赤羽橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤羽橋駅
赤羽橋口(2006年11月2日)
赤羽橋口(2006年11月2日)
あかばねばし
Akabanebashi
E 20 大門 (1.3km)
(0.8km) 麻布十番 E 22
所在地 東京都港区東麻布一丁目28-13
駅番号 E 21
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 E 大江戸線
キロ程 21.3km(都庁前起点)
電報略号 赤(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
38,424人/日
-2016年-
開業年月日 2000年平成12年)12月12日
テンプレートを表示
ホーム(2006年9月10日)

赤羽橋駅(あかばねばしえき)は、東京都港区東麻布一丁目にある、東京都交通局都営地下鉄大江戸線である。駅番号E 212000年平成12年)12月12日、都営地下鉄大江戸線(国立競技場 - 清澄白河 - 都庁前間)全線開業により開業した。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の地下駅である。改札は地下1階、ホームは地下2階にある。

ホームの側壁に多数の四角いガラスを埋め込んでいる。このガラスは、イタリアのベトロアレド社が製作した物である。

また、緊急時などのために麻布十番側に渡り線を設けており、折り返しが可能な構造になっている。なお、現時点で当駅折り返しの列車は設定されていない。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 E 都営大江戸線 大門門前仲町両国方面
2 六本木新宿都庁前方面

駅改札内設備[編集]

  • 改札口は地下1階、ホームは地下2階にある(事実上は地下3・4階に相当する)。
  • 待合室はない。
  • トイレは地下1階にあり、「だれでもトイレ」を併設している。
  • エレベーターエスカレーターは地下1階 - 地下2階を結ぶ。

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗降人員38,424人(乗車人員:19,405人、降車人員:19,019人)である[1]。開業当初の乗車人員の見込みは、3,000人であった。

開業以来の1日平均乗降・乗車人員は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
出典
2000年(平成12年) 15,444 7,588 [* 1]
2001年(平成13年) 21,402 10,551 [* 2]
2002年(平成14年) 24,983 12,302 [* 3]
2003年(平成15年) 26,637 12,918 [* 4]
2004年(平成16年) 27,168 13,321 [* 5]
2005年(平成17年) 29,754 14,814 [* 6]
2006年(平成18年) 31,899 16,101 [* 7]
2007年(平成19年) 35,069 17,801 [* 8]
2008年(平成20年) 36,418 18,533 [* 9]
2009年(平成21年) 35,766 18,180 [* 10]
2010年(平成22年) 34,383 17,479 [* 11]
2011年(平成23年) 33,379 16,890 [* 12]
2012年(平成24年) 34,232 17,229 [* 13]
2013年(平成25年) 35,293 17,726 [* 14]
2014年(平成26年) 36,187 18,167 [* 15]
2015年(平成27年) 37,449 18,900 [* 16]
2016年(平成28年) 38,424 19,405

駅周辺[編集]

赤羽橋口[編集]

駅名にもなっている「赤羽橋」(古川に架かる桜田通り国道1号)上の橋)がある。出入口の上に首都高速都心環状線 (C1) が通っており、同線の芝公園出入口も近い。

駅設備[編集]

  • 上りエスカレーター(中地下階で乗り換えが必要)がある。

周辺施設[編集]

中之橋口[編集]

駅設備[編集]

  • エレベーターおよび上りエスカレーター(中地階で乗り換えが必要)がある。

周辺施設[編集]

バス[編集]

道路上の「赤羽橋駅前」バス停から発着する。

この他、中之橋口の北側に「麻布いーすと通り」停留所がある。

  • ちぃばす(フジエクスプレス)
    • 麻布東ルート:港区役所経由 六本木けやき坂循環

隣の駅[編集]

PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
E 都営大江戸線
大門駅 (E 20) - 赤羽橋駅 (E 21) - 麻布十番駅 (E 22)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]