池享

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

池 享(いけ すすむ、1950年9月 - )は、日本史学者。一橋大学名誉教授。専門は日本中近世史。室町、戦国時代の大名の研究を行う。

一橋大学教授や、ソウル大学校教授、歴史学研究会委員長などを歴任した。

人物[編集]

新潟県生まれ。1974年一橋大学社会学部卒業、1976年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了、1980年一橋大学大学院経済学研究科経済史専攻博士課程単位取得退学永原慶二門下、同門に池上裕子蔵持重裕森武麿西田美昭など)。1997年「大名領国制の研究」で一橋大博士(経済学)

1980年一橋大学大学経済学部助手、1981年市立大月短期大学専任講師、1983年新潟大学人文学部助教授、1987年一橋大学経済学部助教授、1991年同教授、2014年定年退職、一橋大学名誉教授、飯田市歴史研究所顧問研究員、2014年9月ソウル大学校歴史教育科教授、2016年3月ソウル大定年退職、同年8月までソウル大学訪問教授[1]。この間2000年から2001年まで中国社会科学院経済研究所客員研究員、2004年から2006年東京大学文学部非常勤講師。

学会活動[編集]

著書[編集]

  • 「武家官位制の創出」『大名領国を歩く』吉川弘文館 1993
  • 大名領国制の研究 校倉書房 1995.9
  • 戦国・織豊期の武家と天皇 校倉書房 2003.10
  • 知将・毛利元就 国人領主から戦国大名へ 新日本出版社 2009.2
  • 戦国大名と一揆(日本中世の歴史)吉川弘文館 2009.8
  • 戦国期の地域社会と権力 吉川弘文館、2010
  • 日本中近世移行論 同成社、2010
  • 東国の戦国争乱と織豊権力(動乱の東国史) 吉川弘文館、2012

共編著[編集]

  • 定本上杉謙信 矢田俊文共編 高志書院 2000.5
  • 銭貨 前近代日本の貨幣と国家 青木書店 2001.5(「もの」から見る日本史)
  • 天下統一と朝鮮侵略 吉川弘文館 2003.6(日本の時代史)
  • 上杉氏年表 為景・謙信・景勝 矢田俊文共編 高志書院 2003.9
  • 越後平野・佐渡と北国浜街道 原直史共編 吉川弘文館 2005.12(街道の日本史)

脚注[編集]

  1. ^ 「「少女像は迫害の象徴物…どこに置くかは韓国人が判断すること」」2016年03月02日09時47分[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]