山内一豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
山内一豊
Yamauchi-Kazutoyo.jpg
山内一豊像(鉄山宗鈍賛、模写)
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文14年(1545年
一説では天文15年(1546年
死没 慶長10年9月20日1605年11月1日
改名 辰之助(幼名)、一豊
別名 通称:伊右衛門、猪右衛門、対馬守
戒名 大通院殿心峯宗伝大居士
墓所 日輪山真如寺
官位 正五位下対馬守従四位下土佐守
従三位
主君 浅井新八郎前野長康牧村政倫山岡景隆→(織田信長)→豊臣秀吉秀次→秀吉→(秀頼)→徳川家康
土佐藩
氏族 藤原姓山内氏
父母 父:山内盛豊、母:法秀尼(梶原氏?)
兄弟 十郎、通、一豊康豊、米、合
正室見性院[1]
長女:与祢
養子:湘南宗化[隠し子説]忠義
養女:乾和信安東郷氏の娘で実姪)

山内 一豊(やまうち かつとよ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名土佐山内氏土佐藩初代藩主。家紋は三つ柏紋。

父は岩倉織田氏の重臣・山内盛豊、母は法秀尼[2]。祖父は久豊。兄に十郎、弟に康豊。妻は内助の功で知られる見性院[3]通称伊右衛門もしくは猪右衛門(いえもん)。後に康豊の長男・忠義(第2代藩主)を養子とした。豊臣秀吉徳川家康らに仕え、関ヶ原の戦いの小山評定において率先して徳川方に従った功績により、土佐国9万8千石を与えられた。その後、高直しにより20万2,600石に加増された。

出自と読み[編集]

出自[編集]

山内一豊出生地の碑(愛知県一宮市法蓮寺)

山内氏の出自について、江戸時代後半に作成された『寛政重修諸家譜』に土佐藩が提出した内容によれば、藤原秀郷の子孫である首藤山内氏の末裔である。ただし、首藤山内氏の明らかな末裔は戦国時代当時には別に備後に存在し(この山内氏はその後毛利氏に帰属し、江戸時代まで続いている)ている一方、一豊の山内氏は曽祖父以前から八代分について名前すら伝わっておらず、首藤山内氏の末裔であるか否かは不明である。また会津地方では蘆名氏に仕えた山内氏(首藤山内氏の庶流)の子が流浪して信長に仕えたのが一豊であるとする伝承もあるが、これは尾張時代の一豊の事績と合致しないために否定されている。

一豊の山内氏が尾張国愛知県西部)に名を表すようになったのは一豊の祖父・久豊からであると考えられている。それ以前については丹波三宮城京都府船井郡京丹波町三ノ宮)あたりを拠点としていた小豪族がそれに当たるとも考えられるが、定かではない(その可能性をにおわせる史料は残っている)。ただし一豊の父・盛豊については尾張上四郡を支配する守護代・岩倉織田氏に重臣として仕えていたことは間違いない。

「山内」「一豊」の読み[編集]

「山内」の読みについて、多くの歴史参考書や辞典などでは「やまのうち」と訓むとされてきた。これは、土佐山内氏が祖先であるとする首藤山内氏が「やまのうち」と訓むことによる。現に首藤山内氏が苗字の元とした鎌倉・山内庄(神奈川県鎌倉市山ノ内)の地名は「やまのうち」と訓む。一方、一豊の山内氏は、既出の『寛政重修諸家譜』には「やまうち」と平仮名でルビがふられている。また、淀殿の侍女大蔵卿局による一豊宛の書簡には平仮名で「やまうちつしまどの」となっており、これらの点から最近では「やまうち」と訓むのが正しいと考えられている。「一豊」の読みについては、一般的には「かずとよ」と訓まれてきたが、一豊が偏諱を家臣に与えた際の訓みから「かつとよ」と考えられている。[4]

生涯[編集]

立身[編集]

山内一豊立志像
(愛知県一宮市黒田城址)

