この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

斎藤佑樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
斎藤 佑樹
北海道日本ハムファイターズ #18
Yuki Saito on March 16, 2012.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県太田市
生年月日 (1988-06-06) 1988年6月6日(28歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1位
初出場 2011年4月17日
年俸 2,000万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手投手)。

愛称は「佑ちゃん」、「ハンカチ王子」。

経歴

プロ入り前

群馬県太田市出身[2](東京都に存在する早稲田実業高校を卒業しているため、一時期、斎藤自身が東京出身と称していたこともあるが、誤りである)。漫画『MAJOR』を兄とともに愛読し、新田町立生品小学校[2](現・太田市立生品小学校)在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。同町立生品中学校(現・太田市立生品中学校)では軟式野球部に所属[2]。群馬県大会では準優勝、関東大会ではベスト8まで進み、このころ地元紙・上毛新聞に取り上げられる。2002年夏の甲子園大会(第84回選手権大会)で群馬代表・桐生市立商業高校の応援のために阪神甲子園球場へ足を運んだことが、甲子園に憧れを持つきっかけになった[要出典]

高校時代

2004年
「野球も勉強もトップレベルの高校で文武両道を目指す」との理由で推薦入試で早稲田実業学校高等部に進学[3]。実家を離れ、東京で兄と二人暮しを始める。野球部では和泉実監督の指導を受け、1年からベンチ入りした。
2005年
背番号1をつけて臨んだ2年夏の西東京大会では、日本大学第三高校との準決勝で3本の本塁打を浴びてコールド負けを喫した。2年秋の都大会では新チームの副キャプテンを任された。準決勝では2度目の日本大学第三高校との対戦で完封勝利を挙げ、決勝も制し24年ぶりの優勝。同年11月の第36回明治神宮野球大会では準決勝で駒澤大学附属苫小牧高校と対戦したがチームは敗れベスト4。この時初めて、後に甲子園決勝で再戦することとなる田中将大と投げ合っている[4]
2006年
春の甲子園大会(第78回選抜大会)に出場。2回戦で関西高等学校を引き分け再試合の末勝利を収める[注 1]も、準々決勝で横浜高校に敗退。同年夏(3年時)の西東京大会では、決勝で三たび日本大学第三高校と対戦。延長戦の末サヨナラ勝ちを収め、夏の甲子園大会出場を決めた[5]
決勝再試合のスコアボード
同年夏の甲子園(第88回選手権大会)では、2回戦の大阪桐蔭高校戦で、プロ入り後にチームメイトとなる中田翔と対戦し、4打数無安打3三振に封じる。同大会で早実は26年ぶりに決勝戦に進出(荒木大輔を擁した1980年以来)。8月20日の決勝戦では、夏の甲子園大会で3連覇を目指す駒大苫小牧高校のエースに成長した田中将大との投手戦になり、延長15回でも決着がつかず、1969年夏(第51回選手権大会)の松山商業高校三沢高校戦以来37年振りの決勝引き分け再試合となった(→第51回全国高等学校野球選手権大会決勝[6][7]。翌日の再試合でも斎藤は自ら先発を志願し4連投、最後は田中を三振に打ち取って[8]13奪三振で接戦を制し、早実を初の夏の甲子園大会優勝に導いた[2][9][10][11]。この大会での投球回69、投球数948はどちらも一大会における記録としては史上1位。一大会における奪三振78は、1958年の板東英二徳島商業高校)の83個に次いで歴代2位となった。
9月11日、自身の進路について記者会見の場で大学進学を表明。「自分は人間としても野球選手としても未熟。大学に進んで成長したい」と語る一方、日米親善高校野球大会でアメリカ遠征している間に気持ちが揺れたことも明かした。9月30日から兵庫県で開催された第61回国民体育大会(のじぎく国体)は、決勝戦で夏の甲子園大会決勝戦と同じく駒大苫小牧高校と対戦し、ここでも再び田中との対決(この日最後の打者は田中)となったが、結果は1 - 0で早実が勝利し斎藤は再び優勝投手となった。

