那珂郡 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
埼玉県那珂郡の範囲

那珂郡(なかぐん、なかのこおり)は、7世紀から1896年まで武蔵国埼玉県にあったである。

郡域[編集]

現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

  • 本庄市(児玉町秋山、児玉町小平)
  • 児玉郡美里町(大字広木、駒衣、中里、古郡、甘粕、木部、白石、猪俣、円良田)

歴史[編集]

7世紀に仲評が置かれた。「无耶志国仲評里中里」から送られたフナについて記した木簡が飛鳥京跡で出土している[1]。「无耶志」は武蔵の古い表記である。このが大宝元年(701年)に郡に改称した。

郡衙の所在地は、美里町古郡(ふるごおり)と推定される。勤務した官人の居宅と目されるのが、「中」の焼き印や倉庫の鍵などが出土した、付近の北坂(きたさか)遺跡である[2]

かつては那賀郡とも表記した。

近代以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 旗本領 7村 ●広木村、●白石郷、猪俣村、中里村、甘粕村、古郡村、駒衣村
幕府領・旗本領 1村 円良田村
幕府領・藩領 幕府領・上野前橋藩 1村 秋山村
旗本領・前橋藩 2村 小平村、木部村
21.秋平村 22.松久村 23.大沢村(紫:本庄市 青:児玉郡美里町 1 - 10は児玉郡 11 - 15は賀美郡)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の村が発足。(3村)
    • 秋平村 ← 秋山村、小平村(現本庄市)
    • 松久村 ← 広木村、駒衣村、中里村、古郡村、甘粕村、木部村(現児玉郡美里町)
    • 大沢村 ← 白石郷、猪俣村、円良田村(現児玉郡美里町)
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 児玉郡・賀美郡・那珂郡の区域をもって、改めて児玉郡が発足。同日那珂郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 田代脩・塩野博・重田正夫・森田武『埼玉県の歴史』(山川出版社、1994年)、46-47頁。
  2. ^ 田代他『埼玉県の歴史』66頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
児玉郡