北橘村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北橘村
Flag of Kitatachibana Gunma.svg Emblem of Hokkitsu, Gunma (1971–2006).svg
北橘村旗 北橘村章
廃止日 2006年2月20日
廃止理由 新設合併
渋川市、伊香保町小野上村
子持村赤城村北橘村渋川市
現在の自治体 渋川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
勢多郡
団体コード 10301-2
面積 18.89km2
総人口 10,024
(2006年2月1日)
隣接自治体 前橋市勢多郡赤城村富士見村
村の木 ニッポンタチバナ
村の花 ヒマワリ
北橘村役場
所在地 377-8502
群馬県勢多郡北橘町大字真壁2372番地1(現・渋川市北橘町真壁2372番地1)
北橘村役場(現・渋川市役所北橘総合支所)
外部リンク 渋川市ホームページ
座標 東経139度2分
北緯36度28分
北橘村の県内位置
 表示 ウィキプロジェクト

北橘村(きたたちばなむら)は、群馬県の中央部に存在していた勢多郡の人口約1万のである。赤城山南西麓に位置し、村の西を流れる利根川を挟み渋川市と相対する。村の最南部の利根川沿いを国道17号が走る。また、最北部には国道353号が通り、共に橋が架けられ渋川市へと通じる。

1889年に当初、南勢多郡北橘村として発足し、1896年に南勢多郡は東群馬郡とともに勢多郡と改められた。2006年2月20日渋川市北群馬郡伊香保町小野上村子持村勢多郡赤城村とともに新設合併し、消滅した。

村名としての「北橘」は、「きたたちばな」と読むが、しばしば「ほっきつ」の読みが使われた。この地名は、明治時代の末に「橘山」(現在の前橋市北西にある小山)を境として橘村を南北をそれぞれ「北橘村」、「南橘村」としたことに始まる(南橘村は、1954年に前橋市に編入されている)。2006年2月20日に市町村合併により渋川市となり、北橘村地域は北橘町(ほっきつまち)として残る。

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

  • 村長:木村栄一

地域[編集]

村内の大字[編集]

教育[編集]

交通[編集]

村内を上越線関越自動車道が通過する(いずれも素通り)。

ゆかりのある人物[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

木曾義仲・今井兼平

外部リンク[編集]