大学時代

2007年
早稲田大学教育学部社会科社会科学専修に入学し、早稲田大学野球部に入部[12]。背番号は「16」。4月14日から始まった2007年東京六大学野球春季リーグ戦において、斎藤は開幕戦となる東京大学戦で先発を務め勝利投手になった。1年生春の開幕投手での勝利は、1927年の宮武三郎慶應義塾大学)以来80年振り[2]6月3日の優勝が懸かった早慶戦でも先発を任され、この試合で早稲田大学は勝利し、斎藤はリーグ戦優勝投手となった。斎藤のこのリーグ戦での成績は4勝(リーグ1位タイ)0敗、防御率1.65(同3位)。他にプロ野球ならセーブが付く場面での交代完了が2試合あり(東京六大学リーグにはセーブの制度はない)、チームの10勝中6勝に関与し優勝に大きく貢献した。また1年生投手としては史上初となるベストナインにも選出された。
6月、第56回全日本大学野球選手権大会では2回戦・準決勝・決勝の3試合に登板。準決勝・決勝では2日連続して先発を務め、それぞれ1失点で後続につないで2勝を記録、チーム33年ぶりの優勝に貢献し、1年生では史上初めて最高殊勲選手(MVP)に選ばれた。同年7月、アメリカで開催された第36回日米大学野球選手権大会日本代表に選出。代表チームでの背番号は「20」。第3戦で先発し、日本チームは敵地開催で初の優勝、斎藤は同大会日本代表の1年生投手としては史上初の勝利投手となった。9月に始まった東京六大学秋季リーグ戦では、開幕戦となる対東京大学1回戦で先発を務め、勝利投手となる。1年生投手が春秋ともに開幕戦の先発を務めるのは1929年の古館理三(帝国大学)以来4人目、1年生投手が春秋ともに開幕戦勝利を収めたのは宮武以来80年ぶり。対法政大学4回戦ではリーグ戦初完投勝利(チームにとっても2季ぶり)を収め、早稲田大学の3季連続優勝がかかった慶應義塾大学との3回戦ではリーグ戦初完封に加え自己最多の15奪三振を記録、春に続き優勝決定試合での勝利投手となった。2007年秋期リーグでの成績のうち、防御率0.78は最優秀防御率賞で、2季連続のベストナインにも選ばれた。1年生投手の春秋連続ベストナイン受賞は史上初。また、4勝はリーグ最多勝、与四死球率1.55(57.2投球回で四死球10)はリーグ最少だった。
2008年
7月にチェコで開催された第4回世界大学野球選手権日本代表に選出。また秋季リーグ戦から背番号を「1」に変更し、自身最高の7勝(リーグ最多勝)を挙げ2季ぶりの優勝に貢献した。3回目のベストナインにも初の満票で受賞。優勝時のヒーローインタビューでは1年次からバッテリーを組んでいた細山田武史への感謝の思いを語った。
2009年
7月に開催された第37回日米大学野球選手権大会日本代表に選出。この年のリーグ戦は春4勝2敗、秋3勝2敗と本来の力を発揮できず、チームも優勝を逃した。本人はインタビューでこの年に球速を追い求めた結果フォームを崩してしまい、思った投球ができなかったと語っている。同年、秋季リーグ戦終了後に早稲田大学野球部第100代主将に就任。それに伴い背番号を「10」に変更。11月22日、史上初のプロ野球と大学野球それぞれの選抜チームによる交流戦『U-26 NPB選抜 対 大学日本代表』に先発投手として登板。翌日23日はオール早慶戦で3年ぶりに甲子園で登板。
早稲田大学時代の斎藤(2010年)
2010年
7月30日から日本で開催された第5回世界大学野球選手権大会の日本代表に選出。秋季リーグ戦では、早慶戦2日目で早稲田大学と慶應義塾大学が勝率で並び、11月3日に50年ぶりの早慶優勝決定戦が行われることとなった。明治神宮野球場は超満員の36,000人の観衆を集め、その中斎藤は先発し8回途中までノーヒットノーランの好投をし、試合も10-5で早稲田大学が優勝。11月13日から開催された第41回明治神宮野球大会・大学の部でも1回戦から決勝戦まで登板し、同大会において早稲田大学初優勝に貢献。主将として大学最後の年にリーグ戦優勝、大学日本一というこれ以上ない有終の美を飾ることとなった。大学4年間を通じて、東京六大学野球史上6人目となる通算30勝300奪三振を達成(31勝323奪三振)。また世界大学野球選手権大会日米大学野球選手権大会に大学日本代表として4年連続選出されたのは史上初。
10月28日に開催されたプロ野球ドラフト会議にて、東京ヤクルトスワローズ北海道日本ハムファイターズ千葉ロッテマリーンズ福岡ソフトバンクホークスの4球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。同会議では早稲田大学の同期生である大石達也福井優也も、それぞれ埼玉西武ライオンズ広島東洋カープに1位で指名され(大石は広島を含む他5球団との競合)、プロ野球ドラフト会議において同一大学の投手3人が1位指名を受けたのは同会議史上初、ポジションに関わらず3人が1位指名されたのは、1996年青山学院大学井口資仁澤崎俊和清水将海)以来となった。10月30日から早慶戦を控えていたため当日には記者会見は行われず、早慶優勝決定戦翌日の11月4日に大石、福井とともに会見が開かれ、プロ入りへの意気込みを語った。12月6日に日本ハムとの初交渉に臨み、新人としては最高評価の年俸1500万円、契約金1億円、出来高5000万円(金額は推定)で仮契約した[13]12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、2003年新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われた。会見には監督の梨田昌孝と球団社長の藤井純一が同席し、背番号「18」のユニフォーム姿をお披露目した。その後、梨田が捕手となりマウンドでプロ第一球を披露し、トークショー、サインボール投げ入れなどのセレモニーが行われた。
卒業論文のテーマは「スポーツの地方興行と観客動員の地域の中での経済効果について」。日本ハムがかつて本拠地を東京から札幌に移転したことによる地域に与えた経済的影響などについて書いた。

