大月短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大月短期大学
Ohtsuki-City-College-2018120201.jpg
大月短期大学と岩殿山(左)
大学設置/創立 1955年
学校種別 公立
設置者 大月市の旗 大月市
本部所在地 山梨県大月市御太刀1-16-2
学部 経済科
研究科 なし
ウェブサイト 大月短期大学公式サイト
テンプレートを表示

大月短期大学(おおつきたんきだいがく、英語: Ohtsuki City College)は、山梨県大月市御太刀1-16-2に本部を置く日本公立大学である。1955年に設置された。大学の略称は月短(つきたん)。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 山梨県の東部大月市にある日本の公立短期大学で、開学当初から経済科のみの単科短大となっている。

教育および研究[編集]

  • 大月短期大学には経済科が設置されており、経済系大学への進学、管理・事務職および営業・販売職のそれぞれを希望する学生に向けたカリキュラムモデルを設定している。

学風および特色[編集]

  • 大月短期大学は全国でも数少ない公立短大で、運営主体は開学前の1954年市制施行した大月市である。開学当初は、入学志願者が少なく財政的にも困難を極め、1961年母体である同市が地方財政再建特別措置法の適用を受けるに至ったがその後は、財政状態が好転しさらに入学志願者も増加していったことで経営も持ち直すようになった[1]。現在では大学への編入学者が多く、2009年度卒業生は延べ82人が合格した。学費が安いため私立大学を辞退して入学する人もいる。もともとは男子学生の割合が多かったが、時代の流れとともに変化がみられ女子学生の方が多くなっている。

沿革[編集]

  • 1955年 大月短期大学開学。経済科(入学定員100名)
  • 1980年 入学定員を150名に増員。学生数:23、330[2]
  • 1991年 入学定員を200名に増員。学生数:男38、女397[3]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

正門
運動場
  • 山梨県大月市御太刀1-16-2

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 経済科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 図書館

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 大月短期大学の学園祭は毎年、概ね12月に行なわれている。「女装コンテスト」や「ロックのライブ」が行われたりする。

体育祭[編集]

  • 学生自治会主催の体育祭が概ね7月に行われている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

学生食堂[編集]

  • 学内にある。

社会との関わり[編集]

  • 地域をフィールドにした活動に力を入れている。「地域づくりゼミナール」がある。ほか、地元、中学生に対する学習サポートや学生による読書喫茶店の経営もなされている[6]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

国立大学
公立大学
私立大学
特殊法人大学

附属学校[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『全国公立短期大学協会三十年誌』、全国公立短期大学協会、1980年、p150より。
  2. ^ 昭和56年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)38頁より。
  3. ^ 1992年度版『総覧』50頁より。
  4. ^ a b c d e 『大月市立大月短期大学 1996 GUIDE』より。
  5. ^ 短大蛍雪 1996年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)80頁より
  6. ^ a b c d e f 『OHTSUKI CITY COLLEGE 2007 College Profile』ほか
  7. ^ 山梨県立図書館所蔵。

公式サイト[編集]

座標: 北緯35度36分46.4秒 東経138度56分48.0秒 / 北緯35.612889度 東経138.946667度 / 35.612889; 138.946667