新田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新田町
廃止日 2005年3月28日
廃止理由 新設合併
太田市、新田町尾島町藪塚本町太田市
現在の自治体 太田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
新田郡
面積 38.22km2
総人口 29,477
(2005年3月1日)
隣接自治体 太田市伊勢崎市
新田郡尾島町藪塚本町
新田町役場
所在地 370-0392
群馬県新田郡新田町大字金井29
(現・群馬県太田市新田金井町29)
太田市役所新田支所(旧新田町役場)
 表示 ウィキプロジェクト

新田町(にったまち)は、群馬県南東部、新田郡にあった人口 約2万9千のである。新田町は2005年3月27日に閉町し、2005年3月28日に(旧)太田市、尾島町藪塚本町との合併で太田市となった。太田市内の旧新田町地域では、旧地名の前に「新田」が付いている。

町の中央を群馬県道2号前橋館林線が走り、その沿線に大型のホームセンタージョイフル本田新田店がある。

地理[編集]

隣接自治体[編集]

歴史[編集]

  • 合併前の木崎町にあたる土地に日光例幣使街道木崎宿が存在し、明治時代初期まで遊女の街として栄えていた。当時の遊女は越後から売られてきた娘達であり、彼女らの歌った越後口説が地元民に伝染し、木崎に伝わる木崎音頭や八木節になったという。

沿革[編集]

合併前までの町長[編集]

  • 山﨑 昭(やまざき あきら)(2005年3月28日 - 4月17日まで太田市長職務執行者を任務していた。)

道路[編集]

国道[編集]

県道[編集]

鉄道[編集]

史跡[編集]

ショッピング[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山下清海(2014)"斎藤 功先生のご逝去を悼む"地理学評論日本地理学会).87(4):351-352.(351ページより)

関連項目[編集]