プロ入り後

2011年
オープン戦の時期に斎藤の投球を観戦し、その試合後にテレビ番組の企画で[要出典]斎藤と対談した野村克也は、斎藤の低めへのコントロールの秀逸さを褒め、「よい配球をすれば毎年10勝以上できるよ」と評価した。また野村は斎藤の礼儀正しさと精神力に感心し「大人しいようで、きちんというべきところでは自己主張している。骨があるピッチャーだ。今日から佑ちゃんのファンになったよ」とも発言していた。ただしこの対談で野村は「マー君は速球派になるか技巧派になるか悩んで成績を落としたことがある。どちらを目指すにしても、速球派・技巧派をきちんと定義して取り組むように」ともアドバイスをしている。4月17日、札幌ドームの千葉ロッテマリーンズ戦に先発でプロ初登板し、5回4失点(自責点1)で初勝利。同期入団のルーキーの中で初勝利一番乗りとなった。投球については投手コーチの吉井理人から変化球が多い事を問題視され、直球の割合を増やす事を課題とされた。5月8日の福岡ソフトバンクホークス戦(札幌ドーム)に先発で1回を3者凡退に抑えたが、左脇腹の違和感を訴えて降板。左内腹斜筋の筋挫傷で全治2~3週間と診断され、出場選手登録抹消となった。6月29日に一軍復帰。7月22日からのオールスターゲームでは2試合の登板を無失点に抑え、スカイアクティブテクノロジー賞を受賞。シーズンでは故障もありながらローテーションの5番手に加わり6勝6敗防御率2.69とまずまずの成績を挙げた一方で、投球イニングの少なさ(QS率は42.1%)や被打率の高さ、WHIPは1.47と課題も残した。当時日本ハムの監督だった梨田昌孝は、この年亡くなった西本幸雄からシーズン前に斎藤の投球フォームについて「あいつの投げ方はあかん。左足が突っ立っとる。右腕が棒のようにかかっとるやないか。能見篤史のように、腕をしならせて投げるよう、指導せえ」と言われていたことを11月29日に行われた西本の告別式で明かした[14]クライマックスシリーズでは登板機会が無かった。
2012年
3月19日、プロ入り2年目で自身初の開幕投手に指名され、3月30日の開幕戦(札幌ドーム、埼玉西武ライオンズ戦)にて9回1失点で初の完投勝利を挙げた。プロ野球の開幕戦で初完投勝利を記録したのは1962年柿本実中日ドラゴンズ)以来50年振り。パ・リーグでは1950年榎原好毎日オリオンズ)以来62年振り2人目。4月20日の対オリックス・バファローズ戦には初完封勝利を挙げた。6月6日の対広島東洋カープ戦(札幌ドーム)で自身の誕生日をバースデー勝利で飾るも、6戦連続で勝ち星から遠ざかるなど成績不振に陥り、7月30日に再調整のため出場選手登録抹消となった。若手主体のフューチャーズや社会人JX-ENEOS野球部に打ち込まれるなど、2軍でも7試合に先発し1勝5敗、防御率5.05、WHIP1.56と結果を残せなかったが、9月29日に2ヶ月ぶりに1軍へ復帰。1試合中継ぎ登板した後、10月5日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発するも、4回2/3を6失点と打ち込まれ8敗目を喫し、翌日に登録を抹消されレギュラーシーズンを終えた。シーズン通算で被打率.300、被出塁率.374、QS率50%、失点率5.19という内容に終わり、RSAAは-20.74と、規定投球回数未満を含む12球団の全投手の中でワーストであった。クライマックスシリーズでは登板機会は無く、読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第5戦の8回表から6点ビハインドの状況で敗戦処理として自身初のポストシーズン登板を果たし、プロ入り後の自己最速タイとなる147km/hを記録したが、鈴木尚広松本哲也にタイムリーを浴びるなど2回2失点(自責2)という結果に終わった[15]。シーズンを通して投球フォームが定まらず、本人は結果と調子の感覚が一致しなかったという[16]。オフの11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され[17]代表入りした[18]。シーズン終了後の契約更改では、500万円増の3500万円で更改した。この年の夏頃から肩に違和感を抱きはじめていたが、フォーム調整のために投げ込みを続けた結果痛みが悪化し、11月の終わりに右肩の関節唇損傷と診断された[19]
2013年
前年の右肩痛の影響もあり2軍スタート。二軍で9失点を喫した後に復帰を果たすものの、5回もたずKOされ、1軍での登板はその1試合のみに留まり、二軍での成績も1勝3敗、防御率8.61に終わった。秋のフェニックス・リーグでも中盤に打ち込まれる場面が目立ち、1勝2敗、防御率7.18でシーズンを終了した[20]
2014年
7月31日の対ロッテ戦(QVC)で先発し、5回まで毎回走者を出しながらも、6イニングを6安打、ソロ本塁打による1失点で抑え、2012年6月6日の対広島戦以来785日ぶりに勝利投手となった[21]。2軍では17試合に登板し、1勝7敗、防御率4.73の成績に終わった。
2015年
この年も不振を脱却することができず、12試合の登板で1勝3敗、防御率5.74と不本意な成績で終わった。

