全日本空手道連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全日本空手道連盟
Japan Karatedo Federation
全日本空手道連盟の日本空手道会館
全日本空手道連盟の日本空手道会館
団体種類 公益財団法人
設立 1964年1月13日
所在地 日本の旗 日本
東京都江東区辰巳1-1-20
日本空手道会館
法人番号 3010605002528
主要人物 笹川堯(会長)
活動地域 日本国内外
活動内容 空手道の統括、普及
ウェブサイト 全日本空手道連盟
テンプレートを表示

公益財団法人全日本空手道連盟(ぜんにほんからてどうれんめい、英語: Japan Karatedo Federation、略称:全空連もしくはJKF)は、空手道の統一と普及を目指して設立された公益財団法人[1]である。日本オリンピック委員会日本体育協会日本武道協議会世界空手道連盟に加盟している。

概要[編集]

1964年10月1日、「日本の空手道に統一的な秩序をもたらす」ことを目的として四大流派の日本空手協会松濤館流)、剛柔会剛柔流)、糸東会糸東流)、和道会和道流)、および錬武会(全日本空手道連盟(旧)・防具付空手)、連合会(諸派)の6つの協力団体を中心に結成された連盟で、1969年に財団法人化。協力団体や参加団体など伝統派空手の諸流派の加盟と協力で成り立つ組織である。現在では高体連、中体連、学連などを競技団体として傘下に発足させている。 いわゆるポイント制の寸止め空手を採用している団体であるが、会派・団体内では競技上のルールが異なる団体をも包括している。また、日本空手協会は寸止めではあるが全空連ルールとは大きな差異がある。

一方、極真カラテこと極真会館との間では、加入に当たり軋轢があったことはよく知られて、極真会館の流れをくむ、あるいは影響の濃いフルコンタクト空手の諸流派の大半は参加していない。

但し2015年4月、東京オリンピックでの空手道正式採用に向け、友好団体関係が締結された極真会館(松井章圭館長)については、全空連からの指導者派遣等の対応が検討されることとなった[2]。 また、一般社団法人極真会館(全日本極真連合会)加盟道場の中には、都道府県連盟への加盟を果たしている道場も見られる[3]。尚、全空連ホームページ日本語版上での友好団体は「国際空手道連盟極真会館」と1団体としての標記[4]だが、英語版ホームページでは「International Karate Organization Kyokushin-kaikan」「All Japan Kyokushin Union」の2団体扱いとなっている[5]

前身団体[編集]

1959年に(旧)全日本空手道連盟は流派を超えた空手の統一組織として結成された。遠山寛賢修道舘を総本部とし、会長に蔡長庚、副会長に小西康裕神道自然流)、金城裕韓武舘)、顧問に大塚博紀和道流)、山田辰雄(日本拳法空手道)、儀間真謹松濤館流)、理事に保勇少林寺流錬心舘)など、当時の空手界重鎮多数が就任。防具付き空手競技の全国空手道選手権大会を開催して、空手界大同団結の流れを作った。しかし、1964年、本項団体の成立により、旧団体は「全日本空手道連盟」の名称を譲り、日本空手道錬武会と名称変更(後に全日本空手道連盟錬武会に改称)をした上で、本項の団体に加盟し協力団体となった。

また和道流も以前は「全日本空手連盟」と称していたが、全空連結成時に和道会として加盟し、その後親全空連の全日本空手道連盟和道会と反全空連の和道流空手道連盟に分裂した。

沿革[編集]

日本武道館日本武道協議会)に加盟している。現在アジア競技大会東アジア競技大会IOC後援ワールドゲームズには公式競技として参加している。また、オリンピック参加をめざしており、日本オリンピック委員会(JOC)に加盟している。

公認段位[編集]

全空連が定める公認段位は初〜十段位まであり、八段位までは実技審査を必要とする。 また2014年度から五級〜一級の公認級位制度が導入され、公認初段の受審には公認一級の取得が義務付けられた。

