新座郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
埼玉県新座郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域)

新座郡(にいくらぐん)は、埼玉県東京都武蔵国)にあった新羅郡。

郡域[編集]

現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。一部が比較的早い時期に東京府に編入されたこともあって、昭和時代の初期に、これらの地域から埼玉県に対して東京府への編入願いが出されたことがある。

埼玉県
東京都

歴史[編集]

旧仮名遣いでの読みはにひくら。はじめ新羅郡(しらぎぐん、しらぎのこおり)として設けられ、字を新座郡(しらぎぐん、しらぎのこおり)と改めてから、その字に引きずられてにいくらの読みが正式となったと考えられる。時代によっては志楽志楽木志羅木(しらぎ)、志木(しき)、新倉(にいくら)などとも表記し、にいざと読まれたこともある。

古墳時代の遺跡として、根岸台古墳群(一夜塚古墳、柊塚古墳)、内間木古墳群、吹上横穴墓群などがある。

天平宝字2年(758年)8月24日に、朝廷は帰化新羅僧32人、尼2人、男19人、女21人を武蔵国の空いた場所に移した。これが新羅郡の始まりという[1]。これより前、武蔵国には持統天皇元年(687年)と4年(690年)にも新羅人が移されていた[2]

宝亀11年(780年)には新羅郡の人沙良真熊らに広岡造の姓を賜った[3]。この後いつ改称されたかは不明だが、平安時代の『延喜式』には「新座郡」と記録されており、『和名類聚抄』では新座と書いて「にひくら」と読ませるようになった。その郷は志木郷と余戸で、ごく小さな郡であった。

郡衙跡については、『新編武蔵風土記稿』に午傍山が新羅王居跡と記されているが時代が合わず、須恵器が出土した和光市の花の木遺跡が有力視されている。また新編武蔵風土記稿には「新倉郡」(にいくら)と呼ばれるようになり、さらに「新座郡」(にいざ)になったとある。

明治時代の郡役所北足立郡浦和町に共同で置かれていた。1896年明治29年)3月29日、郡制施行により全域が北足立郡に編入されて消滅した。

近世以前の沿革[編集]

近代以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 12村 上内間木村、下内間木村、上新倉村、台村、根岸村、岡村、溝沼村、下保谷村[4]上保谷村上保谷新田、膝折村、橋戸村
幕府領・旗本領 4村 宮戸村、浜崎村、田島村、下新倉村
幕府領・伊賀者給地 1村 白子村
藩領 上野高崎藩 1町
1宿
3村
菅沢村、大和田町[5]、北野村、野火止村、志木宿
幕府領・藩領 幕府領・出羽長瀞藩[6] 2村 小榑村、片山村
その他 寺社領 1村 西堀村
61.志木町 62.大和田町 63.膝折村 64.片山村 65.内間木村 66.新倉村 67.白子村 68.保谷村 69.榑橋村(赤:戸田市 橙:朝霞市 黄:新座市 青:志木市 緑:東京府に編入 1 - 57およびA - Cは北足立郡)

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』巻第36、天平宝字2年8月癸亥条。
  2. ^ 『日本書紀』巻第30、持統天皇元年4月癸卯(10日)条、4年2月壬申(25日)条。
  3. ^ 『続日本紀』巻第36、宝亀11年5月甲戌(11日)条。
  4. ^ 記載は「下保谷村・同新田共」。
  5. ^ 記載は「大和田村」。
  6. ^ 同藩が武蔵国を所領に加えたのは大網への藩庁移転後とする資料もある。「角川日本地名大辞典」では米津氏領となっている。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 11 埼玉県
  • 旧高旧領取調帳データベース
  • 小島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守『日本書紀』3(新編日本古典文学全集4)、小学館、1998年。
  • 青木和夫、笹山晴生、稲岡耕二、白藤禮幸・校注『続日本紀』三(新日本古典文学大系14)、岩波書店、1992年。
  • 青木和夫、笹山晴生、稲岡耕二、白藤禮幸・校注『続日本紀』五(新日本古典文学大系16)、岩波書店、1995年。
  • 林陸朗・校注訓訳『完訳注釈続日本紀』第3分冊、現代思潮社、1986年。

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
北足立郡