松井章圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつい しょうけい
松井 章奎
生誕 (1963-01-15) 1963年1月15日(54歳)
日本の旗 日本 東京都文京区
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
別名 文 章圭(本名)
出身校 中央大学卒業
職業 空手家実業家
流派 極真会館
肩書き 館長・代表
松井章奎館長
文章圭
各種表記
ハングル 문장규
漢字 文章圭
発音: ムン・ジャンギュ
日本語読み: ぶん あきよし
ローマ字 Moon Jang Gyu
テンプレートを表示

文 章圭韓語:ムン・ジャンギュ[注釈 1][1]문 장규通名:松井 章圭(まつい しょうけい[注釈 2])、松井 章奎(読み同じ)に改名、1963年昭和38年)1月15日 - )は、日本空手家であり、実業家である。一般財団法人国際空手道連盟極真会館[注釈 3]の館長。極真空手八段。 東京都文京区生まれ、千葉県育ちの在日韓国人2世[2]京北高等学校を経て中央大学商学部卒業。

現役選手時代には、合わせ技上段廻し蹴り後ろ回し蹴りなどを得意技とし、「組手の達人」とも呼ばれた。

来歴[編集]

1976年(昭和51年)6月、大山倍達に憧れ、中学時代に流山市極真会館千葉北支部(手塚道場)に入門。加藤重夫に師事する。大学進学後、極真会館本部道場へ移籍、後に職員となる。

1986年(昭和61年)5月、百人組手を達成。

1987年(昭和62年)11月6日から8日にかけて開催された第4回オープントーナメント全世界空手道選手権大会の決勝でスイスアンディ・フグをくだし、外国人初の優勝を成し遂げた。しかし、極真会館松井派)は外国人初の王座を1999年(平成11年)の第7回オープントーナメント全世界空手道選手権大会で優勝したフランシスコ・フィリォとしている[3]

これは当時の松井が日本代表選手団の主将を務めていたことや、総裁である大山の出自をあえて触れないマスメディアの暗黙の了解もあり、松井についても在日韓国人として取り上られなかった。当時の心境を自著『一撃の拳』では「オープントーナメント全世界空手道選手権大会には韓国代表として出場したかったが、大山総裁は認めてくれなかった」と語っている。メディアに対しては「南や北という政治を持ち込みたくなかった。私の立場としては日本道場代表だ[4]」と述べている。

現役選手を引退後、許永中と許の紹介で画商の福本邦雄の下で、表と裏のビジネスを学ぶ[注釈 4]。その後空手界に復帰し、浅草に本部直轄浅草道場を開く。

1994年平成6年)4月26日に大山が肺癌で死去した。大山の“危急時遺言”によって、松井が後継者に指名された。しかし、大山の遺族は遺言に疑義を抱き、遺言状の有効性について訴えを起こし、東京地裁にて「遺言状は無効」との判決を得た。この騒動をきっかけに極真会館は分裂を始め、「極真カラテ」を標榜する団体が乱立する事態となった。また、松井は「国際空手道連盟極真会館」の名称を、財団法人を設置しその法人にするのではなく、文章圭本人名義で商標登録し、株式会社国際空手道連盟極真会館を設立した[5]。しかし、この商標登録は分裂した他の極真諸派と裁判で争われた結果、2009-2010年に大山家の商標登録になった。

2005年(平成17年)10月、恵比寿に“Ichigeki PLAZA”〈一撃プラザ〉を開く[6]。なお、2005年より、約10年間営業していた「一撃PLAZA」の営業を終了。2015年(平成27年)8月、新たに「フラックス コンディショニングス」を代官山にリニューアルオープンした[7]

2011年(平成23年)11月10日、日本経済新聞が「人材派遣大手の旧グッドウィル・グループ(GWG)による会社買収に絡み、空手団体の「国際空手道連盟極真会館」(東京)の松井章圭館長が東京国税局から買収の成功報酬の申告区分の誤りを指摘され、過少申告加算税を含め約30億円を追徴課税されていたことが、分かった」と報道した[8]

2015年(平成27年)4月16日、東京・江東区の日本空手道会館において、(公財)全日本空手道連盟と(一財)国際空手道連盟極真会館の間で、2020年東京オリンピックにおける空手道種目の正式採用に向けて覚書を取り交わし、友好団体関係が締結される[9]

同年9月25日、極真会館は、フルコンタクト空手6団体と友好関係を結び、全日本空手道連盟が進める空手の東京オリンピックでの公式競技化活動を支持することを表明した[10]

2016年(平成28年)1月15日、自らの誕生日にあたり、名前の一文字「圭」の字の上に大山総裁の「大」の文字をいただき「奎」とし、「松井章奎(まついしょうけい)」と改名した[11]

成績[編集]

全56試合の通算成績は50勝6敗

著書・関連書[編集]

極真会館(松井派)の主な師範・選手達[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 「ムン・チャンギュ」とする記載もある。
  2. ^ 「まつい あきよし」と読む場合もある。
  3. ^ 極真諸派の一つ。一部メディアからは「極真会館(松井派)」と呼ばれることもある。
  4. ^ 許永中氏との関係については週刊新潮 1999年12月9日号に告白がある
  5. ^ 大東流合気柔術の木村達雄十元師範は「合気道極意の秘密」の著者である吉丸慶雪に対して「佐川幸義先生は100kg以上ある世界チャンピオンの松井さんが本気で抵抗するのを、弛緩力で2メートルも飛ばした」と述べている。
脚注

外部リンク[編集]