  • 初〜三段位
各都道府県連盟と競技団体(実業団・学生連盟・高体連)・協力団体にて実施。
  • 四・五段位
各地区協議会と実業団連盟、高体連にて実施。
  • 六・七段位
全空連が直接行い、年1回東京か大阪で毎年11月に実施。
  • 八段位
全空連が直接行い、年1回東京で毎年3月に実施。

昇段審査[編集]

昇段審査は、「形」(形稽古参照)と「組手」で行われる。

  • 初〜五段位
指定形と得意形の2つを演武。組手は2回実施される。
  • 六段位
指定形と得意形の2つを演武。筆記試験を実施。
  • 七段位
得意形を2つ演武。筆記試験を実施。
  • 八段位
得意形を2つ演武。論文試験を実施。

指定形は以下のとおり。

セイエンチン・バッサイダイ・マツムラローハイ・ニーパイポ
サイファ・セーパイ・クルルンファ・セーサン
カンクウダイ・ジオン・カンクウショウ・エンピ
セイシャン・チントウ・ニーセーシ・クーシャンクー

試合のルール[編集]

試合は、形部門と組手部門[9]に分かれる。

組手試合

(2015年4月から世界空手道連盟(WKF)ルールに伴い改訂)ポイント制。8ポイント差をつけると勝ちとなり、試合時間以内に勝負が決まらなかった場合、試合終了時点で多くのポイントを取っている方の選手が勝ちとなる。同点の場合は判定にて決定される。反則行為の累積(忠告→警告→反則注意→反則)により勝負が決まることもある。

  • 有効(1ポイント)
    • 上段突き、打ち
    • 中段突き、打ち
  • 技あり(2ポイント)
    • 中段蹴り
  • 一本(3ポイント)
    • 上段蹴り
    • 投げられた、倒れた相手に対する有効打
  • 反則行為
    • カテゴリー1
      • 過度の接触
      • 腕、足、甲、そけい部、関節に対する攻撃
      • 平手、貫手による攻撃
      • 危険な投げ(回転軸が腰より上)
    • カテゴリー2
      • 負傷の誇張
      • 場外
      • 無防備
      • 不活動(約30秒間双方何もしない)※残り10秒では取られない
      • 逃避(残り10秒で勝っているときに相手から逃げる)※反則注意
      • つかみなど(両手で相手をつかむ、つかみが即座でない、クリンチ、レスリング、押す)※片手で蹴りをつかんで片手で相手をつかむのは例外的に有効
      • コントロールされてない技
      • 相手に話す、相手や審判に対する無礼
  • 審判
    • 主審(1人):試合進行、反則行為の判定を行う
    • 副審(4人):得点と場外の判定を行う

全空連を構成する諸団体[編集]

協力団体(会派団体)[編集]

一流派一団体のみ加入という原則がある。各流派が流派全体を統括する団体を作りJKFに加盟している。 尚、松濤館流の協力団体はこれまで日本空手協会となっていたが、天皇杯・皇后杯の下賜を巡り全空連と対立、2014年3月に除名処分となる。 2014年6月にJKF主導で組織された全日本空手道松涛館が新たに協力団体として承認され、翌7月にはJKFホームページに掲載された。 しかし、2014年10月24日に東京地方裁判所より日本空手協会が協力団体の地位にある仮処分が決定した。 その後2014年11月12日の理事会において協力関係解消を改めて決議するも、2016年3月16日、和解の上、訴訟取り消し後に改めて協力関係を結ぶ旨が全空連・空手協会双方から発表される。

松濤館流
剛柔流
和道流
糸東流
防具付き空手
諸派(その他流派全て)

友好団体[編集]

フルコンタクト空手

競技団体[編集]

JKF参加団体[編集]

空手アンバサダー[編集]

スペシャル・アンバサダー[編集]

アンバサダー[編集]

2020年東京オリンピックでの正式競技採用にむけ、空手の認知度向上を図るために、連盟は次のアンバサダー就任を発表。[16]

脚注[編集]

外部リンク[編集]