辰巳 (江東区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 江東区 > 辰巳
辰巳
—  町丁  —
辰巳駅 1番出入口(2016年6月)
辰巳の位置(東京23区内)
辰巳
辰巳
辰巳の位置
座標: 北緯35度38分45.43秒 東経139度48分37.26秒 / 北緯35.6459528度 東経139.8103500度 / 35.6459528; 139.8103500
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Koto, Tokyo.svg 江東区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 11,265人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 135-0053[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立
付近の航空写真。1989年撮影。辰巳団地や辰巳の森海浜公園などが写っている。写真下部を東西に走っているのが国道357号東京湾岸道路首都高速湾岸線、写真中央を南北に走るのが首都高速9号深川線及び三ツ目通り

辰巳(たつみ)は、東京都江東区の地名。現行行政地名は辰巳一丁目から辰巳三丁目。郵便番号は135-0053[2]

地理[編集]

江東区南部に位置し、深川地域に属する。東京湾埋立7号地に属する辰巳一丁目・辰巳二丁目と、同埋立12号地に属する辰巳三丁目からなる。

歴史[編集]

一・二丁目は1968年昭和43年)4月1日住居表示が実施された。三丁目は1976年(昭和51年)の成立で、2009年平成21年)11月1日住居表示が実施された。

地名の由来[編集]

皇居辰巳の方向(南東)にあるために名づけられた。江戸時代においては深川(現在の門前仲町近辺)を「辰巳」と呼称した(辰巳芸者など)。

沿革[編集]

  • 1926年大正15年)2月 - 隅田川改良工事による埋立許可が下りる。東京湾埋立7号地。
  • 1936年昭和11年)12月 - 辰巳橋竣工。東雲(東京湾埋立6号地)・豊洲(同埋立5号地)地区と接続。
  • 1968年(昭和43年)4月1日 - 辰巳一・二丁目に住居表示が実施される。
  • 1976年(昭和51年)- 辰巳三丁目が成立。
  • 1978年(昭和53年) - 東京港港湾計画による東京湾埋立12号地が竣工。
  • 2009年平成21年)11月1日 - 辰巳三丁目の住居表示を実施。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
辰巳一丁目 4,729世帯 9,330人
辰巳二丁目 880世帯 1,897人
辰巳三丁目 32世帯 38人
5,641世帯 11,265人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

丁目 番地 小学校 中学校
辰巳一丁目 1番34〜44号
5番6・12号
6番10号
7番28号
9〜12番
江東区立辰巳小学校 江東区立辰巳中学校
その他 江東区立第二辰巳小学校
辰巳二丁目 全域 江東区立辰巳小学校
辰巳三丁目 全域

交通[編集]

鉄道
路線バス

都営バスが運行されている。

道路
首都高速道路・出入口

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世帯と人口(毎月1日)”. 江東区 (2017年12月1日). 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ 区立小学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ 区立中学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]