マツノ書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有限会社マツノ書店
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
745-0032
山口県周南市銀座2-13
業種 小売業
事業内容 古書売買
外部リンク http://www.matuno.com/
テンプレートを表示

マツノ書店(- しょてん)は、山口県周南市にある古書店。2006年6月現在の店主は、松村久で2代目になる。山口県の地誌方言、文化から長州藩を中心とした幕末史の文献を特に手広く揃えている。1970年代の半ばから幕末史の重要な原典資料の希観本の復刻出版を手がけている。1974年から2010年までで、その総出版点数は、240冊を越えている。

住所は、山口県周南市銀座2-13 である。以前は、徳山駅の北向かいにあったが、1960年代半ばに現在の近鉄松下百貨店(2013年に閉店、周南市の市庁舎が建て替えのため、一時的にここに市庁舎が移ってきている)脇の路地に移った。2007年第55回菊池寛賞を受賞した。2010年には第67回中国文化賞中国新聞社主催)を受賞。

店主・松村久[編集]

また松村久は、1968年父親から古書店を受け継ぎ、1960年代から1970年代にかけては、古書店業と平行して、マツノ読書会という名称で貸本業もやっていた。ただし、当時常であった貸本専用の俗悪な漫画本ではなく、新規に出版されたばかりの小説、エッセイ、ノンフィクションの一般書と、合わせてコミックも扱った。2泊3日で、1冊100円足らずの金額で、まだ当時は珍しかった映画やベストセラーからハイキングなどの文化情報を盛り込んだミニコミ「らんぺる」(lampern、いろんなことに興味をということでヤツメウナギからとった名)も発行し、地方の文化拠点をなしていた。著作権などの問題も生じ、この活動は1970年代半ばには幕を閉じた。こうした活動もあって、松村は、日本読書学会の雑誌「読書科学」や古書店協会の「日本古書通信」などにしばしば読書や古書店の営み、また公立図書館のサービスのあり方についても意見を開陳し、読書界の一言居士としても一目置かれている。彼の著書に、『六時閉店』(マツノ書店 1989年)、『本の周辺』(共著、マツノ書店 2001年)がある。

主要な出版物(復刻)[編集]

  • 福本椿水 『松陰余話』
  • 玖村敏雄 『吉田松陰』
  • 末松謙澄ほか『防長回天史
  • 広瀬豊 『松陰先生の教育力』
  • 福本義亮 『久坂玄瑞全集』
  • 末松謙澄 『孝子伊藤公』
  • 日本史籍協会 『木戸孝允日記』 全3巻
  • 坂崎紫瀾 『維新土佐勤王史』(瑞山會編、冨山房、大正元年)
  • 阿部道山 『海軍の先駆者 小栗上野介正伝』(海軍有終会編、昭和16年)
  • 蜷川新 『維新前後の政争と小栗上野の死』『続維新前後の政争と小栗上野』合本(日本書院、昭和3年、昭和6年)

外部リンク[編集]