清澄 (江東区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 江東区 > 清澄
清澄
Kiyosumi
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 江東区
地域 深川地域
人口 (2016年(平成28年)1月1日現在)[1]
 - 計 3,391人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 135-0024
ナンバープレート 足立

清澄(きよすみ)は、東京都江東区の地名で、旧深川区にあたる深川地域内である。

概要[編集]

深川地域西部に位置する。清澄のシンボルともいえる清澄庭園をはじめ、深川図書館が所在し周辺住民が集う憩いの場所として賑わいを見せている。長らく深川を冠していたことから「深川清澄」の名で親しまれている。これは、現在でも旧深川区内に根強く残る習慣である。

隣接する白河と共に清澄・白河エリアは、深川北部の森下高橋と南部の門前仲町富岡に挟まれた立地条件から、深川地域行政の集約地として機能していた。その後、深川区などの合併により江東区が発足すると同時に、区役所も地理的中心地の東陽に設置された。区役所所在時の賑わいは失ったものの、現在も複数の行政施設を保有し、その面影を残している。

2000年12月大江戸線開通や2003年3月半蔵門線延伸により、交通利便性が急速に向上したエリア。高層マンションの建設など再開発が盛んである。また近年になってブルーボトルコーヒー日本第一号店が出店された事等により「コーヒー聖地」として急激にクローズアップもされ、週末等には若い世代の観光客が急増した。

河川[編集]

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、清澄2-13-12の地点で47万7000円/m2となっている[2]

歴史[編集]

徳川家康の江戸入府の頃は干潟だった。江戸時代に入り1629年寛永6年)頃、この一帯の干潟を開拓した猟師町開拓八人の一人に弥兵衛という者がおり、その名を由来として弥兵衛町と呼ばれていた[3]。無年貢地で御菜御用などをつとめたが、寛文10年に年貢地となり、1695年元禄8年)の検地の際に清住町と命名された。この清住は弥兵衛のだと考えられている[3]。清住町に伊勢崎町・西大工町・裏大工町・仲大工町が合併した1932年昭和7年)に深川清澄町に改称され、現在に至る[3]

施設[編集]

行政
  • 江東区立深川図書館
公園
  • 清澄公園
教育私学

観光[編集]

名所
史跡

交通[編集]

鉄道
バス
道路

画像一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]