山内氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山内氏(やまうちし、やまのうちし)は、日本の氏族の一つ。山内首藤氏(やまのうち すどう)や土佐藩藩主となった山内氏が知られる。山内首藤氏系が古代豪族:那須国造の末裔 と結びつき、那須一族が生まれたとする説もある。[要出典]

山内首藤氏[編集]

山内氏
家紋
陰陽一文字
本姓 守部氏?[1]
称・藤原北家秀郷[1]
称・藤原北家小一条流[2]
称・藤原北家摂関家庶流[2]
家祖 山内首藤俊通[3]
種別 武家
出身地 相模国鎌倉郡山内[3]
著名な人物 山内首藤経俊
凡例 / Category:日本の氏族

山内氏の祖は美濃国席田郡郡司を務めていた守部氏の後裔であると考えられており[4]、平安時代後期に藤原氏を名乗り、藤原秀郷 の後裔を称するようになった。

資清の代になって首藤氏を名乗り、源氏の郎党となった。資清の子資通は源義家に従って後三年の役で活躍したが、資通の曾孫・俊通相模国鎌倉郡山内庄(現・神奈川県鎌倉市)を領した際に山内を名乗り、山内首藤氏と呼ばれるようになった[5]

俊通の妻山内尼源頼朝の乳母となり、その子・経俊は頼朝の乳兄弟となった[6]。経俊は一時平家に味方したものの、その後の治承・寿永の乱においては有力御家人の一人として活躍し、伊勢伊賀の2カ国の守護となった[6]しかし三日平氏の乱で経俊が 守護所から逃亡したために守護を罷免された。[要出典]

上杉氏族の山内氏[編集]

上杉氏の一族の山内氏である[7]山内首藤氏と同じ、相模国鎌倉郡山内から起こった[7]

房総の山内氏[編集]

千葉氏当主・千葉胤直の家臣に山内氏がおり、のちに山内伝内が千葉家家臣として見える[8]

備後山内氏[編集]

山内氏
家紋
大一大万大吉
本姓 称・藤原氏
家祖 山内通資[9]
種別 武家
主な根拠地 備後国
凡例 / Category:日本の氏族

山内首藤氏は1221年承久3年)に蓮華王院領の備後国地毗庄(現・広島県庄原市)の地頭になり、さらに1308年延慶元年)に経俊の曾孫・時通の次男・通綱の子・通資は、領家から地毗庄本郷の年貢徴収を地頭請により請け負った。通資は、1316年正和5年)に一族を率いて所領の地毗庄に下向し[9]、本郷を中心に同地で勢力を築き極めて有力な備後の国人領主であり、特に山内直通は備後の国人衆をまとめるリーダー的存在であった。

守護山名氏の下で備後の守護代を務めたが、応仁の乱以後、山名氏の力が衰えたのに乗じ、備後で独自の勢力を築いた。室町時代には毛利氏と並ぶ程の備後一の戦国大名となり、毛利氏の支配下になった天正十九年(1591年)二十世元資が広島城下に移るまで甲山城を居城とした。

戦国時代の当主・直通の孫・隆通の代には安芸国の戦国大名である毛利氏に仕え、江戸時代には長州藩の家老として存続した。

近世では萩藩寄組士(老中)。山内梅三郎を輩出している。

広島県庄原市甲山城および円通寺に武家世代の子孫の墓がある。

支流[編集]

経俊の孫・宗俊の四男・清俊は、1243年寛元元年)に母・鶴熊から熊野山領相模国愛甲庄上総国畔蒜南北庄領主職、備中国穂太庄預所ならびに下司職を譲渡され[10]、一族としての所領を一挙に増やしている[11]

通綱の次弟・通忠の系統は、滑氏(滑山内氏)を通称として存続。

通綱の三弟・通経の系統は、田原氏(田原山内氏)を通称として存続。

通綱の四弟・通貞の系統は、黒杭氏(黒杭山内氏)を通称として存続。

通資の次弟・通俊(沙弥浄覚)の系統は近江国多賀村(現・滋賀県多賀町)で存続し、多賀氏(多賀山内氏)を通称とした。本家の有力庶家として存続し、戦国時代の当主・多賀通続の代に毛利氏に仕えている。

通資の三弟・通顕の系統は、竹内氏(竹内山内氏)を通称として存続。

人物[編集]

