群馬郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
群馬県群馬郡の範囲(黄・薄黄:第1次・第2次ともに所属 桃:第1次のみ所属 水色:第2次のみ所属 薄黄:後に他郡に編入された区域)

群馬郡(ぐんまぐん)は、群馬県上野国)にあった

郡域[編集]

1896年(明治29年)に発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

  1. 烏川以東
  2. 石原町、乗附町、寺尾町、聖石町、片岡町一 - 三丁目、八千代町一 - 四丁目および城山町一・二丁目の一部)

歴史[編集]

飛鳥藤原宮出土の木簡に、「上毛野国車評」と書かれたものが見つかっている。群馬はもともと、上毛野国(後の上野国)の(後の郡)としてある「車(くるま)」という地名であった。

評が郡に変わって車郡になってから、奈良時代713年(和銅6年)に好字二字で地名を表すことになったとき、群馬郡(くるまのこおりくるまぐん)に改名されたと推測されている。字の選択にあたっては、この辺りが馬産地であったことが考慮されたと思われる。

「ぐんま」の読みは後になって生まれたもので、「くるま」は江戸時代まで使われていた。「ぐんま」に確定したのは明治時代からである。

群馬郡(第1次)[編集]

所属町村の変遷は東群馬郡#郡発足までの沿革西群馬郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

群馬郡(第2次)[編集]

