土佐山内氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山内氏
(土佐山内氏)
家紋
丸に土佐柏まるにとさかしわ
山内一文字やまのうち(やまうち)いちもんじ
本姓 藤原北家秀郷山内氏庶流
家祖 山内俊家
種別 武家
華族侯爵
主な根拠地 土佐国
尾張国
東京都
高知県
著名な人物 山内一豊
見性院
山内豊信
支流、分家 麻布山内家
(武家・華族(子爵))
西邸山内家(武家)
東邸山内家(武家)
南邸山内家(武家)
追手山内家(武家)
山内家分家
(華族(子爵))
山内家分家
(華族(男爵))
凡例 / Category:日本の氏族

土佐山内氏(とさやまうちし)は、武家華族だった日本氏族山内一豊豊臣秀吉のもとで大名に出世し、江戸時代には土佐藩主を務め、維新後には華族の侯爵家に列した[1]。本家は山内を「やまうち」、各分家は「やまのうち」と称する。通字は「」。

歴史[編集]

安土桃山時代以前[編集]

藤原北家秀郷流備後山内氏分家で、山内宗俊の五男俊家を祖と考えていたが、真相については定かではなく有力な資料がないのが現状である。戦国時代、まだ池田恒興前田利家柴田勝家佐々成政が下級武士だったころ、山内盛豊尾張国守護代織田氏嫡流の岩倉織田家に家老として仕え、黒田城主でもあった。しかし盛豊は、当時山内氏よりも下位にあった清洲三奉行の一つ、清洲織田家当主織田信長に侵攻され自害して果てた。

盛豊の息子らは裸一貫となって流浪することになるが、山内一豊が信長、のちに豊臣秀吉に仕えて遠江国掛川5万9千石を領する大名となった。

1600年関ヶ原の戦いでは、徳川家康の東軍に従う。戦後、居城掛川城を率先して提供するなどの功が認められて土佐国を与えられ、土佐藩20万2600石の大藩を成した。俗に「土佐24万石」とも称されるが、元和元年(1615年)、土佐藩が高直しを願い出たものの幕府はこの申告を認めず、朱印状は従来のまま「20万2600石余」であった。

江戸時代[編集]

土佐国はそれまで長宗我部氏が領しており、長宗我部に仕えていた半農半兵の家臣(一領具足)たちとは対立を経て郷士として取り込んだ。他藩に比べると財政逼迫などは少なかったとされる。

中村山内家麻布山内家の分家のほか、幕末期に新たに4つの分家を創設した。9代藩主山内豊雍の二男豊敬による西邸山内家、10代藩主豊策の三男豊道による東邸山内家、同じく四男豊著南邸山内家、同じくその六男豊栄追手山内家である。15代藩主の豊信(容堂)は南邸家の豊著の長子である。

なお、山内氏は代々官位として土佐守を得ているが、領地と官位(国守としての差配地=この時期には当然まったく実態がない)が完全一致している数少ない江戸大名である。また後の廃藩置県で「一県一国一藩一氏」の大名も稀有であった[2]

幕末の土佐藩は15代藩主・豊信(容堂)の公武合体論土佐勤王党尊皇攘夷論が絡み合いながら進展し、坂本龍馬の献策を基本とする大政奉還建白によって土佐藩は時代転換の役割を果たすことになった[3]

明治以降[編集]

明治維新後の1869年(明治2年)に土佐藩主山内豊範は薩長肥の藩主とともに版籍奉還を建白。版籍奉還により知藩事に転じ、廃藩置県まで務めた。

1876年(明治9年)に家禄と賞典禄が代えられた金禄公債の額は山内宗家は66万8200円で7位だった(1位島津公爵家132万2845円、2位前田侯爵家119万4077円、3位毛利公爵家110万7755円、4位細川侯爵家78万280円、5位尾張徳川侯爵家73万8326円、6位紀州徳川侯爵家70万6110円に次ぐ)[4]

1884年(明治17年)に華族令が公布されると豊範に侯爵位が与えられた[1]。また土佐新田藩主だった山内豊誠には子爵位が与えられた[5]。容堂の長男にあたる豊尹も山内宗家の分家として男爵位を与えられ、1891年(明治24年)には父の維新の功が認められて子爵に陞爵している[6]1889年(明治22年)には山内宗家の分家山内豊積も維新の功により男爵に叙された[7]。さらに1906年(明治39年)には山内宗家の分家山内豊静も男爵に叙された[8]。以上5家が山内家から出た華族となった。

山内侯爵家は資産運用をうまくやり、大正末から昭和初期、実業家たちの発展に押されて旧大名華族は相対的に没落し、金満家大番付から旧大名華族の名前が徐々に消えていく時世の中でも前田侯爵家鍋島侯爵家と並んで番付に名前を残し続けた家だった[9]

山内侯爵家の邸宅は東京市渋谷区代々木山谷町にあった[10]

現当主は山内豊功。豊功は、土佐名産の土佐鶴酒造のCMに出演している。2010年には、長宗我部氏の末裔、長宗我部友親と共に高知県知事尾崎正直のもとへ表敬訪問を行った[11]

家紋[編集]

土佐山内氏が使用した家紋は、「土佐柏」「山内一文字」「土佐桐」である[12]

「土佐柏」は、「丸に三つ細柏」の図案と同様で、一豊の時は通常の三つ柏よりやや細い程度の葉の図案が使用されていたが、江戸時代には(図1)の図案となった。幕末から明治時代、土佐藩を母体とした企業であった九十九商会や後の三菱商会スリーダイヤはこれに由来する。

「山内一文字」(図2)は、一文字とはいうが同じ大きさの一文字を上下に2本描く。またの名を「白黒一文字(しろくろいちもんじ)」ともいうように、上を日向に描き下を陰に描くことで陰陽を表している。これは、陰陽ともに敵なしという意味である[13]

「土佐桐」は豊臣秀吉によって下賜された桐紋をアレンジしたものである。

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 323.
  2. ^ 中村藩は元禄期に改易。
  3. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『土佐藩』 - コトバンク
  4. ^ 小田部雄次 2006, p. 62.
  5. ^ 小田部雄次 2006, p. 338.
  6. ^ 小田部雄次 2006, p. 341.
  7. ^ 小田部雄次 2006, p. 345.
  8. ^ 小田部雄次 2006, p. 355.
  9. ^ 小田部雄次 2006, p. 213.
  10. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 13.
  11. ^ 高知県 2012.
  12. ^ 大野 2009, p. [要ページ番号].
  13. ^ 大野 2009.

参考文献[編集]

  • 小田部雄次『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366
  • 華族大鑑刊行会『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342
  • 大野信長 『戦国武将100家紋・旗・馬印file』 学研パブリッシング、2009年11月。ISBN 9784054043497 
  • 高知県広報公聴課. “行事等のお知らせ(No.00018748) 長宗我部友親氏、山内豊功氏の知事訪問”. 高知県庁ホームページ. 高知県. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月閲覧。
系譜参考

関連項目[編集]