備後山内氏 変遷[編集]

山内氏宗家の、文化7年没の山内広通(彩女)の子孫、九郎兵衛就資(享年1810年)(松兵衛)の子松兵衛は寄組の一代家老から隠居した。[12]山内広通(彩女)殉職の後に、江戸時代後期に備後国沼隈郡田尻村方面にて、備後福山藩阿部正精から大名主任命され、苗字を改めて來山(キタヤマ)とした。住んでいた家屋屋号屋敷である。となっていないのは、関東神奈川県鎌倉から来たという意味合いを持たせる為である。中山家と同じ形態の2文字で山が揃っていた為、そうしたとも理解出来る。本来ならば、帰農しても江戸時代の後期なら、戦国時代は終わっており、苗字家紋も変えなくても良かったと判断出来る。この経緯を見ると、山内家本家は武士の名残りを捨て新たな門出を出発した経緯が伺える。苗字の属性だが、まず宝来山神社からの属性が伺える。守部氏の先祖歴史的に見ると、読み仮名仮名は仮の名(通称)であるという部分で検証すれば、理解しやすい。古代苗字ではライヤマ?ライザン?となっている。守部氏は河内の三宅鍛冶造をしていたとされる。[13]來である旧字は、元来はを顕しており、田光神社八幡宮の発端』とも合致する。近代に、裏紋の丸に太九枚笹をいて土着したと推定できる。尚、定紋は丸に三つ柏として存続し、菩提寺臨済宗妙心寺派の天徳寺であり、大正時代に没した子孫松助の戒名【大通院観嶽宗音居士】は、大通院|京都花園 臨済宗大本山妙心寺』から通っている。昭和時代に没した子孫は総代の時に、田尻八幡神社(武ノ宮八幡宮)の境内社稲荷神社設置継承する。尚、日本姓氏大辞典の[14]北山では、山内氏勝刑部大輔)が関与されている。本家で没したの戒名(天助院仙岳玅=【玄】壽大姉)は、有栖川宮職仁親王の作った和歌、天すけひと(天助人)からは、の属性がまず結びつく。元 有栖川宮勅願所 曹洞禅宗. 称號山 妙壽寺は往古天女[15]と称した。道号仙岳は、天皇家ゆかりの天台宗仙岳院から属性が結びついている。戒名は、現象学の慣習から来る意味論では社会学にも当てはまり、その体系は簡素で包括性が高く先祖のルーツが分かりやすくなっている。天助と天女は日本神話宗教的な慣用句属性並行しており、浅野斉賢の戒名, 天祐院殿徳順 履信大居士天祐院は、有栖川宮家が嫁いだであるが、やはり神佑天助・天佑神同義語である。この場合は、【天佑は天の助けを得る人=男性(浅野氏) 天助=(女)(天女の降嫁=】と解釈する事も可能である。家老の嫁の場合はオーソドックスに公家の天助(天女=公家の姫)からの解釈で推定出来る。又、天女はテンジョと訳す場合もある。当て字と属性で、忠節をあらわしている。公家羽林家中山家中山 栄親[ 宝永6年11月9日(1709年12月9日) ~ 明和8年5月22日(1771年7月4日) ]の系図では女子だけの表示があり、相手先の家名と名前がない為可能性として十分ありうる。又、栄親が25歳前後で結婚して子供が30歳前後に子供(娘)を生んでいる場合、70歳~75歳と江戸時代ではかなり、長寿であり(【妙】玄寿)と戒名を授かったと推定出来る。又、当主の松兵衛の戒名が、天倫院春岳庭松居士(テンリンイン シュンガク テイショウ コジ)(テンリンイン ハル タケ ニワ ショウコジ【証拠字】マツとなっている。二つ同じ戒名があり、読み仮名だけ2通りある。没年が一緒で、位牌には一つしか残っていないので同一人物である。栄親の母である、庭田重条の女(子)の庭の文字と、栄親の戒名の松巖静空の文字が消去法的な意味合いで解読すると、伝承メッセージの経緯が判明する。テンリンイン ハル タケ は、消去される意味合いである。即ち通字家訓としてとなっているのは、羽林家の当主の戒名からも当てはまる。当時は、頭に松を付ける事により、従五位と同じ松爵を含む的な意味合いで賜ったと見える。時代が経つに連れ、後に松は後文字となる。臨済宗は一休宗純出家した寺でもあり、公案のような頓知のような数え歌のような戒名が実際残っていた。中山家(羽林家)は、備後介の国司に携わっており、備後山内氏とはゆかりのがある。長州藩は有栖川宮家の他早くから羽林家の中山家とも密接だった事の経緯がこの推測の場合、想定出来る。房通という呼び名は土佐一条家にある。羽林家の中山家は、一条家門流であり。その間接的属性も一致する。他、2代目松兵衛も同じく名称が同じなので、家老職をしていたのは明白で、妻の戒名の盛徳院善室智根大姉からの智根の当て字(タラチネ)から見て公家の嫁が推測でき、羽林家の野宮家の推測も可能である。野宮 定之[ 享保6年7月23日(1721年8月15日) ~ 天明2年2月26日(1782年4月8日) ]あたりである。同じく、女子だけの記録がある。中山家のように直接文字の属性はないが、 大久保忠方に娘が嫁いでいる形跡もあり、武家とのを見る事が出来る。このように、戒名家格官位慣習風習)・歴史の情勢や心理状態などから、検証する事により、科学的に戸籍がなくてもある程度推定できるという、記号論のような社会学を学びながらプラグマティックな検証が可能である。この旧家は、藤原北家武士)の血統の統括的な役割をも学べ、当時の備後の歴史要素の濃度が高く面白い地方資料と捉えられ、封権制社会の1部分として武家世代のを閉じ旧所領地への変遷を遂げた。そして、昭和時代ではある画家の墨画が屋敷の風景を残している。

