広瀬藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広瀬陣屋石碑
広瀬陣屋に残る、土塁と石垣

広瀬藩(ひろせはん)は、松平家時代初期から置かれた松江藩支藩。かつての出雲の中心地だった、現在の安来市広瀬地区の広瀬陣屋に藩庁が置かれた。

概略[編集]

寛文6年(1666年)、松平家松江藩初代藩主・松平直政の次男・近栄が3万石を分与され立藩した。天和2年(1682年)、近栄は越後騒動に荷担した罪から知行を半減されたが、貞享2年(1686年)に5千石、元禄7年(1694年)1万石を加増されて再び3万石となり、以後10代205年間在封した。嘉永3年(1850年)、8代・直寛は幕府公役の勤を評され、城主格となっている。

明治4年(1871年)、廃藩置県により広瀬県となり、同年松江県母里県浜田県の一部(隠岐地方)と合併して島根県になった。

藩主の松平家は明治2年に華族に列し、明治17年(1884年)に子爵を叙爵した。

歴代広瀬藩主[編集]

松平〔越前〕家

3万石→1万5千石→2万石→3万石 (1666年 - 1871年)

  1. 近栄 3万石→1万5千石→2万石→3万石
  2. 近時
  3. 近朝
  4. 近明
  5. 近輝
  6. 近貞
  7. 直義
  8. 直寛
  9. 直諒
  10. 直巳
先代:
松江藩の一部
行政区の変遷
1666年 - 1871年 (広瀬藩→広瀬県)
次代:
島根県