小西康裕 (空手家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こにし やすひろ
小西 康裕
Konishi.JPG
小西康裕
生誕 小西良助
1893年
香川県高松市
死没 1983年
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学
職業 空手家
柔術家剣術家
流派 神道自然流

小西 康裕(こにし やすひろ、1893年明治26年) - 1983年昭和58年))は、日本空手家、武道家。神道自然流開祖。全日本空手道連盟(旧)(現在の錬武会)初代副会長。

経歴[編集]

1893年(明治26年)、香川県高松市に生まれた。本名は良助。小学校時代、竹内流腰廻を竹内緑に、無相流柔術松井三蔵に、直心影流剣術を井上正広に学ぶ。中学校時代には、柔道岡野好太郎に、竹内流を竹内兵衛に、剣道上原宗九郎植田平太郎天真正伝神道流)らに学んだ。

1913年大正2年)、慶應義塾大学に入学し剣道部に入り、真貝忠篤窪田派田宮流)に学ぶ。また中山博道道場有信館に入門して神道無念流剣術を修行した。剣道部での集まりで、沖縄出身の部員が唐手(空手)の[[公相君 (型)|「公相君」の型]]を真似た踊りをするのを見て空手に興味を覚えたという。1922年(大正11年)7月、高橋数良より柔道五を允許、1924年(大正13年)1月(昭和2年とも[1])に良武館小西道場を開設し、剣道、柔道等の教授を始めた。同年、大日本武徳会から剣道精錬証を授与された。

1925年(大正14年)6月、船越義珍と出会った事により、ようやく唐手を学ぶ事ができた。しかし、その内容はのみであったため、同じく船越の弟子だった大塚博紀和道流空手道開祖)とともに、約束組手等を考案した。小西はその後、本部朝基摩文仁賢和からも唐手を学んだ。

その後、植芝盛平より合気道(当時は大東流)を、藤田西湖より南蛮殺到流拳法を学んだほか、揚心古流柔術柴真楊流柔術不遷流柔術柳生心眼流と多くの柔術流派を学んだ。それらの全てを集大成し、1933年昭和8年)に神道自然流空手術を開いた。

1959年(昭和34年)、全日本空手道連盟(旧)(現在の全日本空手道連盟錬武会)発足の際に、副会長に就任。

武術歴[編集]

小西が学んだ流派。

カッコ内は師の名前。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神道自然流良武会のサイトより[1]
  2. ^ 『入門新書 図解空手入門』p221 著者紹介に空手拳法及び竹内流小具足腰の廻りを竹内緑師範にと書かれているが、
    ここでの空手拳法は琉球の空手という意味ではなく、竹内流の拳法のことである。
  3. ^ 岡野好太郎は無相流新柔術の師範なので、柔道と云っても厳密には無相流系の乱捕である。
  4. ^ 永武館柔道は講道館柔道ではない。
  5. ^ 永井尚知は天神真楊流師範である。
  6. ^ 渡邊春斎は柴真揚流四代目の渡辺一春斎のことと思われる。
  7. ^ 『入門新書 図解空手入門』p221 及び『上達法シリーズ空手上達法』p213には柴真揚流柔術早業と書かれている。
    これが流派の名称なのか、柴真揚流柔術の中の早業(技のひとまとまり)を学んだという意味なのかは不明であるが、
    『月刊空手道 2002年1月号』では柴真揚流柔術の早わざと書かれており後者が正しいと思われる。
  8. ^ 小西は『切紙免状』まで修行した。

著作[編集]

  • 『図解空手入門』川津書店、1952
  • 『剣道とシナイ競技』川津書店、1952
  • 『剣道入門』川津書店、1954
  • 『空手上達法』川津書店、1956
  • 『やさしい空手のならい方』川津書店、昭和32(1957)
  • 『空手道入門』愛隆堂、1958
  • 『空手道入門』魚住書店、1965
  • 『図で見る空手教室』東栄堂、1967
  • 『空手道』高橋書店、1974

関連項目[編集]