奥州山内氏[編集]

奥州に下向した山内氏は、桃生郡に勢力をもった一族と、会津郡に勢力をもった一族が知られる。桃生郡の一族は永正年間に葛西氏によって滅ぼされた。[16]また会津郡の一族は蘆名氏との間で対立と接近を繰り返していたが、永禄年間頃に蘆名氏に従属した。[17]蘆名氏滅亡後は伊達政宗の侵攻に抵抗を続けたが、奥州仕置で所領を没収された。山内氏勝など。

2005年、第17代当主の山内丈により、山内一豊の弟、山内康豊のものと見られる「大名よろい」が四万十市に寄贈された。当時の報道によると、奥州山内家は、伊達氏の中級家臣で、よろいは、宮城県涌谷町の実家に伝わったものという[18]

土佐山内氏[編集]

戦国大名山内一豊や、幕末の四賢侯の一人でもある山内豊信(容堂)を輩出した山内氏(やまうちし)は、山内首藤氏の傍流を称しているが、真相については定かではなく美濃の土着の武士という説に限っては有力である。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 太田 1934b, p. 3084.
  2. ^ a b 太田 1934b, p. 3085.
  3. ^ a b 太田 1934c, p. 6353.
  4. ^ 洞院公定 1903, p. 71.
  5. ^ 『山内首藤氏系図』[要文献特定詳細情報]
  6. ^ a b 太田 1934c, p. 6355.
  7. ^ a b 太田 1934c, pp. 6354-6355.
  8. ^ 太田 1934c, p. 6356.
  9. ^ a b 太田 1934c, p. 6358.
  10. ^ 『長府毛利文書』寛元元年(1243年)7月28日付け「鎌倉将軍家政所下文」
  11. ^ 清俊の子孫は、後に備後国地毗庄の河北に盤踞ばんきょしたことから、河北氏を名乗り、戦国時代になり毛利氏に仕えたという。
  12. ^ (この代以降、殉職及び長州藩の家臣だった為福山藩からは、歴史的公開はされていない)
  13. ^ 日本姓氏語源辞典では、キタヤマ 来山 広島県福山市。地形。広島県福山市田尻町では山内氏が神奈川県鎌倉市山ノ内の北の土地を意味する「北山内(キタヤマノウチ)」から江戸時代に創姓したと伝える。とある。
  14. ^ 『日本姓氏大辞典』
  15. ^ 妙壽寺西成郡鷺洲町役場 『鷺洲町史』、1925年。
  16. ^ 大石 2015, p. 43.
  17. ^ 大石 2015, p. 51.
  18. ^ 奥州からよろい里帰り 土佐山内家、300年ぶり”. 共同通信 (2005年11月4日). 2013年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月30日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]