大網藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大網藩(おおあみはん)は、上総国(現在の千葉県大網白里市)に存在した

藩史[編集]

出羽国長瀞藩知事であった米津政敏は、明治2年(1869年)11月1日、長瀞から上総国山辺郡大網村の蓮照寺に陣屋を移し、大網藩が立藩した。明治4年(1871年)3月、政敏は龍ヶ崎に藩庁を移した。このため、大網藩は龍ヶ崎藩となり、廃藩置県を待たずして廃藩となった。

歴代知藩事[編集]

米津家

  • 1万石
  1. 米津政敏(まさとし) 従五位下 伊勢守

廃藩直前の領地[編集]

龍ヶ崎藩を参照。

関連項目[編集]

先代:
長瀞藩
行政区の変遷
1869年 - 1871年
次代:
龍ヶ崎藩