東雲 (江東区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 江東区 > 東雲
東雲
—  町丁  —
江東区東雲付近
東雲の位置(東京23区内)
東雲
東雲
東雲の位置
座標: 北緯35度38分22.84秒 東経139度48分15.43秒 / 北緯35.6396778度 東経139.8042861度 / 35.6396778; 139.8042861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Koto, Tokyo.svg 江東区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 23,630人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 135-0062[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

東雲(しののめ)は、東京都江東区町名。現行行政地名は東雲一丁目及び東雲二丁目。郵便番号は135-0062[2]

地理[編集]

豊洲から望む東雲

江東区臨海部に位置し、深川地域内にあたる。東京湾埋立6号地並びに11号地を範囲とする。国道357号(湾岸道路)の北側には住宅地が多く、南側には東雲鉄鋼団地が区画されており、工業用地として使用されている。UR賃貸住宅(建設当時は都市基盤整備公団)の東雲キャナルコートCODAN。トミンタワー東雲、Wコンフォートタワーズ、アップルタワー、キャナルファーストタワー、ビーコンタワーレジデンス、プラウドタワー東雲キャナルコート、パークタワー東雲、Be-Cityなどの超高層分譲マンション等の建設により人口が増加している。

また、東雲合同庁舎公務員宿舎東雲住宅、他に三越の配送センター跡地にオフィスビルとしてKDX豊洲グランスクエアが建設された。東雲一丁目では、東京都内のイオンで唯一24時間営業(食品フロアのみ)のイオン東雲店やスーパーオートバックス東雲店などが営業している。

歴史[編集]

1923年大正12年)の関東大震災の瓦礫処理で当地や有明豊洲などが埋め立てられた。このエリアは、1980年代後半までは主に工業地として使われていた[出典無効]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
東雲一丁目 7,953世帯 17,731人
東雲二丁目 2,713世帯 5,899人
10,666世帯 23,630人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

丁目 番地 小学校 中学校
東雲一丁目 9番11〜42号 江東区立第二辰巳小学校 江東区立辰巳中学校
5番18号 江東区立有明小学校 江東区立有明中学校
その他 江東区立東雲小学校
東雲二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

場所によっては、東京メトロ有楽町線豊洲辰巳両駅からの方が近い場合もある。

路線バス[編集]

東雲を発着・経由する都営バスの路線は東雲二丁目にある都営バス深川営業所(深川車庫)の所管で、主に江東区深川地域や臨海部、中央区方面の路線を運行している。

京成バス東雲車庫からは東京駅を経由して千葉県への高速バスが発着する。

東北急行バス東京営業所からは長距離高速バスが発着する。

イオン東雲店前からはビィー・トランセグループの高速バスが発着する。

道路[編集]

施設[編集]

公園
教育
企業

閉鎖された施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世帯と人口(毎月1日)”. 江東区 (2017年12月1日). 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ 区立小学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ 区立中学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]