選手としての特徴

斎藤の投球フォーム(2006年)

オーバースローから投げる平均球速約139km/h[22]、プロでの最速147km/h[15]ストレートスライダー[23]フォークボールツーシームカットボールを軸とし、稀にチェンジアップ[23]カーブを混ぜる投球を見せる[24]。打球がゴロになりやすい投球で、2012年には全打球の半分以上をゴロにしている[25]。「アマチュア時代の経験が感覚を研ぎ澄ませてくれた」と言い[26]、ボールをリリースする直前に「打たれる」と思った瞬間、身体が反射的に反応してボール球を投げる「危険察知能力」を強みとし[26]、2012年は得点圏での被打率が低かった[26]。2012年には、ストレートの空振り率が2パーセントと一軍では最低レベルの数値を記録した球威不足のため、初球のストライク率が低いボール先行の投球となり[27]、2014年まで通算与四球率3.54と制球に苦しんでいる。

大学時代は自己最速150km/h[28]を記録し、投球の半分近くを低めに集める制球力を武器としてきた[26]。大きな注目を集めるきっかけとなった高校時代の投球は、当時の日本プロ野球を代表する投手だった松坂大輔から「考えて投げているのが分かる。プロでも、あそこまでイメージして投げている投手はなかなかいないんじゃないですか」と評され[29]、同じく当時のメジャーリーグを代表する左腕投手だったヨハン・サンタナからは「変化球がいいね。打者へのアプローチが違う。すごい! いつの日かこっちでプレーするのを見たいねえ」と評された[30]。上述の高校3年夏の甲子園の決勝戦だけでなく、同年の西東京予選の決勝戦でも221球投げており、最終イニングとなった11回表には149km/hを記録した。また、大学4年間で故障や病気で離脱したことはなく、練習を休んだこともなかった[24]。高校2年までは被安打や味方の失策からマウンド上で感情を表に出すこともあったが、早稲田実業野球部のOBから「投手がマウンド上で怒って、何か得をするのか?」と言われ、以来あまり表情を変えないようにしている[31]。また、高校2年春の甲子園で打ち込まれたことをきっかけに、早稲田大学の先輩である佐竹功年を参考に膝を折り曲げて腰の位置を強制的に落とす投球フォームに改造したことで球質が向上した[12]。フォーム改造に一役買ったのは宮本賢(当時早稲田大学野球部主将・後にプロでチームメイトになった)の助言であるという[32]

打者としては、高校3年時の甲子園大会で六番打者を務め、甲子園通算2本塁打を記録。大学時代では通算1本塁打を記録。

人物

家族は父・母・兄・祖母がいる。父はかつて群馬県立前橋工業高校富士重工業硬式野球部に所属し、野球の練習に厳しかったという。3歳違いの兄は群馬県立桐生高校の一番打者として県大会[いつ?]ベスト4に進出している。

早実入学当初、群馬県太田市の実家から約2時間かけて通学していたが、後に東京在住だった兄とアパートで二人暮らしを始めた。高校卒業まで兄から食事など生活全般の面倒を見られていた。大学では入学時から野球部の安部寮に居住。

趣味は釣り。実家に帰った時には渓流釣りを楽しむ。好きな武将は織田信長であり[33]、好きなアイドルは乃木坂46白石麻衣である[34]。父親の所属や出身地(富士重工のお膝元)もあってスバルの車を「ベンツよりポルシェより、いつかスバル車に乗りたい」というほど愛好し、2013年2月にはフリーペーパー『R25』誌上のスバルの広告に登場した[35]。2014年には北海道スバルのCMに出演を果たした。

目標とする投手には富士重工業硬式野球部に在籍した阿部次男を挙げている[36]。憧れの投手には2013年から日本ハムの投手コーチに就任した黒木知宏を挙げ、中学時代には黒木の現役時代の背番号「54」の入ったハンカチを使用していたという[37]

ファンやマスコミからの愛称のひとつである「佑ちゃん」は、日米親善高校野球の際に監督を務めた和泉実が選手同士の交流を図るため互いに名字で呼ぶことを禁止したことから、駒大苫小牧高校の田中将大と「佑ちゃん」「マー君」と呼び合っている事が本人達の口から語られたのがきっかけとなった。プロ入り後、田中については、「いつか追いついて、追い越したいと思っている。勝負は今だけじゃないんだって、心のどこかで思っている。24歳、25歳の現時点では、ピッチャーとしてマー君の方が上です。でも、30歳になったら、40歳になったらどうかということは誰にもわからない。そのための大学4年間だったと思っています。そこには僕、けっこう自信を持ってるんです」と語っている[38]

