秩父郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埼玉県秩父郡の範囲(1.小鹿野町 2.長瀞町 3.東秩父村 4.皆野町 5.横瀬町 薄黄:後に他郡に編入された区域)

秩父郡(ちちぶぐん) は、埼玉県武蔵国)の

人口39,555人、面積351.85km²、人口密度112人/km²。(2017年10月1日、推計人口

以下の4町1村を含む。

秩父市とあわせて秩父地方とも呼ばれる。

郡域[編集]

上記5町村以外では、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

歴史[編集]

古代には、良質な馬産地かつ銅産地であり、それを財政的な基盤にして国造知知夫国造)や秩父氏の輩出をみた。

令制国の制定以前には、知知夫国(ちちぶのくに)として独立した存在であった時期も存在していた。

708年、武蔵国秩父郡が和銅を献上、年号を和銅と改める。

近代以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領(木村) 20村 南川村、河原沢村、三山村、薄村、白井差村、上吉田村、大淵村、野巻村、芦ヶ久保村、古大滝村、新大滝村、中津川村、下名栗村、上名栗村、奥沢村、白石村、大野村、椚平村、●御堂村、三峰村
幕府領(伊奈) 1村 蒔田村
旗本領 1町
33村
●南村、●高山村、小鹿野町、飯田村、伊豆沢村、下小鹿野村、般若村、品沢村、長留村、小森村、日尾村、藤倉村、石間村、太田部村、上日野沢村、阿熊村、下吉田村、久長村、伊古田村、堀切村、下日野沢村、小柱村、金崎村、太田村、野上下郷、矢那瀬村、中野上村、本野上村、金沢村、矢納村、●田村郷、小野原村、大内沢村、●坂本村
藩領 武蔵忍藩 22村 ●山田村、横瀬村、●大宮郷、栃谷村、定峰村、三沢村、黒谷村、大野原村、皆野村、下田野村、井戸村、岩田村、金尾村、風布村、別所村、久那村、下影森村、上影森村、浦山村、上田野村、白久村、日野村
上野前橋藩 5村 ●坂石村、●坂石町分、●坂元村、北川村、贄川村
幕府領・藩領 幕府領(木村)・因幡鳥取藩 1村 寺尾村
幕府領(木村)・前橋藩 2村 皆谷村、●安戸村
旗本領・武蔵川越藩 1村 藤谷淵村

町村制以降の沿革[編集]

