森下駅 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森下駅
A5出入口(2009年1月17日)
A5出入口(2009年1月17日)
もりした - Morishita
東京都江東区森下一丁目13-10(新宿線)
東京都江東区森下二丁目17-17(大江戸線)
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
電報略号 森(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 各1面2線(計2面4線)
乗車人員
-統計年度-
(新宿線)34,607人/日
(大江戸線)31,933人/日
(合計)66,540人/日(降車客含まず)
-2014年-
乗降人員
-統計年度-
(新宿線)69,892人/日
(大江戸線)63,211人/日
(合計)133,103人/日
-2014年-
開業年月日 1978年昭和53年)12月21日
乗入路線 2 路線
所属路線 S 新宿線
駅番号 S 11
キロ程 9.5km(新宿起点)
S 10 浜町 (0.8km)
(0.8km) 菊川 S 12
所属路線 E 大江戸線
駅番号 E 13
キロ程 12.7km(都庁前起点)
E 12 両国 (1.0km)
(0.6km) 清澄白河 E 14
新宿線ホーム(2006年12月13日)
新宿線ホーム(2006年12月13日)
大江戸線ホーム(2015年2月5日)
大江戸線ホーム(2015年2月5日)

森下駅(もりしたえき)は、東京都江東区森下にある、東京都交通局都営地下鉄)の

新宿線大江戸線が乗り入れている。それぞれの駅番号は新宿線がS 11、大江戸線がE 13である。なお、所在地は新宿線が森下一丁目、大江戸線が森下二丁目となっている。

歴史[編集]

1997年に新宿線の急行運転が始まった当初は通過駅であり、大江戸線との乗換駅となったことを期に急行停車駅となった。

  • 1978年昭和53年)12月21日 - 都営新宿線の駅として開業。
  • 2000年平成12年)12月12日 - 都営大江戸線が開業し乗換駅となる。同日より新宿線急行の停車駅となる。また、これと同時にバリアフリー化された。
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 新宿線駅業務が馬喰駅務管理所馬喰駅務区から大門駅務管理所門前仲町駅務区に移管される。

駅構造[編集]

新宿線・大江戸線とも島式ホーム1面2線を有する地下駅である。新宿線ホームは新大橋通りの、大江戸線ホームは清澄通りの地下にある。

大江戸線ホームのエレベーター付近の真上を新宿線が直交しており、このエレベーターは改札口、新宿線ホーム(菊川方の端)、大江戸線ホームを結んでいる。

新宿線ホームの菊川寄りの方面案内サインは大江戸線と同じものが設置されている。

大門駅務管理所門前仲町駅務区が管轄し、東京都営交通協力会が受託する業務委託駅。以前は新宿線構内と新大橋方面改札は馬喰駅務管理所馬喰駅務区、大江戸線構内と清澄通り方面改札は大門駅務管理所門前仲町駅務区の管轄に分かれていた。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 S 都営新宿線 馬喰横山新宿京王線方面
2 大島本八幡方面
3 E 都営大江戸線 両国上野御徒町春日方面
4 門前仲町大門六本木方面

利用状況[編集]

2014年度における新宿線の1日平均乗降人員69,892人乗車人員34,607人、降車人員35,285人)であり、大江戸線の1日平均乗降人員は63,211人(乗車人員31,933人、降車人員31,278人)である[1]

上記の1日平均乗降人員を合算すると、133,103人(乗車人員 66,540人、降車人員 66,563人)である。

各年度の1日平均乗降人員数は下表のとおり。

年度別1日平均乗降人員[2]
年度 都営地下鉄
新宿線 大江戸線
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
2003年(平成15年) 54,307 2.2% 46,816 4.7%
2004年(平成16年) 54,719 0.8% 47,698 1.9%
2005年(平成17年) 56,016 2.4% 49,397 3.6%
2006年(平成18年) 58,820 5.0% 52,261 5.8%
2007年(平成19年) 62,289 5.9% 55,101 5.4%
2008年(平成20年) 64,399 3.4% 57,172 3.8%
2009年(平成21年) 64,486 0.1% 57,355 0.3%
2010年(平成22年) 65,125 1.0% 58,194 1.5%
2011年(平成23年) 64,735 -0.6% 57,998 -0.3%
2012年(平成24年) 66,622 2.9% 60,000 3.5%
2013年(平成25年) 68,570 2.9% 61,910 3.2%
2014年(平成26年) 69,892 1.9% 63,211 2.1%

各年度の1日平均乗車人員数は下表のとおり。

年度別1日平均乗車人員[3]
年度 新宿線 大江戸線
1990年(平成02年) 12,049 未開業
1991年(平成03年) 12,350
1992年(平成04年) 12,567
1993年(平成05年) 12,784
1994年(平成06年) 12,603
1995年(平成07年) 12,123
1996年(平成08年) 12,101
1997年(平成09年) 11,814
1998年(平成10年) 11,877
1999年(平成11年) 11,648
2000年(平成12年) 10,742 3,673
2001年(平成13年) 7,729 4,310
2002年(平成14年) 7,589 4,534
2003年(平成15年) 7,454 4,492
2004年(平成16年) 7,485 4,685
2005年(平成17年) 7,696 5,066
2006年(平成18年) 28,518 27,230
2007年(平成19年) 30,459 28,317
2008年(平成20年) 31,683 29,192
2009年(平成21年) 31,702 29,280
2010年(平成22年) 32,107 29,619
2011年(平成23年) 31,999 29,357
2012年(平成24年) 32,945 30,362
2013年(平成25年) 33,899 31,334
2014年(平成26年) 34,607 31,933

駅周辺[編集]

新大橋通り清澄通りの交差点付近に両線の駅がある。周囲は森下千歳高橋新大橋となる。両国に近く、相撲部屋が多数存在する。なお、駅周辺施設は各町名記事を参照のこと。

出入口はA1 - A7の7か所設置されている。

バス[編集]

最寄り停留所は、清澄通りおよび大橋通りにある森下駅前となる。以下の路線が乗り入れ、東京都交通局により運行されている。

森下駅前(東京都交通局)

隣の駅[編集]

PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
S 都営新宿線
急行
馬喰横山駅 (S 09) - 森下駅 (S 11) - 大島駅 (S 15)
各駅停車
浜町駅 (S 10) - 森下駅 (S 11) - 菊川駅 (S 12)
E 都営大江戸線
両国駅 (E 12) - 森下駅 (E 13) - 清澄白河駅 (E 14)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]