潮見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 江東区 > 潮見
潮見
JR潮見駅
JR潮見駅
潮見の位置(東京23区内)
潮見
潮見
潮見の位置
北緯35度39分31.51秒 東経139度49分0.35秒 / 北緯35.6587528度 東経139.8167639度 / 35.6587528; 139.8167639
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Koto, Tokyo.svg 江東区
地域 深川地域
面積
 • 合計 0.69km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 6,118人
 • 密度 8,900/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
135-0052[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

潮見(しおみ)は、東京都江東区の地名。現行行政地名は潮見一丁目及び潮見二丁目。郵便番号は135-0052[2]

地理[編集]

東京都江東区の南部に位置し、深川地域に属する。隣接する地域は、北は塩浜、東は新砂、南は辰巳、西は枝川。町域全体が埋立地の人工島から成り立つ。町域の北辺を汐見運河、西辺を曙北運河、南辺を砂町運河、東辺を東雲北運河と接する。地区中部をJR京葉線が走る。

歴史[編集]

8号埋立地造成と「潮見」命名の経緯[編集]

東京都港湾局発行の「東京港史」によると、「明治43年に着手した市内河川改修工事の浚渫土砂を使って、深川塩崎町・同浜園町の一部を埋め立て、…大正4年には深川枝川町1・2丁目、同10年には深川豊洲の一部、同13年には深川枝川町地先第8号埋立地(現在の潮見2丁目界隈)の工事を実施した。 第8号埋立地については、その後廃棄物処分場(現在の潮見1丁目界隈)として利用したため、昭和42年に竣工している。」とあり、「深川区深川枝川町地先第8号埋立地」という名称が歴史上「潮見」の最初の命名である。

「蟻の街」移転と潮見教会設立[編集]

住民が入植する前の、1960年(昭和35年)6月4日、隅田公園一角にあった廃品回収を生業とする「蟻の街」が、東京都江東区深川8号埋立地へ移転した。敷地面積は16000m2で、旧蟻の街の10倍であった。新蟻の街では、バタ車と呼ばれた手押し車や重労働であった梱包作業は姿を消し、トラックとベルトコンベヤによる全自動装置によるものに変わった。公衆浴場、児童公園、保育室などの福利厚生施設も建設されるなど、恵まれた社会環境が整備された。蟻の街教会はカトリック枝川教会となって小教区に認められ、現在はカトリック潮見教会と名称を変更している。埋立地「潮見」の成り立ちを物語る貴重な歴史の記録である。潮見教会の礼拝堂入口や教会のホームページにも、詳述が掲載されている。(詳細は項目「蟻の街」を参照)

江東区編入と正式居住の開始[編集]

昭和43年2月30日、江東区はどこの区にも属さず正式な住所の無い「番外地」であった8号埋立地を編入した。その際、潮の香のただよう地の町名として「潮見」と名付けられた。

町に正式な居住が始まったのは、江東区編入より前の1967年(昭和42年)頃との記録もあるが、それ以前に居住がすでに始まっていたなどの住民証言もあり、諸説あるものと思われる。

昭和41年4月に「潮見1・2丁目町会」が設立されたと記録にはあるが、町会が今でも所有する住民から寄贈された太鼓には、それ以前より「自治会」が存在した事が伺うことの出来る「潮見1・2丁目自治会」の名が刻まれている。

当時は東京湾最南端の埋立地(夢の島、若洲はこの後埋立が進む事となる)であり、昭和42年の埋立竣工前までは都内廃棄物の最終処分場であったため、海運関係の倉庫街、鉄工所、造船所、清掃事業所などの典型的な準工業地区として町が成長していった。

京葉線潮見駅開業と集合住宅の開発[編集]

1990年3月10日の京葉線の新木場東京間延伸により、潮見駅の開業を発端として急速な集合住宅開発が進行し、昔の潮見を物語る物が徐々に無くなりつつある。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
潮見一丁目 1,363世帯 2,615人
潮見二丁目 1,756世帯 3,503人
3,119世帯 6,118人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

丁目 番地 小学校 中学校
潮見一丁目 全域 江東区立枝川小学校 江東区立深川第八中学校
潮見二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 東京都交通局都営バス
    • 潮見駅前バス停(駅前ロータリー内)
      • 木11乙:東陽町駅前
      • 江東01(江東区コミュニティバス「しおかぜ」):枝川・木場駅方面(木場ルート)、辰巳駅・辰巳団地方面(辰巳ルート)
    • 潮見一丁目バス停
      • 錦13乙:錦糸町駅
      • 錦13乙:深川車庫
    • 潮見二丁目バス停
      • 江東01(江東区コミュニティバス「しおかぜ」):枝川・木場駅方面(木場ルート)、辰巳駅・辰巳団地方面(辰巳ルート)
    • 深川暁橋南バス停
      • 江東01(江東区コミュニティバス「しおかぜ」):枝川・木場駅方面(木場ルート)
    • 潮見一丁目アパート前バス停
      • 江東01(江東区コミュニティバス「しおかぜ」):辰巳駅・辰巳団地方面(辰巳ルート) 

道路・橋梁[編集]

道路
橋梁

施設[編集]

大型集合住宅[編集]

  • ダイアパレス潮見(91世帯/分譲/1997年入居)
  • ルネ・グランマリーナ潮見(440世帯/分譲/1999年12月入居)
  • 潮見一丁目アパート(都営住宅・都民住宅の合築)(482世帯/賃貸/2000年10月入居)
  • UR都市機構潮見駅前プラザ1番街・2番街(440世帯/賃貸/2002年4月入居)
  • クレストフォルム東京ビューフォート(267世帯/分譲/2002年4月入居)
  • フィットエル潮見(150世帯/賃貸/2008年2月5日入居)
  • クレストスカイウイング(117世帯/分譲/2013年4月入居)

大型商業施設[編集]

  • マルエツ潮見店(2002年開店)
  • ヤマダ電機テックランドNew江東潮見店(2007年開店、2015年5月31日閉店)
  • サンヨーG&Bアウトレット潮見店(2009年開店)(2017年閉店)

飲食店[編集]

コンビニエンスストア[編集]

  • 潮見駅南店(駅徒歩2分/旧カテナ本社ビル横)
  • 潮見一丁目店(駅徒歩5分)
  • ローソン アパホテル東京潮見駅前店(アパホテル東京潮見駅前の1階)
  • セブンイレブン 江東潮見2丁目店

事業所など[編集]

撤退した事業所[編集]

  映画テレビドラマ踊る大捜査線」(フジテレビ系)で「湾岸署」として使われた。JR潮見駅から徒歩4分の距離にあり、京葉線を走行中の電車からも見ることができる。2010年2月に移転。

  • カテナ(ソフトウエア開発)

  2010年4月、システムプロ(現システナ)との合併により撤退。

その他の施設[編集]

  • 潮見運動公園
  • 駅から徒歩4分にはカトリック中央協議会(カトリック司教協議会)が入っている日本カトリック会館と、カトリック潮見教会がある。潮見教会は蟻の街の潮見への移転に伴って開設されたものである(詳細は蟻の街の記事を参照)。
  • 駅東側より徒歩5分程度タイムズカーレンタル潮見駅前店がある。
  • 高架下は飲食店等の他、かつて初乗り500円の「ワンコインタクシー」で有名であったアシストの潮見営業所となっている。
  • 駅東側に客室数706室のアパホテル東京潮見駅前が2009年9月17日に開業した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世帯と人口(毎月1日)”. 江東区 (2017年12月1日). 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ 区立小学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ 区立中学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]