葛飾郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Katsushika-Katsu.pngと異なる可能性があります。
東京府・埼玉県・千葉県・茨城県葛飾郡の範囲(薄赤:後に東京市に編入された区域)

葛飾郡(かつしかぐん)は、東京府埼玉県千葉県茨城県に存在した。中世までは下総国の郡だった。西は武蔵国に接していた。葛飾は古代からの地名。

江戸時代初期に西寄りの部分が分割され武蔵国へ移され、武蔵国葛飾郡が発足した。

概要[ソースを編集]

葛飾郡は、中世以前の常陸川利根川の下流とに東西を挟まれ、南限は東京湾で、南北に細長かった。渡良瀬川の下流(太日川(おおいがわ又はふといがわ・太日河))が貫流していた。現在の江戸川(及びその後に成立した中川)のほぼ流域に当たる。

現在の行政区域では、北は渡良瀬川と利根川の合流地点である茨城県古河市、江戸川の西の流域である埼玉県幸手市吉川市三郷市東京都葛飾区墨田区江東区江戸川区、千葉県浦安市、江戸川の東の流域である千葉県野田市流山市柏市松戸市市川市船橋市にまたがる広大な郡であった。

葛飾郡総社は、船橋市西船五丁目にある葛飾神社である。

1878年(明治11年)の郡区町村編制法の制定により、同年に一部が東葛飾郡西葛飾郡南葛飾郡に、翌1879年(明治12年)に残部が北葛飾郡中葛飾郡となり消滅した。

郡域[ソースを編集]

5分割された葛飾郡の範囲(橙:南葛飾郡 緑:北葛飾郡 紫:中葛飾郡 黄:東葛飾郡 水色:西葛飾郡)

現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

東京都
千葉県
  • 松戸市(高柳を除く)
  • 野田市(長谷、小山、筵内を除く)
  • 流山市の全域
  • 市川市(公有水面埋立地を除く)
  • 浦安市(公有水面埋立地を除く)
  • 柏市(大字呼塚新田、根戸新田、松ヶ崎新田、宿連寺、布施、弁天下以東および大津川以東を除く)
  • 鎌ケ谷市(大字軽井沢を除く)
  • 船橋市(概ね東船橋、駿河台一丁目、市場、東町、米ヶ崎町、高根町、新高根、南三咲、三咲町、三咲、みやぎ台、咲が丘以西、及び七林。公有水面埋立地を除く)
埼玉県
茨城県

歴史[ソースを編集]

古代[ソースを編集]

律令制の時代に、南流し東京湾へ注ぐ太日川渡良瀬川の下流、後の江戸川)の右左岸域に下総国の葛飾郡が定められた。その西は利根川を境として武蔵国と接していた。下総国府(現在の市川市)は葛飾郡に置かれ、下総国の政治的な中心だった。

葛飾は古代からの地名で、奈良正倉院文書には「葛餝郡」と記されている。

武蔵国との境界[ソースを編集]

中世以前の利根川下流(現在の古利根川)は東京湾へ注いでおり、現在の加須市川口より下流を境に東側が下総国葛飾郡、西側が武蔵国であった。なお古利根川が東京湾へ注ぐ最下流は分流となっており、国境となる河道は、亀有で現在の中川から分かれ、足立区・葛飾区の境の古隅田川を通り、現在の隅田川[1][2]を約2km流れ横十間川の方向へ向かう分流の河口から東京湾へ注いだ。

中世[ソースを編集]

郡内に下河邊荘、下河邊野方荘、八幡荘、松戸荘、風早荘、夏見御厨葛西御厨、葛西猿俣荘、大結牧といった荘園が成立した。また、この地域が広大であった事から中心線の太日川を境界として東側を葛東郡(あるいは葛東)、西側を葛西郡(あるいは葛西)と称する慣習が現れた(ただし、正式な郡名ではない)。

近世[ソースを編集]

徳川家康江戸入府後の利根川東遷事業により、太日川利根川下流となり、1683年貞享3年)また一説によれば寛永年間1622年-1643年)に太日川より西の地域を下総国から武蔵国へ編入し武蔵国葛飾郡が発足した(この地域を「葛西」と呼ぶ場合もある)。この際に、武蔵国豊島郡だった牛島(墨田区)、永代島(江東区)などを武蔵国葛飾郡へ移した。

同じ寛永年間に江戸川の本流として関宿(現野田市)・金杉(現松伏町)間の旧太日川の東側に新たな流路が開削された。この江戸川と旧太日川に挟まれた区間については下総国葛飾郡のままとされた。

