千田 (江東区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 江東区 > 千田 (江東区)
千田
—  町丁  —
千田の位置(東京23区内)
千田
千田
千田の位置
座標: 北緯35度40分52.62秒 東経139度48分55.25秒 / 北緯35.6812833度 東経139.8153472度 / 35.6812833; 139.8153472
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Koto, Tokyo.svg 江東区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 1,842人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 135-0013[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

千田(せんだ)は、東京都江東区の地名。「丁目」の設定のない単独町名である。郵便番号は135-0013[2]

地理[編集]

東京都江東区の地理的中央部に位置し、深川地域に属する。北で扇橋、東で海辺、南で千石、西で石島と接する。町域の中央を四つ目通りが南北方向に縦走している。四つ目通り沿いには、江東公園がある。

歴史[編集]

江戸時代には江戸で出た塵芥の埋立地であった。この埋立地を1723年享保8年)に近江屋庄兵衛と井籠屋万蔵らが2年の歳月をかけて開発した。その際に、近江屋の名字が千田であったことから千田新田という名がついた。

その後、千田新田は深川石島に吸収されたが、1936年昭和11年)に深川千田町として独立、1968年(昭和43年)の郵便番号導入に伴う住居表示実施からは千田という名称になった。

地名の由来[編集]

開発の中心となった近江屋庄兵衛の苗字が千田であったことによる。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
千田 1,056世帯 1,842人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

番地 小学校 中学校
1〜15番 江東区立扇橋小学校 江東区立深川第四中学校
その他 江東区立川南小学校

交通[編集]

バス[編集]

東22(所管:江東
錦糸町駅 - 住吉駅 - 千田 - 江東区役所 - 東陽町駅 - 木場駅 - 門前仲町 - 永代橋 - 茅場町 - 日本橋 - 東京駅丸の内北口
錦22(所管:臨海
錦糸町駅 - 住吉駅 - 千田 - 江東区役所 - 東陽町駅 - 南砂町駅入口 - 臨海車庫葛西臨海公園北入口)

道路[編集]

施設[編集]

  • 江東区千田福祉会館
  • 江東千田郵便局
  • 江東区立千田保育園
  • 光明寺
  • 宇迦八幡宮 - 石造六角宝塔(貞享2年在銘)が置かれている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世帯と人口(毎月1日)”. 江東区 (2017年12月1日). 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ 区立小学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ 区立中学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]