1.高崎町 2.佐野村 3.倉賀野町 4.岩鼻村 5.大類村 6.滝川村 7.京ヶ島村 8.東村 9.元総社村 10.新高尾村 11.中川村 12.塚沢村 13.六郷村 14.長野村 15.久留馬村 16.室田村 17.倉田村 18.車郷村 19.箕輪村 20.相馬村 21.上郊村 22.堤ヶ岡村 23.国府村 24.総社町 25.金古町 26.清里村 27.駒寄村 28.古巻村 29.明治村 30.桃井村 31.豊秋村 32.渋川町 33.伊香保町 34.金島村 35.長尾村 36.白郷井村 37.小野上村 41.片岡村(紫:高崎市 桃:前橋市 赤:渋川市 黄:吉岡町 橙:榛東村 水色:佐波郡玉村町 38は吾妻郡高山村)
1.高崎町 2.佐野村 3.倉賀野町 4.岩鼻村 5.大類村 6.滝川村 7.京ヶ島村 8.東村 9.元総社村 10.新高尾村 11.中川村 12.塚沢村 13.六郷村 14.長野村 15.久留馬村 16.室田村 17.倉田村 18.車郷村 19.箕輪村 20.相馬村 21.上郊村 22.堤ヶ岡村 23.国府村 24.総社町 25.金古町 26.清里村 27.駒寄村 28.古巻村 29.明治村 30.桃井村 31.豊秋村 32.渋川町 33.伊香保町 34.金島村 35.長尾村 36.白郷井村 37.小野上村 41.片岡村(紫:高崎市 桃:前橋市 赤:渋川市 黄:吉岡町 橙:榛東村 水色:佐波郡玉村町 38は吾妻郡高山村)
平成の大合併前の自治体(番号なし。紫:高崎市 青:群馬町 薄紫:箕郷町 青紫:榛名町 黄緑:倉渕村 桃:前橋市 赤:渋川市 黄:吉岡町 橙:榛東村 茶:伊香保町 緑:子持村 赤茶:小野上村 水色:玉村町)
平成の大合併前の自治体(番号なし。紫:高崎市 青:群馬町 薄紫:箕郷町 青紫:榛名町 黄緑:倉渕村 桃:前橋市 赤:渋川市 黄:吉岡町 橙:榛東村 茶:伊香保町 緑:子持村 赤茶:小野上村 水色:玉村町)
  • 明治29年(1896年
  • 明治33年(1900年)4月1日 - 高崎町が市制施行して高崎市となり、郡より離脱。(5町33村)
  • 明治38年(1905年)4月1日 - 室田村が町制施行して室田町となる。(6町32村)
  • 大正10年(1921年)4月1日 - 箕輪村が町制施行して箕輪町となる。(7町31村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和2年(1927年)4月1日 - 塚沢村・片岡村が高崎市に編入。(7町29村)
  • 昭和14年(1939年10月1日 - 佐野村が高崎市に編入。(7町28村)
  • 昭和17年(1942年)7月1日 - 「群馬地方事務所」が高崎市に設置され、本郡を管轄。
  • 昭和24年(1949年)10月1日 - 渋川町・伊香保町・金島村・古巻村・豊秋村・駒寄村・明治村・桃井村・長尾村・白郷井村・小野上村の2町9村の区域をもって北群馬郡を設置。(5町19村)
  • 昭和26年(1951年)4月1日 - 六郷村が高崎市に編入。(5町18村)
  • 昭和29年(1954年)4月1日 - 総社町・東村・元総社村が前橋市に編入。(4町16村)
  • 昭和30年(1955年
    • 1月20日(4町13村)
      • 清里村および新高尾村の一部(大字鳥羽)が前橋市に編入。
      • 中川村および新高尾村の残部(大字新保田中・新保・日高・中尾)が高崎市に編入。
    • 2月1日(4町13村)
    • 3月1日 - 久留馬村が榛名町に編入。(4町12村)
    • 4月1日(4町9村)
      • 箕輪町・車郷村が合併して箕郷町が発足。
      • 金古町・堤ヶ岡村・国府村が合併して群馬町が発足。
    • 8月1日 - 長野村が高崎市に編入。(4町8村)
  • 昭和31年(1956年9月30日(4町6村)
    • 大類村が高崎市に編入。
    • 滝川村・京ヶ島村が合併して群南村が発足。
  • 昭和32年(1957年
    • 3月30日
      • 相馬村の一部(大字広馬場)が北群馬郡桃井村と合併し、改めて北群馬郡桃井村(現榛東村)が発足、郡より離脱。
      • 相馬村の残部(大字柏木沢)が箕郷町に編入。(4町5村)
    • 4月1日 - 上郊村の一部(大字中里・保渡田・井出)が群馬町、残部(大字生原)が箕郷町に分割編入。(4町3村)
    • 8月1日(4町2村)
      • 群南村の一部(大字宇貫および八幡原の一部)が佐波郡玉村町・上陽村と合併し、改めて佐波郡玉村町が発足、郡より離脱。
      • 岩鼻村の一部(大字綿貫・栗崎)が群南村、残部(大字岩鼻・台新田・東中里・矢中)が高崎市に分割編入。
    • 10月15日 - 群南村の一部(大字板井)が佐波郡玉村町に編入。
  • 昭和34年(1959年)4月1日 - 箕郷町の一部(大字柏木沢の一部)が桃井村に編入。
  • 昭和38年(1963年3月31日 - 倉賀野町が高崎市に編入。(3町2村)
  • 昭和40年(1965年9月1日 - 群南村が高崎市に編入。(3町1村)
  • 平成8年(1996年7月1日 - 倉淵村が倉渕村に改称。
  • 平成18年(2006年
    • 1月23日 - 箕郷町・群馬町・倉渕村が高崎市に編入。(1町)
    • 10月1日 - 榛名町が高崎市に編入。同日群馬郡消滅。

変遷表[編集]

行政[編集]

群馬郡(第2次)長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治29年(1896年)4月1日
大正15年(1926年)6月30日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1878年 (第1次)
次代:
東群馬郡西群馬郡
先代:
西群馬郡片岡郡
行政区の変遷
1896年 - 1949年 (第2次・分割前)
次代:
群馬郡(第2次)・北群馬郡
先代:
群馬郡(第2次)
行政区の変遷
1949年 - 2009年 (第2次・分割後)
次代:
(消滅)