江戸時代、江戸幕府の支配の下で、当郡内のうち江戸城に近い本所深川江戸市街地の一部を構成し、町人地区は町奉行の支配下に置かれた。[1][2]一方、利根川に面する軍事・交通上の要衝である古河や関宿には譜代大名が配置された(古河藩関宿藩)。初期には山崎(現野田市)や栗原(現船橋市)、藤心(ふじごころ。または相馬郡舟戸。ともに現柏市)に規模の小さなが置かれていたこともある(下総山崎藩栗原藩舟戸藩)。しかし、これらの藩の領地はいずれも当郡の一部を占めるのみであり、郡内の多くの村は関東郡代支配下の幕府直轄領(天領)または旗本支配地とされた。

近世までは、後の南葛飾郡域を指して葛西と呼んでいた。[1][2]

近代以降の沿革[ソースを編集]

所属町村の変遷は南葛飾郡#郡発足までの沿革北葛飾郡#郡発足までの沿革中葛飾郡#郡発足までの沿革東葛飾郡#郡発足までの沿革西葛飾郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照
  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での、当郡域15町612村[3]の支配は以下の通り。他にも寺社領、寺社除地が各村に散在。(15町612村)
    • 後の南葛飾郡域(6町114村) - 幕府領(佐々井半十郎支配所)、旗本領一橋徳川家
    • 後の北葛飾郡域(1町165村) - 幕府領(小笠原甫三郎支配所、佐々井半十郎支配所)、旗本領、一橋徳川家領、武蔵岩槻藩
    • 後の中葛飾郡域(43村) - 幕府領(小笠原甫三郎支配所)、旗本領、一橋徳川家領、下総関宿藩、武蔵岩槻藩、駿河田中藩
    • 後の東葛飾郡域(6町242村) - 幕府領(支配所不明)、旗本領、与力給知、下総関宿藩、駿河田中藩
    • 後の西葛飾郡域(2町48村) - 幕府領(支配所不明)、旗本領、下総古河藩、下総関宿藩、下野壬生藩
  • 慶応4年
    • 7月10日1868年8月27日) - 旧幕府代官の桑山効が武蔵知県事に就任。田中藩領(転封予定)の一部および幕府領・旗本領の一部(町地を除く後の南葛飾郡域、北葛飾郡域のうち佐々井支配所の管轄地域、東葛飾郡域の一部)を管轄。
    • 7月13日(1868年8月30日) - 駿河田中藩が安房長尾藩転封
    • 8月4日(1868年8月23日) - 熊本藩士の佐々布直武(尚之丞)が下総知県事に就任。旧田中藩領の残部、幕府領・旗本領(後の中葛飾郡・西葛飾郡域および東葛飾郡域の残部)を管轄。
    • 8月8日(1868年8月27日) - 幕府領の一部(後の北葛飾郡域のうち小笠原支配所の管轄地域)が下総知県事の管轄となる。
    • 領地替えにより、岩槻藩領が後の東葛飾郡域にも設置される。
  • 明治元年
  • 明治2年
    • 1月13日(1869年2月23日) - 下総知県事・水筑竜、武蔵知県事・河瀬秀治の管轄区域にそれぞれ葛飾県小菅県を設置。
    • このころ一橋徳川家領のうち、後の南葛飾郡域が小菅県、北葛飾郡・中葛飾郡域が葛飾県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治6年(1873年6月15日 - 印旛県が木更津県に統合して千葉県が発足。
  • 明治8年(1875年
    • 5月7日 - 新治県廃止に伴う茨城県・千葉県の再編に合わせて、千葉県葛飾郡のうち利根川および旧利根川(現中川権現堂川)以北の区域(後の西葛飾郡)が茨城県に、江戸川以西の区域(後の中葛飾郡)が埼玉県に移管。
  • 明治11年(1878年
    • 11月2日 - 郡区町村編制法の東京府・千葉県での施行により、東京府葛飾郡の区域をもって南葛飾郡、千葉県葛飾郡の区域をもって東葛飾郡がそれぞれ発足。東京の市街地および隣接区域が本所区深川区に編入され、郡より離脱。残部は葛飾郡として存続。
    • 12月2日 - 郡区町村編制法の茨城県での施行により、茨城県葛飾郡の区域をもって西葛飾郡が発足。残部は葛飾郡として存続。
  • 明治12年(1879年3月17日 - 郡区町村編制法の埼玉県での施行により、埼玉県葛飾郡のうち武蔵国の区域をもって北葛飾郡、下総国の区域をもって中葛飾郡がそれぞれ発足。同日葛飾郡消滅。

備考[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c 牛島(墨田区向島、吾妻橋、東駒形ほか)や永代島(江東区永代、佐賀、福住)などについては、中世まで武蔵国豊島郡で、江戸時代に干拓に伴い下総国および葛飾郡と地続きになり一体化した可能性がある(下記リンク参照)。
  2. ^ 村数の数え方には諸説あり、「角川日本地名大辞典」の記述では「旧高旧領取調帳」では武蔵国289村・12万3,595石、下総国340村・12万4,316石とある。

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1879年
次代:
南葛飾郡東京府
北葛飾郡中葛飾郡埼玉県
東葛飾郡千葉県
西葛飾郡茨城県