2016年11月22日、同僚の有原航平と車で移動中、横転事故現場に遭遇して人命救助を行い、これにより事故車に乗っていた男性は軽傷に留まった[39]

メディアの報道姿勢

2006年、夏の甲子園大会で早稲田実業が勝ち進むにつれて、斎藤の端整なルックスと試合中にマウンド上で丁寧にたたんだ青いハンカチで顔の汗を拭く姿が話題となり、「ハンカチ王子」と呼ばれるようになる。この愛称はマスコミによって一気に広まり、早稲田実業にはこのハンカチに関する問い合わせが殺到し[40]Yahoo!オークションでは定価400円の同じ種類のハンカチに対し、一時的に1万円を超える値がついた。百貨店ではハンカチの売り上げが急増し、ジャスダックに上場するハンカチメーカー・川辺の株が値上がりした[41]。後にそのハンカチはニシオ株式会社が製造・販売していた「GIUSEPPE FRASSON(ジョゼッペ・フラッソン)」というブランドのものだと判明したが、その時はすでに販売が終了していたため、その後ニシオはサンリオタイアップし「幸せの青いハンカチ」と銘打ってハローキティの顔をあしらった青いハンカチを販売し約65万枚、約3億円を売り上げた。

この大会の早実の試合の平均視聴率NHK)は、3回戦12.7%、準決勝戦18.1%と徐々に数字を上げ、決勝戦は1990年代以降で最高の29.1%、瞬間最高視聴率は37.1%を記録。翌日の決勝再試合も平日にもかかわらず23.8%、瞬間最高視聴率30.4%を記録。注目を集めたこの大会で優勝投手となった斎藤は連日マスコミに大きく取り上げられ、大会終了後の日米大学野球選手権大会の選抜メンバーに選ばれ渡米すると、同大会の模様が連日報道され、試合も生中継された。帰国の際には関西国際空港に約600人のファンが集まった。また、高校卒業後の進路についての報道が過熱していたことから、9月11日に進路に関する記者会見が開かれた。会場となった早稲田実業高等学校のホールには150人以上の報道陣が集まり、テレビでも生中継された。

9月30日から開催された「のじぎく国体」では、開催前から野球会場があった兵庫県高砂市に斎藤の出場に関する問い合わせが集まり[42]。早稲田実業学校の試合には連日観客が殺到、試合前日から徹夜組による長蛇の列ができた。試合当日には観客にケガ人が出る騒ぎとなり、入場制限が行われるなど厳戒態勢のもとでの試合となった。この大会に使用された高砂市野球場は、翌年の2007年に斎藤の愛称にちなんで「ハンカチメモリアルスタジアム」という愛称が付与された(現在は撤回されている)。

日刊スポーツ出版社発行の『輝け甲子園の星』など斎藤を扱った野球雑誌の売り上げが急激に伸び[要出典]、『週刊女性』などの女性週刊誌の表紙を飾った。また、斎藤単独の写真集が発売され、斎藤をモデルにした曲『青いハンカチ~君がくれた夏の日~』のCDが発売された。

「ハンカチ王子」という愛称は2006年の新語・流行語大賞のトップ10に入った。ただ、この受賞が日本学生野球憲章のアマチュア規定に抵触する恐れがあったため、言葉だけを表彰し斎藤の表彰式出席は見送られた。また、伊藤忠商事を始めとして複数の企業から特許庁へ商標出願がなされた[43]。翌年注目を集めたゴルファーの石川遼には「ハニカミ王子」という愛称が付けられ、新語・流行語大賞を受賞している。

2007年、斎藤が早稲田大学に進学し野球部に入部したことで東京六大学野球が注目され、斎藤が登板する試合を中心に大きく扱われるようになる。この年から、日本テレビが放映権を取得し地上波で東京六大学野球中継が放送されることになった。

この年の春季リーグ戦は斎藤の開幕登板が予想されたことからチケットを求める問い合わせが殺到し、史上初めてチケットぴあでの入場券前売りが実施された。4月14日の開幕戦は前年春の4倍となる約18,000人が詰めかけ、4月29日に先発した法政大学との第2戦では約28,000人を動員し、早慶戦以外では1992年以来の20,000人越えとなった。この日の夜に同じ明治神宮野球場で行われた東京ヤクルトスワローズ読売ジャイアンツ(巨人)戦の観客動員は29,654人で、東京六大学野球の観客数がプロ野球の試合に肉迫する結果となった。この試合で従来早慶戦以外では開放されない通称「三角内野」(第2内野席)が開放された。早稲田大学の優勝が決まった6月3日の早慶戦の第2戦では約36,000人の観衆が集まり立ち見が出るほどの超満員となった。満員になったのは1997年春の早慶戦以来10年ぶり。この観客数は当日行われたプロ野球交流戦の6試合中5試合を上回り、北海道日本ハムファイターズ阪神タイガース札幌ドーム)に次ぐ動員数となった。この試合の平均視聴率はNHKと日本テレビ合わせて14.3%を記録。

