矢田俊文 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢田 俊文(やた としふみ、1954年1月 - )は、日本歴史学者新潟大学人文学部教授[1]。日本中世史、特に越後上杉氏を中心とした戦国大名に関する業績や、歴史学の立場からの地震研究によって知られる。新潟史学会会長。

経歴[編集]

鳥取県生まれ[2]1976年大阪市立大学文学部を卒業後、大学院に進み、1982年6月、大阪市立大学大学院博士課程を単位取得満期退学[1]1987年新潟大学人文学部助教授、のち1996年に教授[1]1996年、「日本中世戦国期権力構造の研究」で、大阪市立大学より博士(文学) を取得[3]

2004年10月23日新潟県中越地震や、2007年7月16日新潟県中越沖地震に際しては、被災地からの歴史資料の救出にあたった[4]

中越地震を受けて2006年に発足した新潟大学災害復興科学センターでは、アーカイブズ分野の代表を務めている[5]

おもな業績[編集]

単著[編集]

  • 日本中世戦国期権力構造の研究、塙書房、1998年 978-4827311525
  • 文化を育てたい ― 矢田清子人と仕事、高志書院、2002年 978-4906641567
  • 日本中世戦国期の地域と民衆、清文堂出版、2002年 978-4792405175
  • 新潟県中越地震文化遺産を救え、高志書院、2005年 978-4906641987
  • 上杉謙信―政虎一世中忘失すべからず候、ミネルヴァ書房(ミネルヴァ日本評伝選)、2005年 978-4623044863
  • 戦国期の権力と文書、高志書院、2004年 978-4906641802
  • 中世の巨大地震、吉川弘文館(歴史文化ライブラリー)、2008年 978-4642056649
  • 直江兼続、高志書院、2009年 978-4862150530
  • 地震と中世の流通、高志書院(高志書院選書 6)、2010年 978-4862150738

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c “研究者総覧 矢田俊文”. 新潟大学. http://researchers.adm.niigata-u.ac.jp/R/staff/?userId=1058 2012年10月12日閲覧。 
  2. ^ 中世の巨大地震”. 紀伊国屋書店. 2012年10月12日閲覧。
  3. ^ 日本中世戦国期権力構造の研究 矢田俊文”. 国立国会図書館. 2012年10月12日閲覧。
  4. ^ 震災と文化継承 (PDF)”. 明治大学. 2012年10月12日閲覧。
  5. ^ “新潟大災害科学センターの研究誌「災害と資料」刊行 年1回予定”. 読売新聞(東京朝刊): p. 18. (2007年3月30日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