岩倉織田氏の重臣・山内盛豊の三男として尾張国葉栗郡黒田(現在の愛知県一宮市木曽川町黒田)の黒田城、もしくは岩倉(現在の愛知県岩倉市)に生まれる[5]。当時山内家は岩倉織田氏(当主は織田信安、後に信賢)の配下で、父の盛豊は家老として仕えていた。やがて岩倉織田氏は同族の織田信長と対立する。弘治3年(1557年)に兄十郎が盗賊(織田信長の手勢であるといわれる)に黒田城を襲撃された際に討死、さらに永禄2年(1559年)に岩倉城が落城した際、父の盛豊は討死もしくは自刃する。こうして主家と当主を失った山内一族は離散し、諸国を流浪する。

一豊は苅安賀城(一宮市)主・浅井新八郎(政貞)をはじめ、松倉城岐阜県各務原市)主・前野長康美濃国牧村城(岐阜県安八郡安八町)主・牧村政倫近江国勢多城滋賀県大津市)主・山岡景隆に仕える。景隆が織田信長に逆らって出奔したことから、永禄11年(1568年)頃から信長の配下に入り、木下秀吉(後の豊臣秀吉)の下で家人となったと考えられるが、秀吉への仕官を天正2年頃とする説もある[6][7]

元亀元年(1570年)9月の姉川の戦いで初陣[8]し、天正元年(1573年)8月の朝倉氏との刀禰坂の戦いでは顔に重傷を負いながらも敵将三段崎勘右衛門を討ち取った[9]。この戦闘の際、一豊の頬に刺さったとされる矢は、矢を抜いた郎党の五藤為浄の子孫が家宝とし、現在、高知県安芸市の歴史民俗資料館に所蔵されている。これらの功績により、近江国浅井郡唐国(現在の長浜市唐国町)で400石を与えられた。

なお、「山内一豊の妻」こと見性院との結婚は、元亀年間から天正元年(1573年)の間であったと見られる。

天正4年(1576年)の竹生島奉加帳に「山内伊右衛門」と署名しており、この頃までには秀吉の直臣となっていたことが確認されている[6]

天正5年(1577年)には、播磨国有年(兵庫県赤穂市内)を中心に2,000石を領した。その後も秀吉の中国地方経略に加わり、播磨の三木城を巡る戦い(三木合戦)や因幡鳥取城包囲・高松城水攻め(備中高松城の戦い)などに参加している。

天正9年(1581年)の馬揃えの際には、妻が蓄えておいた黄金で良馬を買って夫に武士の面目を施させたという美談がある。

豊臣家の小大名として[編集]

山内一豊屋敷跡(滋賀県長浜市)

天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは、その前哨である伊勢亀山城三重県亀山市)攻めで一番乗りの手柄をあげている。また、翌12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、秀吉の命で、家康を包囲するための付城構築の作業に当たっている。

四国平定後、羽柴秀次(豊臣秀次)が大幅に加増されると、田中吉政堀尾吉晴中村一氏一柳直末と共にその宿老の1人として付けられて、天正13年(1585年)には若狭国高浜城主、まもなく秀次が近江八幡に転封すると、一豊も近江へ移り、長浜城主として2万石を領した。天正18年(1590年)の小田原征伐にも参戦し、秀次に従い山中城攻めにも参加した。織田信雄の改易に伴って再び秀次が尾張・伊勢で加増されると、一豊ら宿老衆も転封して、遠江国掛川に5万1,000石の所領を与えられた。この頃から大名としての行動が見られ、掛川では城の修築と城下町づくりを行い、更に洪水の多かった大井川の堤防の建設や流路の変更を川向いを領する駿府城主中村一氏とともに行っている。朝鮮の役では、他の秀次配下の諸大名と同じく出兵を免れたが、軍船の建造や伏見城の普請などを担当して人夫を供出した。