この春季リーグ戦の早稲田大学戦に訪れた観客の総数は11試合で約22万8000人、1試合平均2万727人集まり、前年度に比べ3倍近くに膨れあがった。2008年から史上初めて東京六大学野球のカレンダーベースボールカードが発売されることとなった。

2009年、『速報!スポーツLIVE』(テレビ朝日)の初回放送(11月8日)のスタジオゲストとして大石達也と共に出演。自身初のスタジオ生出演で、代表に選ばれた「U-26 NPB選抜 対 大学日本代表」の試合に向けての意気込みを語るとともに、公の場で初めてプロ野球へ進む意志を表明した(「1年後プロに行きたいか」という質問に対し「○」の札を挙げた)。

2010年、斎藤が大学4年になりプロ野球ドラフト会議が近づくにつれて、再び多くの注目を集めるようになる。10月28日に開催された同会議はTBSテレビが全国ネットで生中継し、夕方の時間帯にもかかわらず平均視聴率14.4%を記録。この年のペナントレースの最高視聴率が14.3%(4月24日の巨人対広島東洋カープ戦、NHK)で、それをも上回る視聴率となった。瞬間最高視聴率は斎藤の交渉権を引き当てた日本ハム球団社長(当時)の藤井純一のインタビュー中で17.2%。2007年の中田翔に続き斎藤を引き当てた藤井にあやかり、その後「GOD HANDグッズ」が発売された。

11月3日の早慶優勝決定戦は、明治神宮野球場の収容人数35,650人に対し立見席が用意され、チケット販売枚数が36,000枚になり20年ぶりに完売となった。これによりマスコミ関係者には東京六大学野球連盟から大入袋が配られた。NHK総合によるテレビ中継は平均視聴率12.1%、瞬間最高視聴率は16.2%を記録。勝利投手となりヒーローインタビューの場で「最後に一つだけ言わせてください」と切り出し、「いろんな人から斎藤は何か持ってると言われ続けてきました。今日、何を持っているのか確信しました。それは、仲間です」と語った。この発言が話題を集め、その年の新語・流行語大賞の選考委員特別賞を受賞。2006年の「ハンカチ王子」に引き続き2度目の受賞で、これは野球界において史上初。11月4日の記者会見当日に、『ニュースウオッチ9』(NHK)、『報道ステーション』(テレビ朝日)、『NEWS ZERO』(日本テレビ放送網)、『NEWS23X』(TBSテレビ)、『すぽると!』(フジテレビジョン)(以上、出演順)に生中継で出演した。11月6日に放送された『S☆1』(TBSテレビ)に出演した当時早稲田大学野球部監督の應武篤良が、斎藤の入学時に熱狂的なファンの一部による盗撮や寮の部屋の覗きといった行動があったことを明かした。

12月9日の札幌ドームでの単独入団会見には、平日にもかかわらず約8,000人のファンが駆けつけた(2003年の新庄剛志の入団会見は約2,000人)。この模様は『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)で全国ネット生中継され、北海道の民放5局とNHK、衛星放送のGAORAでも生中継された。新人選手の単独入団会見は球団史上初。

2011年1月11日千葉県鎌ケ谷市の合宿所「勇翔寮」に入寮する際、約500人のファンや報道陣が集まり、その様子がワイドショーで生中継された。ファイターズスタジアムでの自主トレの期間はスタジアムに連日約2,000人ものファンが押し寄せ、史上初めて観客席が開放された。さらに1月16日に行われた「新入団選手歓迎式典・交流会」ではスタジアム史上最高の約11,000人(前年は512人)のファンが集まり、上空には取材ヘリが8機飛ぶ中、入団記念グッズ(Tシャツ・フェイスタオル・ストラップ)が発売され販売開始約1時間で完売。球場のある鎌ケ谷市には大きな経済効果がもたらされ[44]、テレビ報道による同市のPRとしては約160億円の広告効果があった[45]2月1日から沖縄県名護市で行われた春季キャンプにも、那覇空港に1,000人以上が出迎え、キャンプ初日には400人以上の報道陣が集まり、その一挙手一投足が連日マスコミで報道された。このキャンプ期間中に名護市のキャンプ地を訪れた観客数は計27,150人と、前年の11,550人の2倍以上になった。

4月17日のプロ初登板・初先発試合(ロッテ戦、札幌ドーム)は、放送権利を元々北海道テレビ放送が持っていたことからキー局のテレビ朝日が当初放送予定だった番組を急遽中止しスタッフを派遣、「緊急生中継」として、斎藤の投球回を中心にローカル枠で放送した。デーゲームにもかかわらず、この試合の北海道地区における平均視聴率は29.4%、瞬間最高視聴率37.0%を記録。中継した北海道テレビのレギュラーシーズンの野球放送としては史上最高の視聴率を記録した。

9月10日東北楽天ゴールデンイーグルス戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)では、2006年の夏の甲子園決勝以来となる田中将大との対決が実現し、チケットは前売りのみで完売。両投手とも完投し、4対1で楽天が勝利。斎藤はこの試合で初完投を記録。この試合は「ジョージア魂」賞年間大賞に選出された(受賞は田中将大)。

