勢多郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
群馬県勢多郡の範囲(黄・薄黄:第1次・第2次ともに所属 桃:第1次のみ所属 水色:第2次のみ所属 薄黄:後に他郡に編入された区域)

勢多郡(せたぐん)は、群馬県上野国)にあった

郡域[編集]

勢多郡(第1次)[編集]

概ね上記の区域を合わせたものだが、行政区画として画定されたものではない。

勢多郡(第2次)[編集]

1896年(明治29年)に発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

  1. 1892年(明治25年)に市制を施行し、前橋市となった区域
  2. 利根川以西
  3. 山王町、西善町、中内町、東善町および山王町一・二丁目の一部
  • 渋川市(北橘町各町、赤城町各町)
  • 桐生市(新里町各町、黒保根町各町)
  • みどり市(大間々町上神梅、大間々町下神梅、大間々町塩沢)

歴史[編集]

明治以前までは赤城山の山麓全域にまたがる郡であったが、その後の郡の再編によって群馬郡利根郡との事実上の境界線変更が行われ、郡域が赤城山以南、利根川以東に確定した。

郡名の初見は『続日本紀』の天平勝宝元年閏5月20日。勢多郡少領の上毛野足人が記されている。このため上毛野氏の勢力範囲にあったと思われる。建郡年代や古代の郡域は共に不明であるが、中世には赤城山を中心にその山麓に広がっていた。

延喜式神名帳には名神大社である赤城神社(論社3社)が記載される。また赤城神社は上野国二宮でもある。

荘園については、大室庄、拝志庄、山上保、大胡郷などが郡内に存在していた。山上、大胡からはのちに秀郷流藤原氏の山上氏、大胡氏が出ている。

戦国時代、上杉憲政が上野での勢力を喪失したのち、勢多郡は武田氏長尾上杉氏後北条氏の三勢力の接する場となり、領主もめまぐるしく変わる争奪地となった。その後武田・上杉の勢力後退によって、天正年間後期にはほぼ全郡が後北条氏の勢力下に入った。

後北条氏の後、徳川家康配下の諸大名に勢多郡は領有された。南西部に前橋藩、南部に大胡藩、北部に沼田藩、そのほか天領旗本領が混在していた。1616年(元和2年)には領主転出に伴い大胡藩が前橋藩領となった。

勢多郡(第1次)[編集]

所属町村の変遷は南勢多郡#郡発足までの沿革北勢多郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

勢多郡(第2次)[編集]

1.南橘村 2.北橘村 3.横野村 4.敷島村 5.富士見村 6.芳賀村 7.桂萱村 8.木瀬村 9.荒砥村 10.大胡村 11.宮城村 12.粕川村 13.新里村 14.黒保根村 15.東村 22.上川淵村 23.下川淵村(桃:前橋市 赤:渋川市 橙:桐生市 黄:みどり市 21.は当時の前橋市 -は近世の勢多郡に含まれる地域)
1.南橘村 2.北橘村 3.横野村 4.敷島村 5.富士見村 6.芳賀村 7.桂萱村 8.木瀬村 9.荒砥村 10.大胡村 11.宮城村 12.粕川村 13.新里村 14.黒保根村 15.東村 22.上川淵村 23.下川淵村(桃:前橋市 赤:渋川市 橙:桐生市 黄:みどり市 21.は当時の前橋市 -は近世の勢多郡に含まれる地域)
平成の大合併前の自治体(番号はほとんど上図と同じであるが、旧東群馬郡は40-42となる。桃:前橋市 青紫:大胡町 紫:粕川村 薄青:宮城村 茶:富士見村 赤:赤城村 紅:北橘村 橙:新里村 黄:黒保根村 黄緑:東村 黄土:大間々町)
平成の大合併前の自治体(番号はほとんど上図と同じであるが、旧東群馬郡は40-42となる。桃:前橋市 青紫:大胡町 紫:粕川村 薄青:宮城村 茶:富士見村 赤:赤城村 紅:北橘村 橙:新里村 黄:黒保根村 黄緑:東村 黄土:大間々町)

変遷表[編集]

行政[編集]

勢多郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治29年(1896年)4月1日
大正15年(1926年)6月30日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1878年 (第1次)
次代:
南勢多郡北勢多郡
先代:
東群馬郡南勢多郡
行政区の変遷
1896年 - 2009年 (第2次)
次代:
(消滅)