藤堂氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤堂氏
家紋
藤堂蔦
本姓 藤原北家長家流?
家祖 藤堂虎高?
種別 武家
華族伯爵
出身地 近江国犬上郡藤堂村
主な根拠地 伊勢国
伊賀国
著名な人物 藤堂高虎
支流、分家 名張藤堂家(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

藤堂氏(とうどうし、とうだうし)は、日本氏族近江国犬上郡藤堂村(現在の滋賀県犬上郡甲良町在士)が発祥。戦国時代藤堂高虎が出て発展し、江戸時代津藩を領する外様大名となった。

出自[編集]

藤堂氏の出自については諸説ある。

はじめは中原氏を称していた(歴名土代)。藤堂高虎のとき近衛信尋と親しかったことから藤原氏を称したらしく、『寛政譜』において自家を藤原氏としている。

歴史[編集]

近江国豪族であったが、虎高武田信虎に仕えて偏諱を受けたという。のち浅井亮政に仕えた(『寛政重修諸家譜』、太田亮『姓氏家系大辞典』)。

虎高の子・高虎は、浅井氏阿閉氏磯野氏織田氏豊臣氏徳川氏と主を次々と乗り換え、最後は伊勢国津藩三十万石を手に入れる事に成功している。

幕末鳥羽・伏見の戦いが起こった際、俗説では、当主藤堂高猷は真っ先に幕府方から官軍に寝返って幕府方に砲撃を加え、「津藩は藩祖の教えがよく受け継がれている」と称されたという。

維新後、本家は伯爵、大名の分家は子爵に列した。

藤堂氏は高虎の子孫たる津藩藩主家と支藩のほか、高虎の兄弟と高虎養子・高吉の子孫が連枝としてあった。なお藩主夫人の実家も藤堂姓を名乗っている。また血縁関係に関係なく、高虎の草創期からの功臣にも藤堂姓が与えられていた。

系譜[編集]

藤堂新七郎家[編集]

藤堂玄蕃家[編集]

藤堂仁右衛門家[編集]

藤堂出雲家[編集]

藤堂内匠家[編集]

名張藤堂家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三井乗綱の子。
  2. ^ 丹羽長秀の3男。
  3. ^ a b 藤堂出雲家・藤堂高明の子。
  4. ^ a b 藤堂出雲家・藤堂高武の2男。
  5. ^ 藤堂出雲家・藤堂高武の4男。
  6. ^ 藤堂出雲家・藤堂高周の長男。
  7. ^ 藤堂出雲家一族・藤堂高璞の子。
  8. ^ 名張藤堂家・藤堂長徳の2男。
  9. ^ 織戸正満の4男。
  10. ^ 名張藤堂家・藤堂高節の子。
  11. ^ 藤堂出雲家・藤堂高英の子。
  12. ^ 藤堂宗家・藤堂高嶷の8男。
  13. ^ 丹羽長秀の3男。
  14. ^ 藤堂宗家・藤堂高兌の子。
  15. ^ 藤堂采女家・藤堂元晋の子。
  16. ^ 子爵・竹内治則の子。

参考文献[編集]

系図参考文献

外部リンク[編集]