2012年3月30日、自身初の開幕投手をプロ初完投勝利で飾った試合(埼玉西武ライオンズ戦、札幌ドーム)の中継(札幌テレビ放送)において、平均視聴率31.6%を記録。それまでの最高記録だった2011年の斎藤がプロ初登板した試合中継(上記)の29.4%を上回り、北海道内の球団公式戦中継で最高記録を更新。瞬間最高視聴率は39.4%。

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2011 日本ハム 19 19 1 0 0 6 6 0 0 .500 472 107.0 122 5 35 1 5 62 6 0 41 32 2.69 1.47
2012 19 18 2 1 0 5 8 0 0 .385 480 104.0 126 8 48 1 2 59 5 0 60 46 3.98 1.67
2013 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 23 4.0 5 0 5 0 1 1 1 0 6 6 13.50 2.50
2014 6 6 0 0 0 2 1 0 0 .667 118 26.0 28 4 16 0 1 20 0 0 15 14 4.85 1.69
2015 12 7 0 0 0 1 3 0 0 .250 190 42.1 52 5 14 0 1 24 0 0 28 27 5.74 1.56
2016 11 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 104 23.2 26 2 11 0 2 14 3 0 12 12 4.56 1.59
通算:6年 68 54 3 1 0 14 20 0 0 .412 1387 306.3 359 24 129 2 12 180 15 0 162 137 4.02 1.59
  • 2016年度シーズン終了時

記録

投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号

登場曲

代表歴

関連企業

  • バウ企画(マネジメント契約)
  • ミズノ(アドバイザリープロスタッフ契約)[46]

参考文献

  • 門田隆将 『ハンカチ王子と老エース-奇跡を生んだ早実野球部100年物語』 講談社、2006年11月ISBN 978-4-06-213684-6
  • 斎藤寿孝、斎藤しづ子 『佑樹-家族がつづった物語』 小学館、2007年3月ISBN 978-4-09-387716-9
  • 高部務、担当記者グループ 『斎藤佑樹青春の軌跡』 東邦出版、2007年5月ISBN 978-4-8094-0617-1
  • 中野翠 『斎藤佑樹くんと日本人』 文藝春秋、2007年4月ISBN 978-4-16-660568-2
  • 西宮野球倶楽部 『甲子園熱闘伝説-王貞治から斎藤佑樹まで歴代甲子園ヒーロー大集合! 忘れられない感動の名勝負47都道府県の全実績徹底比較』 双葉社、2008年8月ISBN 978-4-575-30065-9
  • フライデー編集部 『斎藤佑樹投手「ハンカチ王子」パーフェクト・ブック』 講談社〈講談社MOOK〉、2006年9月ISBN 978-4-06-378817-4
  • ベースボール・マガジン社 『東京六大学野球栄光の軌跡-リーグ誕生から斎藤佑樹まで』497、ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK〉、2007年10月、371。ISBN 978-4-583-61485-4
  • 矢崎良一、鈴木洋史、山岡淳一郎、渡辺勘郎 『新たなる聖地-甲子園から神宮へ』 竹書房、2007年4月ISBN 978-4-8124-3117-7
  • 矢崎良一、津川晋一 『甲子園のキセキ-時代を超えた、高校野球、6つの物語』 日刊スポーツ出版社、2009年4月ISBN 978-4-8172-0264-2
  • 『東京六大学野球伝説-闘う男! 斎藤佑樹 いざ、神宮デビュー!!』1422、宝島社〈別冊宝島〉、2007年5月ISBN 978-4-7966-5791-4

