久良岐郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神奈川県久良岐郡の範囲(水色:後に他郡から編入した区域)

久良岐郡(くらきぐん)は、神奈川県武蔵国)にあった。現在は、中村川堀割川の分岐点の久良岐橋、久良岐公園、横浜市能楽堂(久良岐能舞台)にその名をとどめる。

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、横浜市中区西区磯子区金沢区および南区の大部分(六ツ川四丁目を除く)、港南区の一部(芹が谷・東芹が谷上永谷・下永谷・東永谷・丸山台・日限山・上永谷町野庭町の各町を除いた地域)にあたる。ただし、同年に設置された横浜区に属した区域(発足時の横浜市域に同じ。横浜市#行政区域の変遷を参照)は除く。

古代の郡域はさらに北の鶴見川まで広がっていた[1]と見られている。戦国時代永禄ごろまでは神奈川以東の地も郡域としていたが、同地辺りは徐々に橘樹郡に編入され、江戸時代元禄年間の境界改正により、太田村永田村などが橘樹郡との郡界とされた[2]

隣接していた郡[編集]

行政区画として発足した当時に隣接していた郡は以下の通り。

歴史[編集]

古代 - 中世[編集]

  • 534年 - 武蔵国造の乱後に献上された4つの屯倉の1つ、倉樔屯倉(のちの武蔵国の一部)は、「倉樔」(くらす)を「倉樹」(くらき)の誤記として、のちの久良岐郡にあたると推測されている。
  • 郡衙の場所は判明していない。磯子区栗木、港南区笹下や、南区弘明寺にあったと推定されている。
  • 700年頃 - 藤原京跡から出土した木簡久良郡[3]の文字
  • 768年 - 続日本紀に「武蔵国橘樹郡人飛鳥部吉志五百国於同国久良郡獲白雉献焉」の記述
  • 938年 - 和名類聚抄に、久良郡八ヶ郷(鮎浦郷、大井郷、服田郷、星川郷、郡家郷、諸岡郷[2]、州名郷、良椅郷)の記述
  • 1099年(康和元年) - 武蔵国司 藤原成実が港南区日野の春日神社を建立
  • 1258年 - 伝法灌頂雑要抄に「武蔵国倉城郡六連庄内金沢村点越後守平実時…」の記述
  • 1500年頃 - 北条幻庵陣屋をおいたとされ、久良岐郡と呼ばれていた
  • 1830年 - 新編武蔵風土記稿 巻之七十三 久良岐郡之一 郡図総説ほか

近代以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 神奈川奉行所 4町
7村
太田町(太田村のうち町地)、戸部町、平沼新田、尾張屋新田、太田村、吉田町(吉田新田を指す)、●横浜町、中村、●北方村、●本牧本郷村、根岸村
幕府領(松村支配所) 7村 ●○永田村、引越村、●弘明寺村、久保村、最戸村、●堀之内村、●井土ヶ谷村
幕府領(江川支配所) 6村 泥亀新田、野島村、●洲崎村、柴村、谷津村、町屋村
旗本領 22村 別所村、下大岡村、滝頭村、●磯子村、森公田村、森雑色村、森中原村、岡村、松本村、関村、雑色村、金井村、吉原村、宮下村、宮ヶ谷村、峯村、矢部野村、田中村、栗木村、中里村(現磯子区。笹下中里村とも)、氷取沢村、富岡村
幕府領(松村)・旗本領 4村 中里村(現南区)、蒔田村、上大岡村、杉田村
藩領 武蔵金沢藩 5村 ●寺前村、赤井村、宿村、●坂本村、●○社家分村(寺分村/平分村)
  • 慶応4年
  • 明治元年9月21日(1868年11月5日) - 神奈川府が神奈川県に改称。
  • 明治2年
  • 明治4年
  • 明治初年 - 社家分村・寺分村・平分村が合併して三分村が成立。(4町49村)
  • 明治5年(5町44村)
    • 雑色村・関村・松本村が合併して笹下村となる。
    • 宮ヶ谷村・宮下村・金井村・吉原村が合併して日野村となる。
    • 横浜町より高島町が分立。
  • 明治6年(1873年) - 平沼新田より平沼町が分立。(6町44村)
  • 明治8年(1875年)(6町41村)
    • 森公田村・森雑色村が合併して森村となる。
    • 赤井村・宿村・坂本村が合併して釜利谷村となる。
  • 明治10年(1877年) - このころ中里村(現磯子区)が上中里村に改称。
  • 明治11年(1878年11月18日 - 郡区町村編制法の神奈川県での施行により下記の変更が行われる。
    • 横浜町・太田町・高島町・平沼町および戸部町・吉田新田の各一部の区域をもって横浜区が発足し、郡より離脱。
    • 残部に行政区画としての久良岐郡が発足。郡役所が笹下村東樹院(現在の港南区笹下二丁目)に設置。(2町41村)

