植田平太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うえた へいたろう
植田 平太郎
生誕 1877年明治10年)
香川県香川郡池西村
死没 1949年昭和24年)
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 昭和天覧試合3回出場
流派 天真正伝神道流剣術
無双神伝英信流抜刀術
肩書き 大日本武徳会剣道範士居合術教士
子供 植田一

植田 平太郎(うえた へいたろう、1877年明治10年) - 1949年昭和24年))は、日本剣道家。流派天真正伝神道流剣術無双神伝英信流抜刀術称号大日本武徳会剣道範士居合術教士

昭和天覧試合3回出場。大日本武徳会香川支部、香川県警察部高松監獄署高松高等商業学校高松商業学校高松第一中学校の剣道師範を務めた。

生涯[編集]

青年期[編集]

香川県香川郡池西村(現高松市)生まれ。父与佐衛門は天真正伝神道流剣術に堪能で、農業のかたわら自宅に道場を開いていた。平太郎は14歳から与佐衛門に天真正伝神道流剣術を学び、30歳のとき皆伝を授かった。また、16歳から叔父の酒井親時に宅間当流柔術を学んだ。

1896年(明治29年)から四国一円を武者修行する。1905年(明治38年)1月、京都大日本武徳会本部講習生となり、同年5月に帰郷した。

試合記録[編集]

  • 1907年(明治40年)10月、高知県で開かれた剣道大会で27人を勝ち抜き優勝。全国に名前が広まったという。
  • 1936年(昭和11年)8月、若手の実力者中倉清が香川に来訪したので、中倉に一週間稽古を付けた。

居合[編集]

1919年(大正8年)、高知の細川義昌に入門して無双神伝英信流抜刀術(居合)を学ぶ。同門には中山博道がいた。1923年(大正12年)、細川から免許皆伝を授かった。

死後[編集]

1974年(昭和49年)2月23日、香川県知事金子正則が祭主となり、「植田平太郎之命」(ウエダヘイタロウノミコト)として香川県善通寺市讃岐宮に祀られた。香川県では現在も「植田平太郎範士杯」争奪剣道大会が開かれている。

三男の植田一全日本剣道選手権大会準優勝などの実績を残し、範士九段まで昇段した。

段位称号[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 武道範士教士錬士名鑑. 昭和12年』 - 国立国会図書館デジタルコレクション

参考文献[編集]

関連項目[編集]