形原松平家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
形原松平家
家紋
丸に利の字[1]
丸に八つ丁子
本姓 称・清和源氏
家祖 松平与副[1]
種別 武家
華族子爵
出身地 三河国宝飯郡形原[1]
主な根拠地 三河国宝飯郡形原
東京府
著名な人物 松平家信
松平信義
凡例 / Category:日本の氏族

形原松平家(かたのはらまつだいらけ[2] )は、松平信光の四男・与副(与嗣とも[3])を祖とする松平氏庶流[1]三河国宝飯郡形原(現・愛知県蒲郡市形原町)を領したことから形原松平家と称した。



動向[編集]

4代・松平家広の頃より宗家徳川家康に従い、5代・松平家忠長篠の戦いで武功を上げ、6代・家信小牧・長久手の戦い小田原征伐で武功を上げた。

江戸時代[編集]

元和4年(1618年)、家信に故地である三河国形原藩1万石が与えられ、大名となる。その後、家信は翌年の摂津国高槻藩2万石への移封を経て、寛永12年(1635年)に下総国佐倉藩4万石へ移封された。

寛永17年(1640年)、7代・松平康信は高槻に3万6千石で再封され、慶安2年(1649年)に丹波国篠山藩5万石へ移封された。しかし、11代・松平信岑享保の大飢饉の最中に重税を課したことにより、寛延元年(1748年)に丹波亀山藩5万1千石に移封され、そのまま幕末まで存続した。

明治以降[編集]

明治17年(1884年)、18代・松平信正子爵を授爵し[4]華族に列した。

系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 太田 1934, p. 1520.
  2. ^ 形原松平家についてご存じですか? (日本語)篠山市
  3. ^ 『新訂寛政重修諸家譜』第1巻
  4. ^ 太田 1934, p. 1521.

参考文献[編集]