粕川村 (群馬県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
粕川村
廃止日 2004年12月5日
廃止理由 編入合併
粕川村大胡町宮城村前橋市
現在の自治体 前橋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
勢多郡
面積 25.97km²
総人口 11,756
(2004年12月4日)
隣接自治体 大胡町宮城村富士見村
新里村赤堀町前橋市
村の木 クロマツ
村の花
粕川村役場
所在地 371-0217
群馬県勢多郡粕川村西田面216-1
Maebashi city Kasukawa branch office.jpg
外部リンク 粕川村公式HP
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

粕川村(かすかわむら)は、群馬県勢多郡に存在した。2004年12月5日をもって大胡町宮城村とともに前橋市へ編入合併され、独立した行政としての粕川村はなくなった。現在、粕川村であったところの住所は前橋市粕川町「かすかわまち」となった。また、伊勢崎市太田市(旧尾島町粕川)にも「粕川町」がありいずれも「かすかわちょう」である。

地理[編集]

群馬県のほぼ中央に位置し、目の前には赤城山があり、南北に粕川が流れ、上毛電気鉄道が西東に横断している。南北に長く広がっておる。冬には北西からからっ風が吹く。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)に14村が合併し粕川村となる。村名は村内で行われる400年以上も続く神事、ささら祭りの儀式の中で、川に酒粕を流したことに由来している。
  • 被差別部落の調査報告書『全国部落調査』(群馬県 昭和10年2月現在)によれば、粕川村込皆戸は「戸数121、人口716、主業は農・商業、副業は竹細工、藁細工、商、生活程度は下」である[1]。粕川村膳は「戸数25、人口176、主業は農業・商業・土木、副業は藁細工・土木、生活程度は下」である[2]
  • 1966年の「ひのえうま」に際し、金子裕村長が主導して「迷信追放の村」を宣言、村役場は丙午には根拠がないことを広報するなど取り組んだことで全国的な注目を集めた[3]
粕川村閉村之碑
  • 合併後の住所
    • 合併に際しての住民アンケートで住所に関して下記のような候補が挙げられた(○○は粕川村の時の大字名が入る)。
      • 前橋市粕川町○○
      • 前橋市粕川町
      • 前橋市○○町
    • このアンケートの結果、多くの人に支持を得た、前橋市粕川町○○が決まった(例:粕川村大字西田面 → 前橋市粕川町西田面)。
    • 合併後も粕川の名が残る形となった。同じく合併する大胡町、宮城村は、前橋市○○町と旧大字名が市の町名になった。大胡町の場合は大字名に大胡という地名があるため名前が残ったが、宮城村は大字名に宮城という名がないため住所から宮城という名は消滅した形となった。

行政[編集]

  • 村長:後閑千代壽(2002年3月23日~2004年12月4日)

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業
  • 産業人口(1999年)
第一次産業人口 828人
第二次産業人口 2339人
第三次産業人口 3030人

地域[編集]

大字[編集]

粕川村で使われていた大字は、下記の通り前橋市に合併された際、前橋市粕川町○○のようになった。

健康[編集]

  • 平均年齢

教育[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

高速道路

北関東自動車道 伊勢崎インターチェンジ(伊勢崎市)

一般国道
市町村内を走る一般国道:国道353号
県道
市町村内を走る県道:群馬県道3号前橋大間々桐生線

史跡[編集]

出身有名人[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『全國部落調査』、財団法人中央融和事業協会、1936年、p70
  2. ^ 『全國部落調査』、財団法人中央融和事業協会、1936年、p71
  3. ^ 昭和史再訪セレクション Vol.78 ひのえうま 迷信追放に挑んだ村”. 朝日新聞. 2012年2月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


このページはウィキプロジェクト 日本の市町村のテンプレートを使用しています。