小野藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小野藩(おのはん)は、播磨国加東郡を領した。藩庁は王子村敷地(現在の兵庫県小野市)の小野陣屋

外様大名一柳氏が、江戸時代初期から廃藩置県まで治めた。

藩史[編集]

前史[編集]

寛永13年(1636年)、伊勢国神戸藩一柳直盛に、伊予国西条藩6万8000石が与えられた。直盛の次男直家は、このとき播磨国加東郡内で5000石を分与された。

しかし同年、直盛は任地に赴く途中大坂で没し、伊予国におけるその遺領は男子3人によって分割されることになった。西条藩3万石は長男直重が継ぎ、三男は直頼は伊予国小松藩1万石を分与されている。直家には伊予国宇摩郡周敷郡内の2万3000石を分与され、既に播磨に領していた5000石とあわせて都合2万8000石の領主となった。直家は当初伊予国宇摩郡河上に居所(川之江陣屋)を構えて川之江藩を立藩、播磨国加東郡の領地を分領とし、王子村敷地に代官所を設置して管轄した。

寛永14年(1637年)、直家は播磨国加東郡の代官所を陣屋とし、藩主以下家臣が川之江から移住した。ここに実質的に小野藩の成立をみた。

小野藩1万石[編集]

寛永19年(1642年)、直家は嗣子無く没し、丹波国園部藩小出吉親の2男直次を直重の女婿として迎え嗣子として幕府に願い出た。しかし当時は末期養子が認められなかったため、伊予国にあった所領は没収されて天領となり、遺領相続という形で直次に播磨国加東郡内1万石を与えられた。

3代末礼駿河加番延宝6年(1678年)・元禄3年(1690年)の2度務め、元禄5年(1692年)には大番頭となり、元禄16年(1703年)には5代将軍徳川綱吉御側衆となった。

5代末栄の代に藩財政が悪化し、質素倹約を主とした財政再建を行い藩中興の祖となった。

9代末延天保4年(1833年)には大規模な百姓一揆である「加古川筋一揆」が起こった。天保7年(1836年)には大国隆正を招聘し藩校「帰正館」を開校した。末延の嫡子で10代藩主となった末彦は生涯独身を通したため、丹波国綾部藩九鬼隆都の5男を養子に迎え11代藩主末徳とした。末徳のもとで幕末を迎え、最後の藩主となる。

歴代藩主のうち、3~6、8・9代の各藩主は駿河加番となっている(7代末昭は早世のため在番なし)。

幕末から明治へ[編集]

明治4年(1871年)、廃藩置県により小野県となった。小野県は同年中に廃され、姫路県・飾磨県を経て兵庫県に編入された。

明治17年(1884年)、華族令により最後の藩主末徳は子爵に叙せられた。なお、末徳の3女・満喜子は建築家近江兄弟社を設立したウィリアム・メレル・ヴォーリズの妻となっている。

歴代藩主[編集]

一柳(ひとつやなぎ)家

外様 2万8千石→1万石 (1636年~1871年)

  1. 直家(なおいえ)〔従五位下、美作守〕
  2. 直次(なおつぐ)〔従五位下、土佐守〕遺領相続により1万石
  3. 末礼(すえひろ)〔従五位下、土佐守 御側衆〕
  4. 末昆(すえひで)〔従五位下、土佐守 駿河加番〕
  5. 末栄(すえなが)〔従五位下、土佐守 駿河加番〕
  6. 末英(すえふさ)〔従五位下、土佐守 駿河加番〕
  7. 末昭(すえあきら)〔従五位下、対馬守〕
  8. 末周(すえちか)〔従五位下、土佐守 駿河加番〕
  9. 末延(すえのぶ)〔従五位下、土佐守 駿河加番〕
  10. 末彦(すえよし)〔従五位下、土佐守〕
  11. 末徳(すえのり)〔従五位下、対馬守〕

幕末の領地[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
播磨国
行政区の変遷
1636年 - 1971年
(小野藩→小野県)
次代:
姫路県