1.大宮町 2.横瀬村 3.芦ヶ久保村 4.高篠村 5.原谷村 6.皆野村 7.三沢村 8.白鳥村 9.樋口村 10.野上村 11.国神村 12.金沢村 13.矢納村 14.日野沢村 15.下吉田村 16.大田村 17.尾田蒔村 18.長若村 19.小鹿野町 20.上吉田村 21.倉尾村 22.三田川村 23.両神村 24.大滝村 25.白川村 26.中川村 27.浦山村 28.影森村 29.名栗村 30.吾野村 31.大椚村 32.槻川村 33.大河原村 (紫:秩父市 青:横瀬町 赤:小鹿野町 桃:皆野町 橙:長瀞町 黄:東秩父村 水色:飯能市 緑の8:大里郡寄居町 緑の13:児玉郡神川町 緑の31:比企郡ときがわ町)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。(2町31村)
    • 大宮町 ← 大宮郷、別所村(現秩父市)
    • 横瀬村(単独村制。現横瀬町)
    • 芦ヶ久保村(単独村制。現横瀬町)
    • 高篠村 ← 山田村、栃谷村、定峰村(現秩父市)
    • 原谷村 ← 大野原村、黒谷村(現秩父市)
    • 皆野村(単独村制。現皆野町)
    • 三沢村(単独村制。現皆野町)
    • 白鳥村 ← 下田野村(現皆野町)、風布村、金尾村(現大里郡寄居町)、岩田村、井戸村(現長瀞町)
    • 樋口村 ← 野上下郷、矢那瀬村(現長瀞町)
    • 野上村 ← 本野上村、中野上村、藤谷淵村(現長瀞町)
    • 国神村 ← 大淵村、金崎村、野巻村(現皆野町)
    • 金沢村(単独村制。現皆野町)
    • 矢納村(単独村制。現児玉郡神川町)
    • 日野沢村 ← 上日野沢村、下日野沢村(現秩父市)
    • 下吉田村 ← 下吉田村、久長村、阿熊村(現秩父市)
    • 大田村 ← 太田村、小柱村、堀切村、品沢村、伊古田村(現秩父市)
    • 尾田蒔村 ← 寺尾村、田村郷、蒔田村(現秩父市)
    • 長若村 ← 長留村、般若村(現小鹿野町)
    • 小鹿野町 ← 小鹿野町、下小鹿野村、伊豆沢村(現小鹿野町)
    • 上吉田村 ← 上吉田村、石間村、太田部村(現秩父市)
    • 倉尾村 ← 藤倉村、日尾村(現小鹿野町)
    • 三田川村 ← 三山村、飯田村、河原沢村(現小鹿野町)
    • 両神村 ← 薄村、小森村(現小鹿野町)
    • 大滝村 ← 大滝村、中津川村、三峰村(現秩父市)
    • 白川村 ← 白久村、贄川村(現秩父市)
    • 中川村 ← 上田野村、小野原村、日野村、久那村(現秩父市)
    • 浦山村(単独村制。現秩父市)
    • 影森村 ← 上影森村、下影森村(現秩父市)
    • 名栗村 ← 上名栗村、下名栗村(現飯能市)
    • 吾野村 ← 坂石村、坂元村、南村、南川村、北川村、高山村、坂石町分(現飯能市)
    • 大椚村 ← 大野村、椚平村(現比企郡ときがわ町)
    • 槻川村 ← 坂本村、皆谷村、白石村、大内沢村(現東秩父村)
    • 大河原村 ← 御堂村、奥沢村、安戸村(現東秩父村)
  • 1893年(明治26年)1月18日 - 中川村の一部(大字久那)が分立して久那村が発足。(2町32村)
  • 1896年(明治29年)8月1日 - 郡制を施行。
  • 1916年大正5年)1月1日 - 大宮町が秩父町に改称。
  • 1921年(大正10年)7月1日 - 吾野村・名栗村の所属郡が入間郡に変更され、郡より離脱。(2町30村)
  • 1923年(大正12年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1928年昭和3年)
  • 1940年(昭和15年)2月15日 - 野上村が町制施行して野上町となる。(5町27村)
  • 1943年(昭和18年)
    • 2月11日 - 白川村・中川村が合併して荒川村が発足。(5町26村)
    • 9月8日(5町19村)
      • 皆野町・三沢村・国神村・金沢村・日野沢村・大田村および白鳥村の一部(大字下田野)が合併して美野町が発足。
      • 樋口村および白鳥村の一部(大字岩田、井戸)が野上町に編入。
      • 白鳥村の残部(大字金尾および風布の一部)が大里郡寄居町に編入。
  • 1946年(昭和21年)12月1日 - 美野町が分村して皆野町三沢村国神村日野沢村金沢村大田村を再置。(5町24村)
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 矢納村の所属郡が児玉郡に変更され、郡より離脱。(5町23村)
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 秩父町が市制施行して秩父市となり、郡より離脱。(4町23村)
  • 1954年(昭和29年)
    • 5月3日 - 原谷村・尾田蒔村が秩父市に編入。(4町21村)
    • 11月3日 - 久那村が秩父市に編入。(4町20村)
  • 1955年(昭和30年)
    • 2月11日(4町18村)
      • 横瀬村・芦ヶ久保村が合併し、改めて横瀬村が発足。
      • 大椚村が比企郡平村明覚村と合併して比企郡都幾川村が発足し、郡より離脱。
    • 3月1日 - 皆野町・国神村・金沢村・日野沢村が合併し、改めて皆野町が発足。(4町15村)
    • 4月1日 - 小鹿野町・長若村が合併し、改めて小鹿野町が発足。(4町14村)
  • 1956年(昭和31年)
    • 3月31日 - 小鹿野町・倉尾村・三田川村が合併し、改めて小鹿野町が発足。(4町12村)
    • 8月1日(4町10村)
      • 吉田町・上吉田村が合併し、改めて吉田町が発足。
      • 槻川村・大河原村が合併して東秩父村が発足。
    • 9月30日 - 影森村が浦山村を編入のうえ町制施行して影森町となる。(5町8村)
  • 1957年(昭和32年)
    • 3月31日 - 三沢村が皆野町に編入。(5町7村)
    • 5月3日 - 高篠村・大田村が秩父市に編入。(5町5村)
  • 1958年(昭和33年)5月31日 - 影森町が秩父市に編入。(4町5村)
  • 1972年(昭和47年)11月1日 - 野上町が長瀞町に改称。
  • 1984年(昭和59年)10月1日 - 横瀬村が町制施行して横瀬町となる。(5町4村)
  • 2005年平成17年)
    • 4月1日 - 吉田町・荒川村・大滝村が秩父市と合併し、改めて秩父市が発足、郡より離脱。(4町2村)
    • 10月1日 - 小鹿野町・両神村が合併し、改めて小鹿野町が発足。(4町1村)

変遷表[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]