中村中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村中学校・高等学校
Nakamura Junior & Senior Girls' High School.JPG
過去の名称 私立深川女子技芸学校
私立中村高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人中村学園
校訓 清く直く明るく
設立年月日 1903年
創立者 中村清蔵
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科国際科
学期 2学期制
高校コード 13600A
所在地 135-8404
東京都江東区清澄二丁目3番15号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

中村中学校・高等学校(なかむらちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都江東区清澄二丁目に所在する私立中学校高等学校。1903年、渋沢栄一と並ぶ明治屈指の実業家の中村清蔵によって設立された私立深川女子技芸学校を起源とする。

沿革[編集]

  • 1903年 - 深川女子技芸学校 設立
  • 1909年 - 中村高等女学校 創立
  • 1923年 - 関東大震災により校舎焼失
  • 1925年 - 現在地に新校舎落成
  • 1927年 - 制服制定
  • 1928年 - 校歌制定
  • 1945年 - 東京大空襲により校舎焼失
  • 1947年 - 学制改革により中村中学校新設
  • 1948年 - 中村高等学校に改称
  • 1949年 - 新校舎落成
  • 1959年 - 創立50周年。新校舎落成
  • 1969年 - 中村中学校募集休止
  • 1991年 - 中村中学校募集再開。制服改定
  • 1999年 - 新校舎落成
  • 2000年 - 高等学校普通科に国際コース設置
  • 2005年 - 国際コースを国際科に改組
  • 2006年 - 完全中高一貫校化(2009年度より高等学校の募集停止)
  • 2009年 - 創設100周年。新制服制定

創設者[編集]

中村清蔵(1861-1925)は、明治大正時代に活躍した実業家。旧名は鈴木半次郎。1876年に、日本橋小網町の焼き芋屋から米穀商「上総屋」へと成功した千葉出身の叔父・清右衛門(初代清蔵)の養子となり、「上清(じょうせい)」の名で早くから深川正米市場に進出し米相場で成功し、同市場の有力者となった[1]。1885年に東京市深川区深川佃町で「かねじょうみそ」の名で味噌醸造を始め(のちの日本味噌株式会社)、倉庫業にも進出[2][3]。1901年中加貯蓄銀行会長、翌年倉庫銀行頭取に就任[2]。1907年頃に正米市場を離れて実業方面に注力し、金城銀行、明治商業銀行、大日本製糖、日本護謨などの重役を務め、深川区議、東京府議も務めた[1]。兄の孫に鈴木久五郎[4]

部活動[編集]

運動部
  • バレーボール部
  • バスケットボール部
  • バドミントン部
  • テニス部(硬式)
  • バトン部
  • ダンス部
  • 新体操部
  • ソフトボール部
  • 卓球部
  • 剣道部
  • サッカー部
文化部
  • 吹奏楽部
  • 家庭科部
  • 書道部
  • 軽音楽部
  • 美術部
  • 茶道部
  • 写真部
  • ハンドベル部
  • イラストレーション部
  • 演劇部
  • 放送部
  • 合唱部
  • 文芸部

交通[編集]

  • 東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線清澄白河駅より徒歩1分

制服[編集]

※ 中高共、2009年度より新制服誕生。

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 中村清蔵20世紀日本人名事典
  2. ^ a b 中村清蔵 なかむら-せいぞう日本人名大辞典
  3. ^ 沿革・かねじょうみその生い立ち日本味噌公式サイト
  4. ^ 『実業之世界』1909年6月号p6「嘗て余が一千万円を勝ち得たる経路」鈴木久五郎

外部リンク[編集]