吉井藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉井藩(よしいはん)は、上野多胡郡吉井(現在の群馬県高崎市吉井町吉井)に存在した。藩府は吉井陣屋に営まれた。

藩史[編集]

小田原征伐後、関東に入部した徳川家康は、譜代の家臣・菅沼定利に2万石を与えて吉井に入れた。これが吉井藩の起こりである。定利は天正20年(1592年)に領内で検地を行い、さらに六斎市を開いて町割りを行うなどして藩政の基盤を固めた。関ヶ原の戦いがあった慶長5年(1600年)、定利は菩提寺として玄太寺を建立している。関ヶ原では徳川秀忠軍に従軍して真田昌幸と戦った。定利は慶長7年(1602年)10月22日に死去し、跡を養嗣子の忠政が継いだ。忠政は家康の娘婿・奥平信昌の3男で、生母が家康の娘・亀姫であったことから、松平姓を名乗ることを許された。忠政は慶長15年(1610年)7月26日、実父の信昌から家督を譲られて、美濃加納藩に移封となったため、吉井藩は廃藩となり、その所領は幕府直轄領旗本領となった。

天和2年(1682年)3月29日、大番頭だった堀田正休が1万石で入って吉井藩を再立藩した。正休は元禄11年(1698年)3月7日に近江宮川藩に移され、再び吉井藩は廃藩・天領となった。

宝永6年(1709年)4月6日、松平信清は上野国内において3,000石を加増されて1万石の大名となり、陣屋を矢田(現在の高崎市吉井町矢田)に置いて吉井藩を再立藩した。このため、吉井藩は矢田藩とも言われている。幕末期の元治元年(1864年)7月21日、第9代藩主・信発が陣屋を吉井に移したため、正式に吉井藩となった。

最後の藩主家となった松平家(鷹司松平家)であるが、この家は五摂家の一つ鷹司家から分かれており、鷹司信平(信清の祖父)が徳川家光御台所鷹司孝子の弟という縁で江戸に入ったことから始まった。信平は承応3年(1654年)3月10日、松平姓を与えられて松平信平と名乗った。延宝2年(1674年)には上野と上総国両国内において7,000石の知行を与えられた。その後、嫡男の信政、その子の信清に家督が継がれ、信清の時代に1万石の大名となった。小藩ながらその待遇は国主格、あるいは御三家と同様に遇されていた。

しかし石高自体は小さく、第5代藩主・信成の頃から財政難が始まる。信成は寛政9年(1797年)に倹約令を出したが、効果はなかった。第7代藩主・信敬も倹約令などを出して財政再建を主とした藩政改革を行ったが、やはり効果はほとんど無かった。第9代藩主・信発安政6年(1859年)、常陸水戸藩主・徳川斉昭蟄居の命を伝える上使を務めた功績から、莫大な恩賞を授かっている。藩政においても農民兵を採用した軍制改革を行っている。最後の藩主・信謹慶応4年(1868年)2月22日、徳川家との訣別を表すためにか、松平姓を捨てて吉井姓に改めている。その後、戊辰戦争では新政府側に与して戸倉に出兵した。

明治2年(1869年)の版籍奉還は上野国の諸藩に先駆けて行い、信謹は知藩事となる。しかし同年12月25日、信謹は知藩事を辞し、吉井藩は廃藩となった。その後、吉井の地は岩鼻県、群馬県、熊谷県を経て、群馬県に最終的には編入された。

現存建物[編集]

吉井町郷土資料館に吉井陣屋の表門が移築現存する。また、藩士長屋も現存する。

歴代藩主[編集]

菅沼(奥平)家[編集]

2万石。譜代

  1. 定利(さだとし)〔従五位下 小大膳〕
  2. 忠政(ただまさ)〔従五位下 飛騨守〕

幕府領・旗本領[編集]

慶長15年(1610年) - 天和2年(1682年):幕府直轄領および旗本領

堀田家[編集]

1万石。譜代。

  1. 正休(まさやす)〔従五位下 豊前守〕

幕府領・旗本領[編集]

元禄11年(1698年) - 宝永6年(1709年):幕府直轄領および旗本領

松平(鷹司)家[編集]

1万石。親藩

  1. 信清(のぶきよ)〔従四位下 越前守 侍従〕
  2. 信友(のぶとも)〔従四位下 越前守 侍従〕
  3. 信有(のぶあり)〔従四位下 左兵衛督 侍従〕
  4. 信明(のぶあきら)〔従四位下 左兵衛督 侍従〕
  5. 信成(のぶしげ)〔従四位下 左兵衛督 侍従〕
  6. 信充(のぶみつ)〔従四位下 左兵衛督 侍従〕
  7. 信敬(のぶよし)〔従四位下 弾正大弼 侍従〕
  8. 信任(のぶただ)〔従四位下 左兵衛督 侍従〕
  9. 信発(のぶおき)〔従五位下 左兵衛督 侍従〕
  10. 信謹(のぶのり)〔従四位下 左兵衛督 侍従〕

幕末の領地[編集]

旧高旧領取調帳」では、上野分はすでに岩鼻県の管轄となっているが、ここでは「角川日本地名大辞典」(10・群馬県)の記述によった。

脚注[編集]


先代:
上野国
行政区の変遷
1864年 - 1869年
次代:
岩鼻県