常盤 (江東区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 江東区 > 常盤
常盤
—  町丁  —
江東区芭蕉記念館
常盤の位置(東京23区内)
常盤
常盤
常盤の位置
座標: 北緯35度41分3.9秒 東経139度47分46.5秒 / 北緯35.684417度 東経139.796250度 / 35.684417; 139.796250
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Koto, Tokyo.svg 江東区
地域 深川地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 1,991人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 135-0006[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

常盤(ときわ)は、東京都江東区の地名で、旧深川区にあたる深川地域内である。現行行政地名は常盤一丁目及び常盤二丁目。郵便番号は135-0006[2]

概要[編集]

住宅町工場が混在するエリアで、松尾芭蕉がこの地に庵を結んだことでも知られている。歴史ある深川の名を冠称し、深川常盤として長く親しまれている町である。

カレーパン発祥とされる店舗が存在したことから、深川常盤はカレーパン発祥の地とされている(現在店舗は、隣接した森下に移転している)。

地理[編集]

深川地域の北西に位置する。

河川

歴史[編集]

深川村の分郷松代町が四の橋南側に移った際に南松代町と名を変えた[4]。この南松代町が火災で焼失した際に、現在の常盤、高橋際と二の橋通りに替地が与えられた[4]。この際に付けられた新町名をつけるにあたり、南松代町の「」に取材し、松が常緑樹として縁起が良いことから「常盤町」と名付けられた[4]。後に「深川常盤町」から住居表示時に現町名「常盤」へ変更した。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
常盤一丁目 512世帯 845人
常盤二丁目 737世帯 1,146人
1,249世帯 1,991人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5][6]

丁目 番地 小学校 中学校
常盤一丁目 全域 江東区立八名川小学校 江東区立深川第二中学校
常盤二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

東辺を通る清澄通り地下に都営地下鉄大江戸線が通るが、駅は設置されていない。都営地下鉄新宿線・大江戸線森下駅及び東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線清澄白河駅が最寄り駅となる。

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

  • 江東区芭蕉記念館
  • 江東区芭蕉記念館分館

観光[編集]

名所史跡
  • 芭蕉庵史跡展望庭園 - 江東区芭蕉記念館分館内

行政[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世帯と人口(毎月1日)”. 江東区 (2017年12月1日). 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ a b c 江東区の地名由来 Archived 2013年7月19日, at the Wayback Machine. 江東区
  5. ^ 区立小学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。
  6. ^ 区立中学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]