松平家”. ききょうの丘. 静岡市立清水小島小学校 (2013年8月6日). 2021年1月31日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 『寛政重修諸家譜』巻二十。国民文庫版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.110
  7. ^ a b 「小島藩(近世)」『角川地名大辞典(旧地名)』静岡県(JLogos)
  8. ^ 『寛政重修諸家譜』巻二十、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.111
  9. ^ 小島藩⑫ 家紋”. ききょうの丘. 静岡市立清水小島小学校 (2013年8月16日). 2021年1月31日閲覧。
  10. ^ 筆名を藩邸所在地の小石川春日町から命名。
  11. ^ 恋川春町は幕府から目を付けられており、死因にも自刃説がある、ということにも留意する必要がある。

参考文献[編集]

  • 二木謙一監修・工藤寛正編『国別 藩と城下町の事典』(東京堂出版、2004年)
  • 橋本博『大武鑑・中巻』(名著刊行会)
  • 石井良助監修『編年江戸武鑑・文政武鑑5』(柏書房
  • 『寛政重修諸家譜』巻第二十

外部リンク[編集]

先代:
駿河国
行政区の変遷
1689年 - 1868年
次代:
府中藩
(藩としては桜井藩