多度津藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多度津藩(たどつはん)は丸亀藩支藩である。多度津周辺(香川県仲多度郡多度津町)で1万石を領し、多度津に陣屋を構えた(前半は丸亀城内に居館を置いた)。

藩史[編集]

丸亀藩3代藩主の高或が3歳で藩主となったため、庶兄である高通を後見人として幕府に分封を願い出た。1694年元禄7年)1万石の分封が認められ、多度津藩が成立した。後見人とはいえ高通自身も4歳での封襲であったため、陣屋は構えず、丸亀城内に居館を置いた。高通は1711年正徳元年)になって実質的に多度津藩主として政務を執った。その後、3代高文まで丸亀城内に居住した。

4代高賢1827年文政10年)3月、幕府に陣屋の建設を願い出て認められ、その年11月に陣屋を構えた。

1871年明治4年)廃藩置県により倉敷県となる。その後、名東県を経て香川県に編入された。

歴代多度津藩主[編集]

京極家

外様 1万石

  1. 高通
  2. 高慶
  3. 高文
  4. 高賢
  5. 高琢
  6. 高典
先代:
讃岐国
行政区の変遷
1694年 - 1871年 (多度津藩)
次代:
倉敷県