菊間藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

菊間藩(きくまはん)は、明治維新期の短期間、上総国に存在した1868年駿河沼津藩の水野家が移封され、1871年廃藩置県まで存続した。石高は5万石で、越後国や三河国にも領地があった。藩庁は上総国市原郡菊間村(現在の千葉県市原市菊間)の菊間陣屋。

藩史[編集]

明治元年(1868年)5月、徳川家達駿府藩に移ったことにより、それまで沼津藩主であった水野忠敬の所領5万石の内、2万3700石が上知となったため、その代わりとして上総国市原郡菊間において2万3700石が与えられたことから菊間藩が立藩した。忠敬は新たな藩庁の建設や藩校の創設に尽力している。明治4年(1871年)の廃藩置県で廃藩となった。

歴代藩主[編集]

水野(みずの)家[編集]

譜代。5万石。

  1. 水野忠敬(ただのり)

廃藩時点の領地[編集]

三河国飛地領の変遷は「旧高旧領取調帳」では既に額田県の所属とされているため詳細は不明。

関連項目[編集]

先代:
上総国
(藩としては沼津藩
行政区の変遷
1868年 - 1871年
(菊間藩→菊間県)
次代:
木更津県