町村制以降の沿革[編集]

1.戸太村 2.中村 3.本牧村 4.根岸村 5.屏風浦村 6.大岡川村 7.日下村 8.金沢村 9.六浦荘村(紫:横浜市)
  • 明治22年(1889年
    • 3月31日 - 下記の各村の統合が行われる。全域が現・横浜市。(9村)
      • 戸太村 ← 平沼新田、尾張屋新田、太田村、戸部町、吉田新田(現・西区、南区)
      • 中村(単独村制。現・南区)
      • 本牧村 ← 本牧本郷村、北方村(現・中区)
      • 根岸村 ←(単独村制。現・中区、磯子区)
      • 屏風浦村 ← 磯子村、滝頭村、岡村、森村、森中原村、杉田村(現・磯子区)
      • 大岡川村 ← 堀之内村、蒔田村、井土ヶ谷村、下大岡村、上大岡村、弘明寺村、永田村、引越村、中里村、別所村、最戸村、久保村(現・南区、港南区)
      • 日下村 ← 笹下村、日野村、矢部野村、田中村、栗木村、上中里村、峰村、氷取沢村(現・磯子区、港南区)
      • 金沢村 ← 町屋村、洲崎村、寺前村、谷津村、富岡村、柴村、野島村、泥亀新田[大部分](現・金沢区)
      • 六浦荘村 ← 三分村、釜利谷村、泥亀新田[飛地](現・金沢区)
    • 4月1日 - 上記9村が町村制を施行。
  • 明治28年(1895年)10月 - 戸太村が町制施行して戸太町となる。(1町8村)
  • 明治30年(1897年) - 六浦荘村が鎌倉郡鎌倉町の一部(峠)(現朝比奈町、東朝比奈二 - 三丁目の各一部)を編入。
  • 明治32年(1899年7月1日 - 郡制を施行。
  • 明治34年(1901年)4月1日 - 横浜市の第1次市域拡張により、戸太町・中村・本牧村・根岸村が横浜市に編入。(5村)
  • 明治44年(1911年)4月1日 - 横浜市の第2次市域拡張により、屏風浦村の北部(磯子・滝頭・岡)、大岡川村の北部(堀ノ内・井土ヶ谷・蒔田・弘明寺・下大岡)が横浜市に編入。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年
    • 1月1日 - 金沢村が町制施行して金沢町となる。(1町4村)
    • 7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和2年(1927年
    • 4月1日 - 横浜市の第3次市域拡張により、屏風浦村・大岡川村・日下村が横浜市に編入。(1町1村)
    • 10月1日 - 横浜市が区制を施行。旧久良岐郡域に以下の3区を設置。
      • 神奈川区 ← 旧横浜区[平沼町]、旧戸太村[旧平沼新田]
      • 中区 ← 旧中村、旧本牧村、旧大岡川村、旧横浜区[平沼町を除く]、旧戸太村[旧平沼新田を除く]、旧日下村[旧笹下村・日野村]、旧根岸村[西根岸町を除く]
      • 磯子区 ← 旧屏風浦村、旧日下村[旧笹下村・日野村を除く]、旧根岸村[西根岸町]
  • 昭和11年(1936年)10月1日 - 横浜市の第4次市域拡張により、金沢町・六浦荘村が横浜市に編入。磯子区の一部となる。同日久良岐郡消滅。神奈川県内では1896年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。

郡消滅後の沿革[編集]

  • 昭和18年(1943年12月1日
    • 中区の寿警察署大岡警察署管内(旧中村・大岡川村および旧日下村のうち中区に属する区域)が分区して南区を新設。
    • 神奈川区の戸部警察署管内が中区に編入。旧横浜区・戸太町の神奈川区に属する区域も中区となる。
  • 昭和19年(1944年)4月1日 - 中区の戸部警察署管内が分区して西区を新設。旧戸太町および旧横浜区の一部(平沼町)が西区となる。
  • 昭和23年(1948年5月15日 - 磯子区の一部(旧金沢町・六浦荘村)が分区して金沢区を新設。
  • 昭和44年(1969年)10月1日
    • 南区のうち旧日下村のうち南区に属する地域の一部(上大岡町・笹下町・日野町の一部。現洋光台の一部)が磯子区に編入。
    • 南区の港南支所管内が分区して港南区を新設。旧日下村のうち南区に属する地域の残部および旧大岡川村の一部(1927年編入の地域)が港南区となる。

変遷表[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市歴史博物館 NEWS 8 研究余話 都筑郡と都筑区と「つつき」[1]
  2. ^ 久良岐郡 角川日本地名大辞典(旧地名編)
  3. ^ この2字で「くらき」と訓ずる。
  4. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。

参考文献[編集]

関連項目[編集]