夢の島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 江東区 > 夢の島
夢の島
江東区夢の島陸上競技場
江東区夢の島陸上競技場
夢の島の位置(東京23区内)
夢の島
夢の島
夢の島の位置
北緯35度38分59.56秒 東経139度49分41.87秒 / 北緯35.6498778度 東経139.8282972度 / 35.6498778; 139.8282972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Koto, Tokyo.svg 江東区
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 0人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
136-0081[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 江東

夢の島(ゆめのしま)は、東京都江東区町名。現行行政地名は夢の島1丁目から夢の島3丁目。郵便番号は136-0081[2]。町域の大部分を夢の島公園が占める。

概要[編集]

江東区の町としての「夢の島」は、人工島埋立地)である「東京湾埋立14号地」[4]のうち、湾岸道路より北の部分を占める。湾岸道路より南は新木場1丁目から4丁目である。

なお「5号地」は豊洲(6・7号地の一部を含む)、「7号地」は辰巳1・2丁目、「8号地」は潮見[4]、「10号地」は有明、「11号地」は東雲(6号地の一部を含む)、「12号地」は辰巳3丁目、「13号地」は台場、「15号地」は若洲[4]である。

北は夢の島大橋新砂と繋がる。西は曙運河を挟んで辰巳、東は荒川を挟んで江戸川区臨海町である。地区の西寄りを南北に明治通りが通り、明治通りの西側には夢の島競技場、夢の島運動広場がある。明治通りの東側は大部分が夢の島公園で、園内には東京スポーツ文化館、東京都立第五福竜丸展示館夢の島熱帯植物館があり、地区の東端近くには新江東清掃工場、夢の島マリーナ、少年野球場などがある。周辺の埋立地には倉庫工場が立ち並び、東雲駅豊洲駅潮見駅周辺には高層マンション街やオフィス街もある。

地区の南を通る首都高速湾岸線JR京葉線は、千葉県浦安市船橋市千葉市方面へも直結している。りんかい線新木場駅もあるため、品川お台場方面(台場公園)へのアクセスも良い。

埋立開始当時は東京市飛行場が建設される予定であった。戦後間もない頃には海水浴場として賑わい、遊園地などが計画されるようになる。そのせいもあり当時のマスコミなどが埋立地を「夢の島」と呼ぶようになり、この俗称が自然と定着して、1969年(昭和44年)には正式な行政地名として「夢の島」が採用された[5]

正式に江東区の町名となったのは1975年(昭和50年)3月1日である。当時は「丁目」の設定がなかったが、2009年平成21年)11月1日住居表示が実施され、夢の島1・2・3丁目となった。

地勢[編集]

夢の島の航空写真(1989年撮影)国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

夢の島地区のほぼ全域が公園で占められ、東京湾に浮かぶ緑の島の様相を呈している。夢の島公園は東京都内有数の敷地面積(43ha)を誇る。

海抜5mから10mの高さがあり、ゼロメートル地帯の多い江東区内では最も標高の高い地域である。

歴史[編集]

埋立開始と飛行場計画[編集]

戦前の1938年(昭和13年)、東京市の「東京市飛行場」建設のために東京湾の埋め立てが開始されたのが夢の島の始まりである。当時としては世界最大級の飛行場となる計画であったが、日中戦争に伴い工事用電力の供給設備資材を確保できず、完成を見ぬまま1941年(昭和16年)に工事は中止された。終戦後、GHQ羽田空港を接収し、進駐軍の大型機離着陸用として整備したため、夢の島の飛行場計画は事実上消滅した。残された埋立地は海水浴場として賑わっていた[5][6]

東京ゴミ戦争[編集]

1950年代高度成長期には東京都内でごみが急増し始め、それに対応するため東京都は当地をゴミの最終処分場として決定し、1957年(昭和32年)12月よりゴミの埋め立てが開始された。埋め立て中の1961年(昭和36年)7月23日に埋立地北部から出火、消防艇3隻での消火活動も及ばず2週間に渡り燃え続け、4万平方メートルが焼失している[7]。これは当時の総面積の約40パーセントに相当した[7]

1965年(昭和40年)7月16日、夢の島で発生したハエの大群が強い南風に乗って、江東区南西部を中心とした広い地域に拡散し大きな被害をもたらした[8]。夢の島の南側に位置する南砂町小学校ではハエ取りが放課後の日課となった。東京都と江東区による懸命な消毒作業が行われたが抜本的な解決には至らず、警察・消防・自衛隊らの協力を得て断崖を焼き払う「夢の島焦土作戦」が実行された[5][9]1967年(昭和42年)にはゴミの埋め立てが終了した。

東京都の最終処分場変遷[編集]

夢の島の環境整備[編集]

JR新木場駅と夢の島公園(右)

埋め立て終了から11年後の1978年(昭和53年)、東京都立夢の島公園が開園した。その後は整備が進み「ゴミの島」という雰囲気を感じさせることはなくなっていった。

現在ではスポーツ施設が建設されるなど「緑の島」として生まれ変わっており、京葉線の開通などにより身近な観光スポットとして親しまれている。

整備された施設[編集]


参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 世帯と人口(毎月1日)”. 江東区 (2017年12月1日). 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ a b c 空から見た中央防波堤埋立処分場(航空写真)”. 東京都環境局. 2020年4月1日閲覧。
  5. ^ a b c 日本経済新聞社・日経BP社. “東京・夢の島、名前の由来は海水浴場 空港計画も|エンタメ!|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK13038_U3A111C1000000 2018年6月22日閲覧。 
  6. ^ 東京都港湾局 (1994). 東京港史 第一巻 各論. 東京都. pp. 304-305 
  7. ^ a b 昭和災害史事典、p.13
  8. ^ アサヒグラフ』1965年7月16日号
  9. ^ 「ハエの天国」と呼ばれた夢の島 東京二十三区清掃一部事務組合

関連項目[編集]

外部リンク[編集]