亀戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 江東区 > 亀戸

亀戸(かめいど)は、東京都江東区の地名で、城東地域内である。郵便番号は、136-0071である。

概要[編集]

江東区の北部エリアにあり、亀戸駅の北に、蔵前橋通り、南に、国道14号京葉道路)が通っている地域である。繁華街オフィス街商店街住宅街 と様々な風情な街である。錦糸町と合わせて『錦糸町・亀戸副都心』の指定を、東京都から受けているが、錦糸町が墨田区、亀戸は江東区になっているので、行政区分は二つの行政区内にある繁華街である。鉄道はJR総武線・東武鉄道亀戸線が利用できる。

地理[編集]

東西南北を川に囲まれた地形である。東に江戸川区平井・西に墨田区太平・南に江東区大島・北に墨田区文花

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、亀戸1-25-7の地点で43万4000円/m2となっている[1]

公園[編集]

区立公園

  • 亀戸公園
  • 亀戸水上公園
  • 文泉公園
  • 亀戸駅前公園
  • 亀戸二丁目公園
  • 亀島公園
  • 亀戸三丁目公園
  • 亀戸四丁目ふれあい公園
  • 香取公園
  • 亀戸四丁目公園
  • 水神公園
  • 亀戸五丁目公園
  • 亀戸五丁目第二公園
  • 亀戸緑道公園
  • 亀戸南公園
  • 亀戸平岩公園
  • 亀戸平岩第二公園
  • 亀戸東公園
  • 亀戸七丁目北公園
  • 亀戸七丁目南公園
  • 亀戸七丁目西公園
  • 亀戸九丁目公園
  • 亀戸九丁目緑道公園
  • 亀戸運動公園

都立公園

河川[編集]

歴史[編集]

亀戸と書いて「かめいど」と読むのは難読地名の一つといえるが、元々は亀井戸と書いたことに由来するものである。元々の地名は「亀島」(または亀ヶ島、亀津島)で、その名の通り亀の形に似た島であったことによる。後に島の周辺に土砂が堆積して周りの島々と陸続きになり、亀島は亀村と呼ばれるようになった。これが、現在の亀戸三丁目附近にあった臥龍梅庭の井戸「亀ヶ井」と混同されて「亀井戸」と呼ばれるようになり、さらに「井」が取れて亀戸となった(亀津島の津(「つ」は古語で「の」の意)が「と」に変化したものとする説もある)。

亀戸村のうち、亀戸天神・天神橋周辺、北十間川南岸(境橋周辺)、および十間川東岸(日鐵NDタワー周辺)の各地の百姓商売屋は1664年寛文4年)に取立てられ、1697年元禄10年)に町地となり、亀戸町・亀戸境町・亀戸清水町が成立した。この三町は正徳3年閏5月11日1713年7月3日)に本所の町地が町奉行に移管された際に、町奉行と代官の両支配地となった。1872年明治5年)に亀戸町以外は亀戸村に再び合併した。

1889年(明治22年)市制町村制施行が施行された際に横十間川以西が東京市、以東が南葛飾郡とされ、南葛飾郡内の各村も合併・再編された(「明治の大合併」)。それまでの亀戸村も、新設の各村((新)亀戸村大島村吾嬬村)、そして東京市深川区本所区へ編入された。

大島村に編入された区域は大島村大字亀戸、吾嬬村に編入された区域は吾嬬村大字亀戸になり、「亀戸」の地名は残っていたが、大島町(1900年町制施行)は1915年大正4年)に、吾嬬町(1912年町制施行)は1930年昭和5年)にそれぞれ町内の大字と小字を改編して、大島町大字一~八丁目、吾嬬町大字東一・五丁目となったため、区域内における「亀戸」の地名は消滅した。
また、東京市に編入された区域は、暫定的に深川区ならびに本所区内の「村」として残っていたが、1891年(明治24年)に近隣の町域に組み込まれた。すなわち深川区亀戸村字南江耕地が深川猿江裏町に、字大横川が深川東町に、字古石場が深川古石場町に、本所区亀戸村字水神西宅地(飛地)が押上町に、字矢場耕地が本所太平町一~二丁目柳島町本所錦糸町本所柳原町一~二丁目に、字大横川が本所柳原町三丁目にそれぞれ編入された。

現在の亀戸はこの時に成立した(新)亀戸村の区域である。これには南葛飾郡(旧)亀戸村の大部分、深川出村、南本所出村、北本所出村の各一部(飛地)のほか、柳島村、小梅村、中之郷村、押上村の各一部、本所区亀戸町(上述の亀戸町)、本所松代町四丁目(もと深川松代町四丁目)、本所瓦町(もと南本所瓦町)、本所五ノ橋町(もと小梅五之橋町・中之郷五之橋町)の各全域が含まれた。

1945年(昭和20年)の東京大空襲で亀戸の大部分が焼失したが、旧中川沿いの亀戸九丁目の大部分は焼け残った。これを受け毎年8月15日に旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流しを開催している。

臥龍梅[編集]

江戸時代、江戸の東はずれに亀戸天神があり、ここから東は民家がきれ、田畑ばかりが広がっていた。亀戸天神から北東400メートル足らずの場所に臥龍梅があった。農家の梅であるが、享保九年に吉宗が隅田川辺への鷹狩の途次たち寄って、世に知られた。創始の伊勢屋彦右衛門という人は本所に住む商人であったが、風雅を好んで別荘をつくって、梅をたのしんでいた。梅は成長して奇木となって、龍が地面に臥すような形で四方に枝をのばした。地についた枝から根を生じ、そこから新しく枝を出すというように、まわりに広がっていった。伊勢屋の子孫はここに住んで農業を営み、臥龍梅を育てつづけた。吉宗がきて以来、臥龍梅は御用木となっていたのである。寛政四年)(1792年)ごろには、もとの臥龍梅は枯死したが、枝から次々と根を出すので、二代、三代と臥龍梅がついていた。臥龍梅は、一本から分かれた梅だけであったものを、遊客がふえるにつれて、梅を数百本にふやし、茶屋をつくって客をもてなすようになった。臥龍梅が梅屋敷へと脱皮したのである。

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

施設[編集]

行政[編集]

図書館[編集]

  • 区立亀戸図書館

防犯・防災[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

  • 区立
    • 第一亀戸小学校
    • 第二亀戸小学校
    • 香取小学校
    • 水神小学校
    • 浅間竪川小学校

中学校[編集]

高等学校[編集]

専修学校[編集]

職業訓練[編集]

職業能力開発校[編集]

  • 公立
    • 東京都立城東職業能力開発センター(旧・東京都立亀戸技術専門校)

金融機関[編集]

銀行[編集]

信託銀行[編集]

信用金庫[編集]

労働金庫[編集]

信用組合[編集]

神社・寺院[編集]

神社[編集]

亀戸天神
  • 亀戸天神(東宰府)
    • 御嶽神社
  • 香取神社(旧亀戸村鎮守)
  • 天祖神社(旧柳島村鎮守)
  • 亀戸浅間神社
  • 水神社(亀戸水神)
  • 石井神社(おしゃもじ稲荷)
  • 梅屋敷伏見稲荷神社(三丁目。旧亀戸梅屋敷跡)
  • 稲荷神社(六丁目。平岩公園内)
  • 豊川稲荷(六丁目)

寺院[編集]

著名な出身者[編集]

名物[編集]

主な出来事[編集]

亀戸が舞台の作品[編集]

テレビドラマ[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]