脚注

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e “ハンカチ卒業したかった・プロで同期追い越す…斎藤語る”. 朝日新聞 (朝日新聞). (2010年12月7日). http://www.asahi.com/sports/baseball/npb/news/TKY201012060399.html 2010年12月24日閲覧。 
  3. ^ 『週刊ベースボール 別冊春季号 第78回選抜高校野球大会完全ガイド』 ベースボール・マガジン社2006年、69頁。
  4. ^ 第36回明治神宮野球大会 - 公益財団法人 日本学生野球協会
  5. ^ 極上の緊張感 全国高校野球選手権西東京大会決勝「早実×日大三」”. wasedawillwin.com (2006年7月30日). 2010年12月24日閲覧。
  6. ^ 早実佑ちゃん再試合で完封を/夏の甲子園日刊スポーツ、2006年8月21日。
  7. ^ “343球・両エース譲らず、駒苫VS早実きょう再試合”. 読売新聞 (読売新聞). (2006年8月21日) 
  8. ^ 熱投Vの早実斎藤が涙/夏の甲子園日刊スポーツ、2006年8月21日。
  9. ^ “早実が初優勝、4連投の斎藤13K…駒苫猛追及ばず”. 読売新聞 (読売新聞). (2006年8月21日) 
  10. ^ 早実再試合制し悲願の夏初V/夏の甲子園日刊スポーツ、2006年8月21日。
  11. ^ 4連投早実佑ちゃん日本一/夏の甲子園日刊スポーツ、2006年8月22日。
  12. ^ a b “高校時代の幻影に苦悩した投球フォーム”. 産経新聞 (産経新聞). (2010年12月10日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110111/bbl11011117160031-n1.htm 2010年12月24日閲覧。 
  13. ^ 日本ハム斎藤が誕生、背番号は18「最高の評価うれしい」 産経新聞(2010年12月6日)
  14. ^ 「腕をしならせて投げろ」西本さん 斎藤に遺言あったサンケイスポーツ(2011年11月30日)
  15. ^ a b 【日本ハム】佑初S2失点「悔しいです」日刊スポーツ、2012年11月2日
  16. ^ 【プロ野球】斎藤佑樹「野球が嫌いになりそうな時期もあった」Web Sportiva、2012年11月8日
  17. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  18. ^ 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  19. ^ 従来のフォームとの決別。昨年の開幕投手、斎藤佑樹が語る「今」
  20. ^ 斎藤佑樹の覚悟「何が待っていたとしても、それも僕の人生」 webスポルティーバ、2013年11月13日.2013年11月17日閲覧。
  21. ^ 斎藤佑、785日ぶり白星!走者出しても粘りの投球で6回1失点スポーツニッポン2014年7月31日配信
  22. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、24頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  23. ^ a b 『アマチュア野球』第23号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、32頁。
  24. ^ a b 『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、4-6頁。
  25. ^ 『野球太郎 No.004 プロ野球12球団選手名鑑』 廣済堂出版、2013年、97頁。ISBN 978-4-331-80228-1
  26. ^ a b c d 『週刊プロ野球データファイル』2012年54号、ベースボール・マガジン社、雑誌27204-12/26、5-6頁。
  27. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2013年、108頁。ISBN 978-4-905411-11-6
  28. ^ “斎藤 自己最速150キロも4失点でだんまり”. スポニチ Sponichi Annex. (2010年9月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/2010university/saito_yuki/KFullNormal20100912170.html 2015年2月13日閲覧。 
  29. ^ 西武松坂、佑ちゃん「プロですぐ通用」日刊スポーツ、2006年8月23日。
  30. ^ 「ベネズエラのハンカチ王子」鉄矢多美子『Field of Dreams』日刊スポーツ(2007年01月18日)
  31. ^ “「ハンカチ王子」からの脱却 人気で熱さ封印も「スマートにやりすぎた」”. 産経新聞 (産経新聞). (2010年12月11日). http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/101211/bbl1012111707004-n1.htm 2010年12月24日閲覧。 
  32. ^ 和泉実(早稲田実業学校野球部監督)の手記による
  33. ^ 斎藤佑 目指すは織田信長「ここというところで勝てるようになりたい」スポニチ、2012年2月26日
  34. ^ “日本ハム・斎藤佑樹の「推しメン」が乃木坂46白石麻衣であることが判明、ネット上で話題に”. AOL News (AOLオンライン・ジャパン). (2015年2月16日). http://news.aol.jp/2015/02/15/saitohyuki/ 2015年2月16日閲覧。 
  35. ^ http://r25.yahoo.co.jp/static/subaru/interview.html
  36. ^ 佑ちゃんが目標の先輩と対戦日刊スポーツ(2010年3月30日)
  37. ^ 斎藤 憧れ黒木コーチに学ぶ「気合が入った魂の投球ですよね」スポニチ、2013年11月24日
  38. ^ 斎藤佑樹の覚悟「何が待っていたとしても、それも僕の人生」 webスポルティーバ、2013年11月13日.2013年11月17日閲覧。
  39. ^ “日ハム・斎藤佑樹がミニバン横転事故現場に遭遇 男性運転手を無事に“救援”し安堵「あんな光景初めて…無事でよかった”. 産経新聞. (2016年11月23日). http://www.sankei.com/sports/news/161123/spo1611230005-n1.html 2015年11月25日閲覧。 
  40. ^ 早実佑ちゃんの青いハンカチを探せ!日刊スポーツ、2006年8月23日。
  41. ^ “佑ちゃんハンカチ ますます過熱”. 産経新聞 (産経新聞): p. 朝刊. (2006年8月28日) 
  42. ^ 国体がやってきた ハンカチ王子に徹夜の列 神戸新聞(2006年10月26日)
  43. ^ 商標「ハンカチ王子」出願される
  44. ^ 「斎藤効果」に沸く鎌ケ谷=2軍改革の弾みに-プロ野球・日本ハム 時事通信(2011年1月13日)
  45. ^ 鎌ケ谷市のPR効果は160億円 佑ちゃんフィーバー放送は6日間で16時間53分 毎日新聞(2011年1月18日)
  46. ^ 斎藤佑樹選手とミズノ アドバイザリープロスタッフ契約を締結

関連項目

外部リンク