永原慶二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永原 慶二(ながはら けいじ、1922年7月12日 - 2004年7月9日)は、日本歴史学者一橋大学名誉教授和光大学名誉教授。専門は日本中世史。一橋大学経済学博士

妻の永原和子女性史研究者である。門下に池享(一橋大名誉教授、元ソウル大学教授)や池上裕子(成蹊大名誉教授)、森武麿(一橋大名誉教授)、西田美昭(東京大名誉教授)。福島清彦(元野村総合研究所ヨーロッパ社長)なども永原ゼミ出身者。

略歴[編集]

関東州(現中国大連市に生まれる。1939年に東京高等学校文科乙類を卒業後、東京帝国大学文学部国史学科に入学。1943年、文科系学生の徴兵猶予停止にともない、海軍大竹海兵団に入団。1944年、東京帝国大学国史学科卒業。終戦後に帰郷し、東京帝国大学大学院に入学。1947年東京大学史料編纂所員となり、『大日本史料』第三編の編纂業務に従事。1958年、一橋大学経済学部助教授となり、日本経済史講座を担当。1962年に一橋大学より「日本封建制成立過程の研究」により経済学博士の学位を取得。1963年から1986年まで一橋大学教授を務めた。退官した1986年に一橋大学名誉教授。1986年から1988年まで日本福祉大学経済学部教授(88年から98年まで客員教授)、88年から93年まで和光大学人文学部教授。同大学退官にあたって名誉教授。

また、学界においては、1970年から1973年まで歴史学研究会委員長、1978年から1985年まで日本学術会議会員、1978年から1993年まで文化財保護審議会専門委員、1983年から1989年まで比較家族史研究会(のち比較家族史学会)会長をつとめる。

在地領主制、とくに荘園制大名領国制研究を展開して、日本中世史像の基礎を確立した。その学問については、自身による回想や門人らによる業績紹介・追悼文によって構成された『永原慶二の歴史学』が刊行されている他、主要著作について、吉川弘文館より『永原慶二著作選集』全10巻が刊行。歴史学研究の方法としてマルクス歴史学(マルクス主義ではない)、つまりマルクスの分析方法を中世史の研究に適用した、と述べている[1]

教科書検定に反対の立場を取り、家永三郎教科書訴訟を支援した[2]

2004年7月9日、血管の癌により、東京都新宿区の病院で死去。81歳没[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『新日本史講座 封建時代前期の民衆生活』(中央公論社、1950年)
  • 『日本封建社会論』(東京大学出版会、1955年)
  • 『源頼朝』(岩波書店、1958年)
  • 『日本封建制成立過程の研究』(岩波書店、1961年)
  • 『日本の歴史10 下剋上の時代』(中央公論社、1965年)
  • 『体系・日本歴史3 大名領国制』(日本評論社、1967年)
  • 『日本の中世社会』(岩波書店、1968年)
  • 『日本経済史』(有斐閣、1970年)
  • 『日本中世社会構造の研究』(岩波書店、1973年)
  • 『日本の歴史14 戦国の動乱』(小学館、1975年)
  • 『中世成立期の社会と思想』(吉川弘文館、1977年)
  • 『中世内乱期の社会と民衆』(吉川弘文館、1977年)
  • 『荘園』(評論社、1978年)
  • 『歴史学叙説』(東京大学出版会、1978年)
  • 『日本経済史』(岩波書店、1980年)
  • 『日本中世の社会と国家』(日本放送出版協会、1982年)
  • 『皇国史観』(岩波書店、1983年)
  • 『大系日本の歴史6 内乱と民衆の世紀』(小学館、1988年)
  • 『新・木綿以前のこと』(中央公論社、1990年)
  • 『天皇制・新国家主義と歴史教育』(あゆみ出版、1990年)
  • 『室町戦国の社会 商業・貨幣・交通』(吉川弘文館、1992年)
  • 『中世動乱期に生きる 一揆・商人・侍・大名』(新日本出版社、1996年)
  • 『戦国期の政治経済構造』(岩波書店、1997年)
  • 『「自由主義史観」批判』(岩波書店、2000年)
  • 『歴史教科書をどうつくるか』(岩波書店、2001年)
  • 『富士山宝永大爆発』(集英社、2002年)
  • 『20世紀日本の歴史学』(吉川弘文館、2003年)
  • 『苧麻・絹・木綿の社会史』(吉川弘文館、2004年)
  • 『永原慶二著作選集』(吉川弘文館、2007-2008年)
    • (1)日本封建社会論 日本の中世社会
    • (2)日本封建制成立過程の研究
    • (3)日本中世社会構造の研究
    • (4)荘園 荘園制と中世村落
    • (5)大名領国制 中世後期の社会と経済
    • (6)戦国期の政治経済構造 戦国大名と都市
    • (7)日本中世の社会と国家 中世史の争点
    • (8)日本経済史 苧麻・絹・木綿の社会史
    • (9)歴史学叙説 20世紀日本の歴史学
    • (10)歴史教育と歴史観

編著[編集]

  • 古島敏雄)『商品生産と寄生地主制』(東京大学出版会、1954年)
  • 『日本経済史大系2』(東京大学出版会、1965年)
  • 『人物日本の歴史4 鎌倉と京都』(読売新聞社、1966年)
  • 『戦国期の権力と社会』(東京大学出版会、1976年)
  • 『戦国時代 1550年から1650年の社会転換』(吉川弘文館、1978年)
  • 『カレンダ-日本史 一日一史話』(岩波書店、1979年)
  • 松島栄一)『元号問題の本質』(アンリ出版、1979年)
  • 『日本経済史を学ぶ』(有斐閣、1982年)
  • 『講座・日本技術の社会史』(日本評論社、1983年)
  • 『中世・近世の国家と社会』(東京大学出版会、1986年)
  • 『中世の発見』(吉川弘文館、1993年)

ほか多数

脚注[編集]

  1. ^ 「永原慶二の歴史学」インタビュー参照
  2. ^ a b “永原慶二氏死去 一橋大名誉教授”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年7月11日). http://www.47news.jp/CN/200407/CN2004071101002114.html 2015年4月15日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 永原慶二追悼文集刊行会 編『永原慶二の歴史学』(吉川弘文館、2006年) ISBN 4-642-07959-9