亀田藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

亀田藩(かめだはん)は、出羽国羽後国)に存在したで、岩城氏を藩主家とした。藩庁は亀田城秋田県由利本荘市岩城亀田)に置かれた。

藩史[編集]

岩城氏常陸平氏の血を汲む名族であるが、戦国時代中期の当主岩城重隆は娘を伊達晴宗に嫁がせ、その長男である岩城親隆を養子に迎え後継としたため、親隆とその子の常隆伊達氏の男系の血筋ということになる。戦国時代の所領は、磐城12万石であった。

小田原征伐直後に当主の常隆が病死したため、佐竹義重の三男・岩城貞隆(実母は伊達晴宗の娘)が岩城家を継いだ。常隆には実子政隆がいたが、伊達氏に戻っている。

関ヶ原の戦いでは東軍方になったが、貞隆が兄佐竹義宣の命に従って、会津征伐に参加しなかったため、磐城12万石を改易された。

1616年元和2年)に信濃中村藩(川中島藩)1万石に再封された。1623年(元和9年)、貞隆の子の岩城修理大夫吉隆(後の佐竹義隆)が出羽亀田2万石に加増転封となり、ここに亀田藩が成立した。

1628年寛永5年)に吉隆が佐竹家の養子に入ったため、叔父の岩城但馬守宣隆が岩城家を継いだ。以降4代藩主岩城伊予守秀隆までは、佐竹家の血縁であった。佐竹家は岩城家転封後の亀田藩の検地・城下建設などを全面的に支援したが、藩経営が安定してからも藩政への介入を続けたため、様々な争いが起きている。それに伴い、久保田藩と亀田藩の間に相互不信が募っていくようになった。

1718年享保3年)、4代藩主の岩城伊予守秀隆が嫡子のないまま没して貞隆・宣隆の系統が断絶した結果、久保田藩佐竹家と亀田藩岩城家の血縁関係はなくなり、仙台藩伊達家から岩城但馬守隆韶が養子に入り、5代藩主となった。続く6代藩主岩城河内守隆恭は伊達政隆の直系の子孫であり、常隆の系統が150年ぶりに岩城氏当主に返り咲くことになった。これ以降、亀田藩と仙台藩との関係が強まっていく。

1868年慶応4年)の戊辰戦争では、東北諸藩が結んだ奥羽越列藩同盟に亀田藩も参加した。しかし、12代藩主・岩城左京大夫隆邦は同盟締結前に新政府の上洛命令に東北諸藩で唯一応じて明治天皇に拝謁したほどの勤王派であったこともあり、久保田藩の呼びかけで本荘藩新庄藩矢島藩とともに同盟を脱退し、新政府側に与した。ところが、亀田藩は新政府軍の先鋒として強権的に酷使され、特に山口藩から派遣された監軍の山本登雲助(やまもと とものすけ)が小藩と侮り横暴な振舞をしたことで、亀田藩内部で新政府軍を「官賊」(官軍を名乗る賊徒)と見なす声が上がり始めた。そんな折、庄内軍の猛攻により矢島が陥落した後の軍議で、亀田軍隊長の神谷男也(かみや おとや)を山本が罵倒し鉄扇で殴打するという事件が起こった。更に本荘藩領が次々と陥落していく中、弘前藩からの援軍が到着し、本荘藩主六郷政鑑も反撃を主張しているにも関わらず、山本は本荘・亀田を捨てて秋田へ総退却することを命じた。これで激怒した亀田藩は、藩主を説き伏せて庄内藩と交渉し、8月8日に和議が成立した。

その後、庄内軍に合流して秋田の新政府軍と戦ったが、9月11日、久保田城まで3里(約12km)の距離に迫ったところで、佐賀藩鹿児島藩などの援軍が到着し新型兵器も供給され勢いを盛り返した新政府軍から痛烈な反撃を受けた。また、この頃米沢藩仙台藩が降伏したことで、新政府軍から挟撃される可能性が生じた。そのため庄内軍も撤退し自領防衛に徹することになったが、庄内軍は亀田を見捨てず、亀田軍の撤退を見届けてから自らが撤退することで信義を見せた。9月21日、亀田に進駐してきた久保田藩兵が、山本の命令で亀田城に放火した。

9月27日、庄内藩とともに新政府軍へ降伏した。降伏嘆願書は秋田の奥羽鎮撫隊総督府ではなく、越後征討軍参謀の黒田清隆に提出された。黒田に対し、秋田と庄内に挟まれ主体的な行動を取ることが困難であった事情を考慮させることに成功したことで、最終的に2,000石の減封と藩主隆邦の隠居という寛大な処分で済ませることができ、明治時代に至った。

歴代藩主[編集]

岩城家

外様、2万石。

  1. 岩城修理大夫吉隆(佐竹義隆)
  2. 岩城宣隆
  3. 岩城重隆
  4. 岩城秀隆
  5. 岩城隆韶
  6. 岩城隆恭
  7. 岩城隆恕
  8. 岩城隆喜
  9. 岩城隆永
  10. 岩城隆信
  11. 岩城隆政
  12. 岩城隆邦
  13. 岩城隆彰

幕末の領地[編集]

先代:
出羽国
行政区の変遷
1623年 - 1871年
(亀田藩→亀田県)
次代:
秋田県