山内首藤経俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
山内首藤経俊
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 保延3年(1137年
死没 嘉禄元年6月21日[1]1225年7月27日
別名 滝口三郎[1]
戒名 頓宗永悟[1]
官位 刑部丞[1]刑部大夫刑部大輔[1]
幕府 鎌倉幕府 伊賀伊勢守護
主君 源頼朝頼家実朝
氏族 秀郷山内首藤氏
父母 父:山内首藤俊通[1]、母:山内尼
兄弟 俊綱[1]俊秀[1]経俊家通[1]
俊弘[1]
重俊[1]、朝通、俊明、通直、通貞、
中山通基

山内首藤 経俊(やまうちすどう つねとし)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将御家人相模国鎌倉郡山内荘を領した。

生涯[編集]

保延3年(1137年)、藤原秀郷の流れを汲む刑部丞俊通の子として誕生。母は源頼朝の乳母・山内尼

平治の乱は病のため参陣せず、源氏方で戦った父・俊通と兄・俊綱の戦死により家督を継ぐ。治承4年(1180年)8月の源頼朝の対平家挙兵に際し、頼朝から乳母兄弟にあたる経俊にも加勢を呼びかける使者として安達盛長が派遣されたが、経俊は要請に応じず暴言[2]を吐いたという(『吾妻鏡』7月10日条)。なお三井寺にいた経俊の兄弟である刑部房俊秀は、頼朝挙兵に先立って以仁王の挙兵に加わり、南都に落ち延びる道中で討ち死にしている(『平家物語』)。

経俊は平氏方の大庭景親の軍に属して石橋山の戦いで頼朝に矢を放っている。景親降伏後の10月23日に頼朝軍に捕らえられて山内荘を没収され、土肥実平に身柄を預けられた。11月26日、経俊は斬罪に処せられる事が内々に決められたが、母の山内尼が頼朝の許を訪れ、涙ながらに父祖である山内資通入道源義家に仕え、源為義の乳母父であった事など源氏への奉公を訴えて経俊の助命を求めた。頼朝は尼に対し、経俊が自分に放った矢の刺さった、当時自身が着用していた鎧の袖を見せると、尼はそれを見て顔色を変えてさすがにその場は引き下がった。結局、経俊は赦されて頼朝に臣従する。

その後、元暦元年(1184年)5月の志田義広、7月の平家残党の反乱の追討に出陣。この年に伊勢国守護となっている。また大内惟義の後を受けて伊賀国の守護も兼ねており、特に戦功もない経俊にこのような重任が課されたのは、ひとえに頼朝の乳母子であるためと思われる。翌文治元年(1185年)4月に頼朝の怒りを買った無断任官者24名の内の1人になり、頼朝から「官職を望んでも役に立たない者である。無益な事だ」と罵倒されている。ここまで失態を重ねた上に、頼朝からの人物評価は低いが、それでも乳母兄弟である経俊の地位は保全された。その後、源義経の家臣・伊勢義盛と交戦して破る。奥州合戦、頼朝の上洛にも供奉。

頼朝死後の梶原景時弾劾に参画。元久元年(1204年)に伊勢・伊賀などで起こった三日平氏の乱で経俊は平氏残党の反乱鎮圧に失敗した事により、伊勢・伊賀の守護職を解任され、両国の守護職は経俊が逃亡した後に乱を鎮圧した平賀朝雅に移された。その後、朝雅は失脚し、経俊の子の六郎通基に殺害された。その後、職の回復を願ったが許されなかった(『吾妻鏡』同年9月20日条)。

『吾妻鏡』では建保4年(1216年)7月29日に源実朝に供奉して相模川に赴いた記録が最後である。

嘉禄元年(1225年)6月21日、死去。享年89(『山内首藤氏系図』)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 田村哲夫編修 1980, p. 125.
  2. ^ 「富士と背を比べたり、鼠が猫を狩る様な」として、平家と頼朝(勢力)の大小を嘲ったとされる。

参考文献[編集]