文禄4年(1595年)に秀次が謀反の疑いで処刑され、この頃に秀次の宿老であった前野長康渡瀬繁詮はこの事件の責任を負わされて、秀次を弁護した繁詮は切腹を命じられ、長康は中村一氏に預かりとされて蟄居後、賜死とされた。しかし一豊や田中・中村・堀尾ら配下の大名衆は、秀吉の命令を遂行して秀次らを取り調べる立場となり、秀次の処断の後で逆に遺領から8,000石を加増されている。

岐阜県不破郡関ケ原町にある関ヶ原の戦いの山内一豊陣跡(山内一豊出世の松)

秀吉の死後の慶長5年(1600年)には五大老徳川家康に従って会津の上杉景勝の討伐に参加した。家康の留守中に五奉行石田三成らが挙兵すると、一豊は下野国小山における軍議(小山評定)で諸将が東軍西軍への去就に迷う中、真っ先に自分の居城である掛川城を家康に提供する旨を発言し、その歓心を買って東軍に組した。この居城を提供する案は堀尾忠氏と事前に協議した際に堀尾が発案したが、油断してうっかり洩らしたものを聞き、自分の案として家康に申し出、感謝を受けたと言われる。また大坂の妻からの密書で石田三成の挙兵の知らせを受けたという話も有名である。これらは話の信憑性には疑問があるものの、東海道筋の他の大名である中村一氏が死の床にあり、同じく忠氏の父である堀尾吉晴も刺客に襲われて重傷を負うなど老練な世代が行動力を失っている中で、周辺の勢力が東軍に就くよう一豊が積極的にとりまとめていた。三河国吉田城主の池田輝政など、この時期に一豊とたびたび接触しており、豊臣恩顧の家臣衆の取り纏め役を果たしていたとは考えられる。

関ヶ原の戦いの前哨戦である河田島村米野村での戦いで、西軍に味方した岐阜城主の織田秀信の軍勢を、池田輝政や浅野幸長らと共に破った。本戦でこれらの武将は南宮山に陣取った毛利長宗我部軍などの押さえを担当したが、東軍に内応していた毛利軍先鋒の吉川広家隊が南宮山に蓋をしていたためにさしたる戦闘もなく、輝政を残して主戦場へ移動した。戦後は小山会議での右顧左眄(うこさべん)していた諸侯を一挙に徳川加担に向かわせた発言が功績として高く評価され、土佐国一国・9万8,000石を与えられた。後に、高直しにより20万2,600石を幕府から認められている。

土佐一国の領主として[編集]

本山白雲作の山内一豊の銅像(高知城公園)

慶長6年(1601年)、掛川から土佐に移封となり、浦戸城に入城する。大幅な加増があり、余所から入部してきた大名は、ただでさえ人手も足りなくなるので地元の元家臣を大量に雇用するのが常であったが、一領具足を中心とした旧長宗我部氏の家臣団は新領主に反発し、土佐国内で多くの紛争(旧主長宗我部盛親の復帰を求めるなど)を起こした。これに対して一豊は、新規召し抱えの家臣は上方で募るなど、重要なポストを主に外来の家臣で固めたが、有益な長宗我部旧臣は懐柔して登用した[10]。当時はまだ土佐領内に不満分子が完全に排除されていなかった為、高知城の築城の際などには一豊と同装束六人衆[11]影武者として共に現地を視察した[12]と言う。

高知平野内の大高坂山に統治の中心拠点として高知城を築城[13]し、城下町の整備を行った。領民に対して食中毒を気遣い、刺身で食べることを禁じたという話が伝わる。それに対し、領民が鰹の表面のみをあぶり、刺身ではないと言い繕って食すようになった。これが鰹のタタキの起源だとされている。

慶長8年(1603年)、豊臣姓を下賜されて[14]、従四位下土佐守に叙任された。

慶長10年(1605年)、高知城にて病死した。享年60。法名は大通院殿心峯宗伝大居士。墓所は高知県高知市天神町の日輪山真如寺の山内家墓所。京都市右京区花園妙心寺町の正法山妙心寺大通院[15]

現在、高知城には(右上の写真にある)一豊が騎馬姿でを持った姿の銅像が建てられている。

逸話[編集]

  • 戦場で部下に焼き大根を勧められたが、口が臭くなると豊臣秀吉に会う時失礼になると言い断った。[要出典]
  • 関ヶ原の戦い直前、東軍の武将達がどっちにつくか迷っていた時、掛川城と領地を自ら差し出すと宣言し、それを見た家臣も家康につくことを次々に宣言した。[要出典]
  • 見性院は子宝に恵まれなかったが一豊は側室を作ろうとしなかった。[要出典]

官歴と所領推移[編集]

見性院[編集]

一豊の妻である見性院(千代、まつ)は夫を「内助の功」で助けた賢妻とされており、嫁入りの持参金(貧しいながらも貯めたへそくりとの説もある)で名馬(鏡栗毛)を買った。この逸話は特に第二次世界大戦以前の日本において教科書に採り上げられ、女性のあるべき姿として学校教育に用いられた。真偽の程は定かではないが、千代紙の由来になった人物としても知られている。

一豊公&千代様サミット[編集]

山内一豊に関連する市町村が集まって、「一豊公&千代様サミット」が開かれている。平成6年(1994年)結成。旧土佐藩に当たる高知市では、読みについては現・山内家(元侯爵)口伝(史料、系図、家臣に与えた偏諱も同様)により「やまうち かつとよ」である。

このサミット以外に、血縁関係の市町村が結成するサミットには伊達交流サミットなどがある。

参加市町村

家臣[編集]

関連作品[編集]

小説
映画
テレビドラマ
このドラマでは司馬遼太郎原作の5つの小説の主人公が活躍しており、『功名が辻』の主人公である千代の朗らかな魅力が人気を博した。
漫画
ゲーム

史料[編集]

  • 『山内家史料一豊公記』
  • 『一豊公御武功附御伝記』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「千代」または「まつ」、若宮友興の娘、または遠藤盛数の娘とも。
  2. ^ 法秀院とする説もある。尾張の土豪・梶原氏の娘か。
  3. ^ 「千代」または「おまつ(まつ)」の名で有名だが、実名かどうかは定かでない。若宮友興の娘とも遠藤盛数の娘ともいわれる。
  4. ^ 2006年(平成18年)の大河ドラマ功名が辻』では、「かつとよ」「かずとよ」いずれの読みとするか製作サイドでも最後まで問題となったが、山内家より「親しまれている名前で呼んでやってください」とのメッセージもあり、ドラマでは「やまうちかずとよ」と読むことになった。
  5. ^ 1919年(大正8年)、岩倉の神明生田神社の遷座式で棟札が発見され、それが一豊がその地で誕生した有力な資料となり、山内家が史家沼田頼輔に調査を行わせた結果、同神社のある地を一豊誕生の地と認めて碑を建てた(神明生田神社の岩倉市教育委員会による説明板による)。
  6. ^ a b 桑田 1971, p.108
  7. ^ この時期の一豊に関する史料がなく、仕官した時期の確定は難しい。
  8. ^ 初陣の時期については諸説がある。
  9. ^ 『一豊公御武功附御伝記』によるものだが、勘右衛門の死は元亀元年という説も。
  10. ^ 例、本山氏・谷氏・吉田氏・武市氏・宮地氏・森氏など。
  11. ^ 野中玄蕃・市川大炊・柏原長宅(半右衛門)・乾宣光(七郎左衛門)・乾和三(猪助)
  12. ^ 影武者の存在などは機密事項であったため通常記録には残らないが、一豊の場合には明記されている稀有な事例である。
  13. ^ 築城奉行は、関ヶ原の戦いの後に浪人となった百々綱家を7,000石で招聘して任じ、慶長8年(1603年)に完成した。
  14. ^ 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」1996年。
  15. ^ 遺骨があるのは日輪山真如寺の墓所、妙心寺大通院には位牌のみ。
  16. ^ 小和田哲男(編集)、榛村純一(編集) 『山内一豊と千代夫人にみる戦国武将夫妻のパートナーシップ』 清文社、2000年5月10日ISBN 978-4433272500

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]